本文へスキップ

エターナルファンタジーはファミリーミュージカル公演サイトです。

第18回エターナルファンタジー演劇大賞 2019年


MVP
神田沙也加「SHOW BOY」支配人役
ズルイと言われても、今回だけは勘弁してください。
それだけ本当に素晴らしかった。
歌もダンスも演技も、そして観客の目を引き寄せる華。
あの存在感は本当に凄かった。
神田沙也加をずっと観ていたいという感情が抑えきれないほど。
神田沙也加クラスでさえ、連続テレビドラマの主演になれないこの業界の不思議さ。
舞台が多いせいもあるが、NHK連ドラでも大河でも主役級で活躍してほしいと切に思う。
作品賞
「SHOW BOY」
文句なく楽しかった。
同じ時間帯、各場所で起きる出来事をオムニバス形式で提供し、
最終的にそれがひとつの時間軸になる。
キャストも素晴らしいし、アンサンブルにも出演シーンがたくさん。
ひじょうにバランスがいい。
歌もダンスもマジックも楽しめ、アクション、ラブロマンス、サスペンス、コメディも。
ザ・エンターテイメントで何回も観たくなる作品。
特別作品賞
ミュージカル「レ・ミゼラブル」
作品賞の「SHOW BOY」と逆にしようとも考えたのですが、
エンターテイメントとしての楽しさは「SHOW BOY」かな?
ただ、満足度としては間違いなく「レ・ミゼラブル」
圧倒的迫力は言わずもがな。
吉原光夫ジャン・バルジャンは本当に凄かった。
そのまんまだな~と素直に昇華してしまうぐらい。
他にもファンテーヌの知念里奈、テナルディエのKENTAROと印象深い役者ばかり。
たしかに一生に一度は観るべき作品ではある。
だからこそ「ミュージカルアニー」のように、
たくさんの観客が「あの役とあのキャストは」と観劇後の感想戦が凄いわけだ。
最優秀主演男優賞
吉原光夫 ミュージカル「レ・ミゼラブル」 ジャン・バルジャン役
他にも有望な若い役者さんがたくさんいるのですが、
申し訳ない、今回は吉原光夫氏で。
ジャン・バルジャンそのものとしか観えない。
あの重厚な演技、そして歌声。
少なくとも私は圧倒されました。
舞台役者なので当たり前ですが、FUN HOMEの父親の雰囲気とは全く違います。

他の候補は見当たらず。
最優秀主演女優賞
岡菜々子「ミュージカルアニー」アニー役
正直、観る前は山崎玲奈の方を注目していました。
玄人好みの演技役者じゃないかな~?と。
その予想通り面白いアニーを演じてくれたのだけれど、
それ以上に岡菜々子のアニーに惹かれました。
歌唱力も抜群。私が観ている回は全くぶれませんでした。
歌だけでなく、表情付け、視線の配り方、演技力もある。
非常にバランスがよく、
子役ミュージカル王道「アニー」として十二分に実力を発揮してくれました。

他候補は、
山崎玲奈「ミュージカルアニー」アニー役
林愛夏「パンピスの森」ベルーカ役
田中怜子「明日もう君に会えない」なつ役
岩田華怜「二子玉川ノ恋」陽奈多役
吉池鈴舞「フラッパーズ~私たちにできること~」森井真咲役
橋本わかな「フラッパーズ~私たちにできること~」日野千歳役
あわつまい「白きレジスタンス~真実の刃~」岸本・ルチア・来夢役
佐藤まりあ「ミュージカル つまづいても」水野由紀役
最優秀助演男優賞 
KENTARO「レ・ミゼラブル」テナルディエ役
歌、ダンスも素晴らしいけれど、うさんくさい表情がまたいい。テナルディエのずる賢い雰囲気そのもの。
どちらかと言うと小悪党。
憎めない、コメディっぽい雰囲気もあるけれど、やっぱり納得できない、悪は悪のままみたいな。
うま~く人生を謳歌していく。なんとはなしに処世術をもっているんだな~
とても楽しませてもらいました。

