アルゴミュージカルを応援


アルゴミュージカルというのは簡潔に述べますと、
作詞家、作曲家、歌手、役者と、たくさんの肩書をお持ちである小椋佳さんが、
子供が演じて大人たちを感動させるミュージカルを作ろう・・・というところから始まった、
子供が主体のミュージカルです。1987年から現在まで続いています。


アルゴ・ミュージカルキッズは、1987年より毎年一作ずつ、
夢あふれる新作オリジナル・ミュージカルを生みつづけています。
主役は、厳しいオーディションを勝ち抜いた素晴らしい才能を持つ子供たち。

夏休みが来るたび、全国のファミリーが、
エネルギッシュで感動的なアルゴの舞台を待っています。

家族みんなで楽しめるミュージカルを創りつづけるアルゴは、
日本のオリジナル・ミュージカルの前途洋々たる未来を予感させます。

(アルゴ・ミュージカルビデオ裏表紙より抜粋)

ALUGOをひっくり返して読むと、OGULAになりますね♪

なんと言っても、これに出ている子役さんのレベルが高い!
演技も歌もダンスも。
そしてなにより、子役さんのパワーに圧倒されちゃうんですよね〜!

もちろん、大人の役者さんも素敵ですけど、子供の頃にしか出ないパワーを、
このアルゴでは見ることができるんです。
他にも子役さん主体のミュージカルはありますけど、私的にはアルゴが一番好きです!

今まで出演した役者さんでは、
NHK連続テレビ小説で主役を演じた佐藤夕美子さん、

NHK教育テレビ『どっちがどっち』で主役を演じた飯田美心ちゃん。

『雅』で活躍している長谷川桃ちゃん、太田彩乃さん。

声優としても活躍している名塚佳織さん、樋口智恵子さん、斎藤彩夏ちゃん。

女優として活躍している安藤聖さん、久積絵夢さん、倉沢桃子さん、小山菜穂さん、
米澤モモさん、坪井美奈子さん、桜井美紀さん。

公演時期  感想 キャスト表
1987年 アルゴミュージカル 『アルゴはじめての冒険』(未見) 不明
1988年 アルゴミュージカル 『光の橋をこえて』(未見) 不明
1989年 アルゴミュージカル 『黄金の島』(未見) 不明
1990年 アルゴミュージカル 『パパ・アイ・ラブ・ユー!』 (ビデオを見ての感想) 見る
1991年 アルゴミュージカル 『魔法使いの夏休み』 (ビデオを見ての感想) 見る
1992年 アルゴミュージカル 『アイスクリーム応援団』 (ビデオを見ての感想) 見る
1993年 アルゴミュージカル 『真夏のシンデレラ館で』 (ビデオを見ての感想) 見る
1994年7月  アルゴミュージカル  『子猿物語』 見る
1995年7月 アルゴミュージカル  『Sing fou You Sing fou Me』 見る
1996年7月 アルゴミュージカル 『招待状は101才』〜宝さがしのラリルレロ〜 見る
1997年7月 アルゴミュージカル 『ロボ!笑ったね』 見る
1998年7月 アルゴミュージカル 『フラワー』 見る
1999年7月 アルゴミュージカル 『フラワー メズーラの秘密』 見る
2000年7月 エルダ・アルゴ・ミュージカル 『あんず』 〜心の扉をあけて〜 見る
2001年7月 エルダ・アルゴ ミュージカル 『スタート!』(戸田公演) 見る
2001年7月 エルダ・アルゴ ミュージカル 『スタート!』(東京公演を終えて) 見る
2002年2月 エルダ・アルゴミュージカル『スタート!』(東京公演) 見る
2002年7月 アルゴミュージカル『誰もがリーダー誰もがスター』 見る
2003年7月 アルゴミュージカル 「山に抱かれて 新・子猿物語」 見る
2004年7月 ミュージカルキッズ・アルゴ ユー・ガット・ア・フレンド 見る
2005年7月 ミュージカルキッズ☆アルゴ「かぐやの浦島モモタロウ」[青山円形] 見る
2006年8月 ミュージカルキッズ・アルゴ「新かぐやの浦島モモタロウ」 見る

エルダ・アルゴミュージカルのエルダについては→こちらへ

以上が私のアルゴミュージカル観劇感想です。
舞台として正式に観劇したのは子猿物語になります。
『初見の人は、どれを見たらいいのか?』
という問い合わせが多いですが、自信をもっておすすめできるのは、
『真夏のシンデレラ館で』でしょう!
他にも優れた作品があるのでたくさんあげたいのですが、
ひとつだけと言ったら、この作品になると思います。
詳しい内容は、観劇感想のページを御覧ください。
とにかく、すばらしいの一言!
出演者、演出、脚本、音楽、振付、全てが素晴らしい。

神レベル!!

子供だけでなく、大人も楽しめます。間違いありません。
ビデオが発売されているので、ご購入されていはいかがでしょうか?こちら
現在売り切れ中です。

アルゴミュージカルは、ご家族みんなが楽しめるファミリーミュージカルです。
ぜひとも一度は観劇してほしいです。
トップページヘ