◆アルゴ・ミュージカル 『真夏のシンデレラ館で』

満足度5点満点+α 殿堂入り
◆公演時期   1993年7月〜9月 15都市 35回公演
◆会場 日本青年館大ホール・他
◆企画・原案・音楽 小椋佳
◆脚本・演出 犬石隆
◆脚本・作詩 森田等
◆音楽監督 玉麻尚一
◆音楽 金子貢
◆歌唱指導 長田明子
◆舞踊監督 森田守恒
◆振付 関根玲子・小川こういち
◆美術 斉木信太朗
◆照明 原田保
◆衣装 原まさみ
◆音響 百々喜久・小坂登起

あらすじ

真夏という中学3年生の少女が、
シンデレラ館という全寮制の学園に転入してきた。
彼女は超問題児。どこの施設でも手に終えず、
渡り渡ってたどり着いたのが、この『シンデレラ館』だった。
当然のことながら、この学園でも彼女は問題を起こし続ける・・・
しかし、彼女の心は常に孤独であった。
このシンデレラ館には、12時で止まったままの古時計がある。
その古時計が今、静かに動きだした。
その瞬間、真夏の体は49年前のシンデレラ館へと導かれるのである・・・・・


観劇感想

この舞台は、生で見ていません。
教育テレビで放映していたものを初めて見て、
アルゴ・ミュージカルの魅力に取りつかれました。
僕の個人的な意見ですが、
アルゴの中でも『真夏…』はトップクラスの出来ばえだと思います。
いや、ナンバーワンでしょう。

どれかひとつ、
どうしてもアルゴミュージカルを知ってもらうために観てもらうとしたら、
まずこれ。
とりあえず、何はともあれこれ。
もし観てない人がいましたら、何がなんでもこれは観てほしい。
是が非でも!!

5点満点の満足度、5点満点+αです。

殿堂入りです。

私が+αをつけているのはこれだけ。

絶対に観なきゃいけないレベルです。


まず、主役の佐藤夕美子がスゴイ!

微妙な表情の変化、はかない歌声、ダンスシーン、
どれをとっても最高です。
特にミュージカル・ナンバーのひとつ、『14歳・あこがれて…』は秀逸!
ハッキリ言って惚れました(;^_^ A

佐藤夕美子の好きなシーンはたくさんありますが、あえてひとつを選ぶとすると、
涼とのかけあいで
『お前誰だよ〜』
『真夏だよぉ』
『じゃあ、自分に聞けよ〜』
『自分に聞くよぉ』
ここが最高!完璧にハマリました・・・

NHKの、朝の連続テレビ小説の主役になるのは当然かも。
それだけすごかったです!

他のメンバーもすごい!
純役の坪井美奈子の少年役、
またしても個人的に好きなウラゴエ役の伊東育己
カベ役の小嶋亜美
涼役の小山菜穂と花子役の近藤久美絵の両ベテランコンビ
(二人とも、数年前からアルゴに出ているため)

さらにさらにダブルキャストの米澤モモ、池田早矢加、加藤裕月、渡辺麻衣や
今井ちひろ、岸田有子、樋口智恵子、井上碧、安藤聖、斎藤由香里も良かったぁ〜

テーマが戦争物なので、今までのアルゴに比べて、かなり大人向けです。
子供さんには、よくわからないところがあるかもしれないですね。
僕はとても楽しめましたけど(^^ゞ

このミュージカルを見なければ、今の僕はないと言っても過言ではありません。
小椋佳先生(企画・原案、音楽)、犬石隆先生(演出・脚本)、
他のスタッフのみなさま、本当にありがとうございます。

人ひとりの人生を変えるほどの、魅力あるミュージカルでした。
 
また、真夏に会いたいな〜
トップ     観劇一覧     キャスト     女優