他候補は、
伊礼彼方「レ・ミゼラブル」ジャベール役
藤本隆宏「ミュージカルアニー」オリバー・ウォーバックス役
林勇輔「パンピスの森」インフェル男爵役
福田悠太「SHOW BOY」 裏方役
辰巳雄大 「SHOW BOY」見習い役
越岡裕貴 「SHOW BOY」ギャンブラー役
松崎祐介 「SHOW BOY」マフィア役
秋山大河「SHOW BOY」主演ダンサー役
最優秀助演女優賞
大野愛美「フラッパーズ~私たちにできること~」花村みくに役
多くの名だたる人を差し押さえ、私の独断と偏見で彼女を推奨。
予想以上のインパクト。
2018年にも観ていたが、そこまでの印象は無く、今回はとても印象に残りました。
喋り方がかわいいし、雰囲気、セリフのイントネーション、瞳の動きも面白い。
きょとんとした表情ですっとんきょう。
どれもこれも目を引く。そして楽しい。
おそらく成長するとまた違う雰囲気になるとは思いますが、
今この瞬間、この時点での大野愛美のみくに役を観ることができてとても幸せでした。

他候補は、
知念里奈「レ・ミゼラブル」ファンテーヌ役
蒼乃夕妃「ミュージカルアニー」グレース・ファレル役
笠井日向 「SHOW BOY」 少女役
碓井菜央「パンピスの森」グリッサーノ役
井上沙香「フラッパーズ~私たちにできること~」山谷希未役
吉池鈴舞「フラッパーズ~私たちにできること~」森井真咲役
橋本わかな「フラッパーズ~私たちにできること~」日野千歳役
垂石瑚子「フラッパーズ~私たちにできること~」森井真咲役
中村裕香里「白きレジスタンス~真実の刃~」福山・ジャンヌ・幸恵
緒方ありさ「白きレジスタンス~真実の刃~」松永・ブリジッタ・佳世
七海とろろ「白きレジスタンス~真実の刃~」瀬戸・ベロニカ・いちか役
木村若菜「白きレジスタンス~真実の刃~」小阪・アナスタシア・涼子(シスター)役
聖橋 特別賞
知念里奈「レ・ミゼラブル」ファンテーヌ役
碓井菜央「パンピスの森」グリッサーノ役
橋本わかな「フラッパーズ~私たちにできること~」日野千歳役
福田悠太(ふぉ~ゆ~)「SHOW BOY」 裏方役
辰巳雄大 (ふぉ~ゆ~)「SHOW BOY」見習い役
越岡裕貴 (ふぉ~ゆ~)「SHOW BOY」ギャンブラー役
松崎祐介 (ふぉ~ゆ~)「SHOW BOY」マフィア役
木村若菜「白きレジスタンス~真実の刃~」小阪・アナスタシア・涼子(シスター)役
今吉めぐみ「白きレジスタンス~真実の刃~」泉・ローザ・莉奈役
緒方ありさ「白きレジスタンス~真実の刃~」松永・ブリジッタ・佳世役
七海とろろ「白きレジスタンス~真実の刃~」瀬戸・ベロニカ・いちか役
柴田茉莉「白きレジスタンス~真実の刃~」羽田・カタリナ・芽衣役
田中怜子「明日もう君に会えない」なつ役
林勇輔「パンピスの森」インフェル男爵役
佐藤まりあ「ミュージカル つまづいても」水野由紀役
知念里奈
レ・ミゼのファンテーヌ役は文句無し。演技も歌も素晴らしい。

碓井菜央
グリッサーノというキャラにひじょうに合っていた。ワチャワチャ感、ハチャメャ感がいい。面白かった。

橋本わかな
数年の月日を経ての復活でしたが、あいかわらずのルックス、その華を持ちながら変顔もできる柔軟性。演技もセリフ回しも成長したのがよくわかる。

福田悠太、辰巳雄大、越岡裕貴、松崎祐介
ふぉ~ゆ~の4人、本当に素晴らしかった。ジャニーズだから・・・という偏見を私からぬぐい去った。というか、4人それぞれの個性が舞台でも弾け飛んでいた。
福田悠太の皮肉な裏方、辰巳雄大のヌボォ~としたマジシャン見習い、越岡裕貴のキザでドジなギャンブラー、松崎祐介の中国語全開のマフィア、どれも個性的で魅力的な役柄だった。
私的には辰巳雄大の独特な雰囲気のマジシャン、松崎祐介のマフィアが好きかな~?ボケキャラは愛されキャラだから観ているこちらはホッコリする。

