アルゴ・ミュージカル 『Sing fou You Sing fou Me』

◆公演時期   1995年7月〜8月 14都市 28回公演
◆会場 五反田ゆうぽうと・他
◆企画・原案・音楽 小椋佳
◆演出 岡田敬二・滝澤辰也
◆脚本 平野恵子
◆音楽監督 甲斐正人
◆歌唱指導 長田明子
◆作詞 中村一徳
◆振付 川原あけ未・松岡優子
◆美術 斎木信太朗
◆照明 勝柴次朗
◆衣装 任田幾英
◆音響 百々喜久

あらすじ

なにかにつけて、無気力の少年、高村大祐(ダイスケ)。
面白いことと言えばゲームくらい。
なにかとてつもない冒険をしたい・・・

大祐のクラスメイト、西条美香。
お金持ちのお嬢様で、一見、何不自由ない生活に思える。
でも、美香の心はいつも寂しかった。
父も母も仕事で、ほとんどうちには帰らない・・・

そんな二人の前に、トランクを持った少女が現れます。
少女の持っているトランク。
それは不思議な世界への入り口でした。

観劇感想

全体的な感想として、今までのアルゴより子ども向けかな?という気がしました。
それもそのはず、今回は初心に戻るということで、
アルゴ初回の演出家さんが、手がけたためのようです。

内容的には、無気力な少年と世間知らずのお嬢様が、
見ず知らずの世界に巻き込まれて、
幾多の困難を乗り越え、人間的に成長していく・・・という形です。

初めのオープニングは、いかにも!という子供向けの出だし。
子供の心をつかむのには最適な演出ですね。

『誰もがアルゴ』の歌とともに、
役名と性格を観客に伝えるというやり方は僕は嫌いじゃないです。
しかし、意外にダンスシーンはあまりきれいじゃなかったかも(^^ゞ
レベルの違う子がいたりして、バランスは悪かったと思います。
特に一番最初の場面なので、印象に残りやすいんですよね。

現実世界をやや地味に設定して、不思議な世界を派手にしていました。
『不思議の森』の場面では、不思議の世界の住人たちが現れて、
歌い踊ります。ここの演出はとても綺麗ですね。

ハテニャのシーンは・・・かなり子ども向けでしたね(;^_^ A
やはり、観ているこちらは正直恥ずかしい気持ちです・・・
お子さんたちは楽しめたかな?

子供たちに教訓をたれるという場面もあります。
『七つの掟』という、ナンバーです。
ちょっと説教じみているところが、たまにキズですけど(笑)
まぁ、子供たちはあまり深く考えていないでしょう。
たぶん、親御さんに向けてのメッセージだと思います。

起承転結の『転』の部分として、ドゥ−ドゥ−という男の子が死にそうになります。
内気な少年を変化させるための『お約束』的な場面ではあります。

ただ、生き返らせる方法がアルゴ的。
森の精霊に対する感謝の気持ちをみんなで歌うのです。
歌うことが苦手な少年が、その子を救うために必死になって歌いあげる・・・
なかなか良いと思います。
見えないものに感謝する気持ち、それが大きく表現される場面ですね。

気になった役者さんは・・・

主役の高村大祐役の、手塚宏樹君は、
ひょうひょうとした演技が得意の男の子ですね。

ただ、前も(アイスクリーム応援団)もこんな感じたったので、
なんとなく似た印象を持ってしまいました。
演技がうまいのか、ヘタなのか、微妙なところです。
歌は、やっばり苦手なのかな?

西条美香役の久積絵夢さん、樋口智恵子さん、

これは二人とも抜群でしたね。
南青山少女歌劇団で活躍されていた絵夢さんは、
歌も演技も、そしてダンスもすばらしかったです。

特に歌い方はすぱらしいですね。聞き惚れます・・・
演技は、なんか地のような気がしないでもない(本人の性格は知りませんけど)
表情の付け方はうまいです。

樋口智恵子さんは、絵夢さんに比べると、歌は負けてしまいます。

声量は、やはり絵夢さんの方が上。
でも、演技はしっかりしていましたよ。
そして発音も。

彼女の育ちも、本当にお嬢様なんですよね。
そのへん、なんかダブらせて観たのは僕だけでしょうか(笑)
『七つの海のティコ』という舞台でも主役をやっていて、
その時はまだ荒削りでしたけど、
今回観て、すごく落ち着いたな〜というのが印象的でした。
まぁ、当たり前と言えば、当たり前なんですけど・・・

ドゥドゥー役の赤羽瀬里菜ちゃんと、加賀千尋ちゃん。

これは甲乙つけがたい!
二人ともに、力強い少年の演技をこなしていました。
この年代だと、観客の子供たちも、本当に男の子だと思って観てるでしょうね。

タム役の倉沢桃子ちゃんと鈴木綾ちゃん。

これも甲乙つけがたいですけど、演技、歌ともに、やや綾ちゃんの方が上かな?
ただ、綾ちゃんの演技は、本当に演技演技しているので(←意味わかるかな?)
ちょっとクセがありますね。鼻につく人がいるかもしれません。
これは好きずきですけどね。
桃子ちゃんはバランス良くまとまっている感じでした。

ヤオチチ役の檜山恵理子さんと河合篤子さん。

こちらも二人ともいいですね〜
個人的に河合篤子さんの雰囲気が好きなので、河合さんの勝ちです(笑)
冗談はともかく、ふたりとも男性の演技は本当にしっかりしていました。
力強く、怪物と戦うシーンも迫力も満点です。

太田彩乃ちゃん、高梨あゆみちゃんは、二人とも本当にダンスが上手です!

丸太の上を歩いたり、ローラーブレードで走ったり、
この二人のこは集団の中にいても本当に目立ちますね。

ハテニャ役の米澤モモちゃんは、う〜ん、なかなかやるって感じです!

あんなにテンションが高くて弾けた役は初めてかもしれませんね。
個人的には佐藤夕美子ちゃん、伊東育己ちゃんあたりにもやってほしい役です。
歌がうまいし、かつ、そのなかで、きちんとセリフを喋ることができる・・・
『ハテニャの歌』は秀逸でしょう(笑)
モモちゃんは、本当に笑顔が素敵ですね。

安藤聖ちゃん、大貫杏里ちゃん、伊東育己ちゃん、澤田祥子ちゃんと、

注目する女の子がでていますが、今回はやや端役でした。
もちろん端役でもガンバっていましたけど、
やはり僕的には活躍しているところがみたいですよね・・・・

蛇足ながら、この時、笹本玲奈ちゃんがが出演しています。

写真を見ると、かなりふっくらしてますね。
この後、『ピーターパン』で主役をやるとは・・・・・
さすがの僕も予想だにしませんでした。

この時の印象は、ハッキリ言ってゼロです。
アンサンブルのひとりとして、
ちょっと小さくてふっくらした子がいるな・・・ぐらいでした。

やはり、この時のメンバーは、ちょっと子役さんの数が多いですね。
そのためにダンスや歌のレベルにばらつきがあったのかも・・・
今にしてそう思います。
トップ     観劇一覧     キャスト     女優