木村若菜
まさかの展開に衝撃。今まで穏やかだったものがあそこまで変化するとは、私も予想だにしませんでした。彼女の本領発揮で、とても楽しめました。

今吉めぐみ
久々の登場、しかもまた演出がカッコイイんだ。今までは落ち着いた役を観ていたこともあるが、こういうクールで颯爽と登場するコンドルのジョー(ちょっと古いか)的な役柄も似合っている。

緒方ありさ
アサルトリリィシリーズから彼女を観ているが、ここまで個性的で重きを置いた重要なキャラクターになるとは思わなんだ。キャラクターのインパクトとしては一番だと思う。それをこなしてきた緒方ありさの演技の集大成。

七海とろろ
戦闘シーン、シュベスターの契りなど、美味しい場面が多く、いちかの心情がいつも以上に溢れ出ていたと思う。私はとても印象深い。

柴田茉莉
「白きレジスタンス~真実の刃~」では、じつのところ柴田茉莉の印象は大きかった。なんとも憎めない雰囲気が非常にいい。弟子的な妹的な部分も魅力的。表情付けも楽しい。

田中怜子
舞台に張った水。独特な世界観。なつの揺れ動く心を表現。何とも言えない不思議な空間に運んでくれた。とりたてて極端な個性の無い普通の子の演技は難しい。

林勇輔
インフェル男爵役に関しては特に言うことはない。ほぼ彼が主役。観客を鷲掴み。引き寄せる雰囲気、力って重要だな~と改めて思う。

佐藤まりあ
あいかわらず由紀役への追い込む演技は鬼気せまる。さらにカーテンコール後のミュージカルナンバーの歌唱は秀逸。たくさんの人に聞いてほしい。
殊勲賞
中村裕香里「白きレジスタンス~真実の刃~」福山・ジャンヌ・幸恵役
ルドビコ、アサルトリリィシリーズの中心人物を荷なってきた彼女。
今回の舞台でも大黒柱として支えてくれました。いるといないとでは舞台の重みが違う。舞台の「華」という点においては、神田沙也加にも匹敵すると思う。舞台上では力強い雰囲気をもつ女優。
歌唱賞
清水彩花 ソングサイクル「sign」
歌が上手い人はたくさんいすぎて、いろんなタイプの歌い手さんがいるのだけれど、今回は清水彩花で。ミュージカルナンバーも楽しい!
ダンス賞
秋山大河「SHOW BOY」主演ダンサー役
そこまでダンスダンスをした舞台を観ていないので、ダンサーの彼に。
癒し賞 
大野愛美「フラッパーズ~私たちにできること~」花村みくに役
最優秀助演女優賞も取ったので、こちらの賞は他の人選も考えたのですが、ど~しても対抗が思い浮かべず。あえて言うなら対抗は林愛夏だが、若さで大野愛美。彼女のあのほわ~んとした癒し、なかなか真似できるようものでない。さらにセリフ回しも面白い。癒されました。
セクシー賞
夏目愛海「白きレジスタンス~真実の刃~」鳴海・クララ・優子役
そこまで多い出番ではなかったが、不思議と色気がある女の子だと思う。お色気ムンムン(死語)というわけではないが、ツインテールと表情の雰囲気も加味されて、とても魅力的に思えました。演技やセリフ回しもかわいい。
フォトジェニック賞
白河優菜「白きレジスタンス~真実の刃~」立花・テレジア・渚役
アサルトリリィシリーズ前の「フカンショウジョ」時代から観ていますが、安定したルックスを保っている。そして安定したほわ~んとしたマイペースな演技。極端な感情表現をもつ役ではないし演技でもないけれど、彼女独特の個性がそこにある。
飛躍賞
笠井日向 「SHOW BOY」 少女役
井上沙香「フラッパーズ~私たちにできること~」山谷希未役
吉池鈴舞「フラッパーズ~私たちにできること~」森井真咲役
垂石瑚子「フラッパーズ~私たちにできること~」森井真咲役
あわつまい「白きレジスタンス~真実の刃~」岸本・ルチア・来夢役
笠井日向は「FUN HOME」で小学生のアリソン役を演じていたが、さらなる成長をとげた。小生意気で皮肉屋でトラブルメーカー。オムニバス作品の2話目だがほぼ出ずっぱり。セリフ回しや演技力だけでなく、歌唱力、ダンスもじつに秀でている。今後、大人になるにつれてどうなるかだ。

井上沙香、吉池鈴舞、垂石瑚子は、過去のフラッパーズ、ラブリーズからの成長が非常に大きい。長年観ているとその成長度がよくわかる。
あわつまいも「白きレジスタンス~約束の行方~」に比べて大きく成長したのがよくわかる。演技や台詞回し、本当に成長した。
優秀女優賞
唯月ふうか「レ・ミゼラブル」エポニーヌ役
熊谷彩春「レ・ミゼラブル」コゼット役
朴璐美「レ・ミゼラブル」マダム・テナルディエ役
山崎玲奈「ミュージカルアニー」アニー役
早見優「ミュージカルアニー」ハニガン役
蒼乃夕妃「ミュージカルアニー」グレース・ファレル役
服部杏奈「ミュージカルアニー」リリー役
林愛夏「パンピスの森」ベルーカ役
碓井菜央「パンピスの森」グリッサーノ役
木村花代「パンピスの森」ロロン役
原田薫「パンピスの森」ピッピ役
田中文乃「明日もう君に会えない」さき役
西野凪沙「明日もう君に会えない」あかり役
朝倉ふゆな「明日もう君に会えない」わか役
加藤夏子「明日もう君に会えない」かえで役
でく田ともみ「明日もう君に会えない」ゆい役
斎藤千晃「明日もう君に会えない」横道役
石川久絵 「明日もう君に会えない」看護師役
原田樹里「明日もう君に会えない」女医役
黒江あかり「フラッパーズ~私たちにできること~」日野千歳役
工藤安奈「フラッパーズ~私たちにできること~」山谷希未役
岩田華怜「二子玉川ノ恋」陽奈多役
宮地真緒「二子玉川ノ恋」女性上司役
田名部生来「二子玉川ノ恋」綾瀬の妻役
宇田千夏「二子玉川ノ恋」スタッフ役
河内美里「二子玉川ノ恋」別れさせ屋役
黒川胡桃「テクニカルハイスクールウォーズ」鈴木或斗役
西本りみ「白きレジスタンス~真実の刃~」一乃宮・ミカエラ・日葵役
広沢麻衣「白きレジスタンス~真実の刃~」宝城・モニカ・朝妃役
藤堂光結「白きレジスタンス~真実の刃~」佐野・マチルダ・こころ役
長橋有沙「白きレジスタンス~真実の刃~」長谷川・ガブリエラ・つぐみ役
手島沙樹「白きレジスタンス~真実の刃~」高取・ナタリー・永遠役
はぎのりな「白きレジスタンス~真実の刃~」李・クリスティーナ・思思役
小菅怜衣「白きレジスタンス~真実の刃~」佐伯・ジュリア・花蓮役
梅原サエリ「白きレジスタンス~真実の刃~」黒木・フランシスカ・百合亜役
仲野りおん「白きレジスタンス~真実の刃~」花丘・アンジェラ・萌役
沖あすか「白きレジスタンス~真実の刃~」永瀬・マルタ・のの花役
小野瀬みらい「白きレジスタンス~真実の刃~」野坂・ジャクリーヌ・風音役
嘉陽愛子「白きレジスタンス~真実の刃~」取手・スザンヌ・麗香(シスター) 役
酒井栞「白きレジスタンス~真実の刃~」真壁・メラニア・小夜子(シスター)役
小林風花 ソングサイクル「sign」ミュージカル「レ・ミゼラブル」あばずれ役
小此木まり ソングサイクル「sign」
山城屋理紗「ピースフルタウンへようこそ」志賀内彩華役
白井美貴「ピースフルタウンへようこそ」金満美里緒役
良田麻美「ピースフルタウンへようこそ」伊勢美麗役
南波有沙「ピースフルタウンへようこそ」志賀内陽久美役
新村沢美「ミュージカル つまづいても」水野亜紀子役
鈴木沙菜絵「ミュージカル つまづいても」大学生/店員/セロトニン役
向谷地愛「ミュージカル つまづいても」女子大学生/看護師/保健師役
女優賞
佐野舞香「パンピスの森」風・コロス役
寄川未結「パンピスの森」風・コロス役
小池佑奈「ミュージカルアニー」ジュライ役
優秀男優賞
伊礼彼方「レ・ミゼラブル」ジャベール役
内藤大希「レ・ミゼラブル」マリウス役
相葉裕樹「レ・ミゼラブル」アンジョルラス役
藤本隆宏「ミュージカルアニー」オリバー・ウォーバックス役
青柳塁斗「ミュージカルアニー」ルースター役
神田恭兵「パンピスの森」バークレン役
安倍康律「パンピスの森」ダルドン役
用松亮「パンピスの森」ポカポレウス役
本間憲一 「SHOW BOY」通訳役
高瀬雄史 「SHOW BOY」刑事/他
東間一貴 「SHOW BOY」刑事/他
笹森裕貴「二子玉川ノ恋」綾瀬役
大崎捺希「二子玉川ノ恋」別人格の綾瀬役
田口智也「二子玉川ノ恋」陽奈多の夫役
村井成仁 ソングサイクル「sign」
加賀谷真聡 ソングサイクル「sign」
荒田至法 ソングサイクル「sign」
三宅裕司「ピースフルタウンへようこそ」超富裕層
小倉久寛「ピースフルタウンへようこそ」志賀内吹京
おおたけこういち「ピースフルタウンへようこそ」志賀内紐次役
長倉正明ミュージカル「つまづいても」大川光役
浅川仁志「ミュージカル つまづいても」準教授/精神科医役
鈴木大介「ミュージカル つまづいても」店長/面接官/ノルアドレナリン役
男優賞
蒼一朗「テクニカルハイスクールウォーズ」刃金陽雪役
持田陽音「テクニカルハイスクールウォーズ」半田小鉄役
涼誠「テクニカルハイスクールウォーズ」東芝丹次役
太田巡「テクニカルハイスクールウォーズ」刃金研磨役
最優秀新人賞 
菊地優美「フラッパーズ~私たちにできること~」花村みくに役
初舞台でここまでできるのは本当に素晴らしい。
かわいい顔で平然と皮肉を言うところは、そのまんまではな?なんて思ってしまうほど。
表情付けもじつに楽しい。
今後も期待大。
優秀新人賞
古矢茉那「ミュージカルアニー」ペパー役
三浦あかり「ミュージカルアニー」モリー役
山口紗來「ミュージカルアニー」ダフィ役
早瀬日那「テクニカルハイスクールウォーズ」松田瑠子留役
星川莉帆「テクニカルハイスクールウォーズ」小松断夫役
中嶋杏果「テクニカルハイスクールウォーズ」旭華星役
小川あみ「テクニカルハイスクールウォーズ」小室聖子役
市川みらい「テクニカルハイスクールウォーズ」三和有海役
新人賞
塩原くらら「ミュージカルアニー」ケイト役
舟久保美咲希「ミュージカルアニー」テシー役
梁世姫「ミュージカルアニー」ジュライ役
古矢茉那「ミュージカルアニー」ペパー役
石井瑠菜「ミュージカルアニー」モリー役
斎藤藍「ミュージカルアニー」ケイト役
成石亜里紗「ミュージカルアニー」テシー役
洞桃香「ミュージカルアニー」ペパー役
吉田葵「ミュージカルアニー」ダフィ役
竹村衣織 「フラッパーズ~私たちにできること~」 山本遥香役
綾川える「フラッパーズ~私たちにできること~」山本遥香役
山田ソラ「テクニカルハイスクールウォーズ」松下美恵良役
寺島千瑛「テクニカルハイスクールウォーズ」久保田利太役
森山紗光「テクニカルハイスクールウォーズ」山葉真凛役
藤井煌璃「テクニカルハイスクールウォーズ」川崎希望役
高山桂吾「テクニカルハイスクールウォーズ」住友風童役
小川まゆ「テクニカルハイスクールウォーズ」天堂忍役
佐々木佳音「テクニカルハイスクールウォーズ」瀬賀小南役
森田晴子「テクニカルハイスクールウォーズ」神戸成幸役
斎藤衣千花「テクニカルハイスクールウォーズ」米黒柔役
過去の経歴は関係なく、私が初めて見た人です。(一部違うこともあります)
※プロ選抜枠を外し、子役から大人まで同列に統一。
※敬称略
第2回(2003年)
第3回(2004年)
第4回(2005年)
第5回(2006年)
第6回(2007年)
第7回(2008年)
第8回(2009年)
第9回(2010年)
第10回(2011年)
第11回(2012年)
第12回(2013年)
第13回(2014年)
第14回(2015年)
第15回(2016年)
第16回(2017年)
第17回(2018年)