エルダ・アルゴ・ミュージカル 『スタート!』 (東京公演)

◆公演時期   2001年7月〜9月
◆会場 アートスフィア・世田谷パブリックシアター・他
◆企画・監修 小椋佳
◆演出 小川美也子・宮崎渥巳
◆振付 宮崎渥巳
◆脚本・作詞 高橋亜子
◆音楽監督 甲斐正人
◆歌唱指導 長田明子
◆美術 斎木信太朗
◆照明 高見和義
◆衣装 木鋪ミヤコ
◆音響 清水吉郎
◆舞台監督 岡林真央

あらすじ

歌手になるために、レッスンを続ける少年少女たち。
オーディションによって、三人の少女たちが選ばれました。
それを尻目に、落ちてしまってガックリする五人の少女がいます。
『デビューできない・・・』そう思っていた彼女たちですが、
思わぬところから、五人のユニットによるデビュー話が持ち上がります。
歓喜をあげる少女たち。
しかし、それは彼女たちの試練の始まりとなり、
異世界への扉が開かれる『きっかけ』となるのでした・・・

観劇感想

東京アートスフィア公演が終わったので、さらに詳しく書きたいと思います。

気になった役者さんは・・・・・

主役、あすか役の本田有花ちゃん。

あの髪形は、やはりいただけません。有花ちゃんのイメージが壊れちゃいそう。
まぁ、今までのイメージを払拭するため!と言われればその通りなんですけど…
あまり好評ではありませんよね。

珍しく、歌詞を忘れたところもありました!
初めて観た人は、間奏かな〜と思える場所なので、
それほど致命的なミスではありません。

演技も出来るし、歌もバランスがとれていていいと思います。
ただ、まわりの役者さんが個性的すぎて、
意外に有花ちゃんを見る機会少ないです・・・・・

可南子役の土田あいちゃん。

演技の幅は本当にひろい!
穏やかな表情から、『V6ですよね〜』というセリフとか、
すごく自然な演技でとてもいいです!
観客の女の子からも、あいちゃんのダンスすごいって言ってました。、

映子役の渡部瑞貴ちゃん。

演技も面白いし、ダンスも本当に良いです!
彼女のダンスも、会場の子から、『すごくうまい〜』って良く聞かれます。

初代役の飯田美心ちゃん。

予想通り、美心ちゃんは一番人気のようです(笑)
ただ、五人の中では一番普通の役なので、やや印象はうすいです。
でも可愛らしいルックスなので、誰も見逃しません(;^_^ A
ダンスと表情がいいですよね〜

奈津美役の篠原美紀ちゃん。

あとから聞いた話ですが、彼女のお姉さんは篠原麻里さんといって、
天才テレビくんにも出ていたらしい有名な方らしいです。
どうりで毎回来ていると思いました!

小さな舞台は出ていたものの、実質、普通の舞台はこれが初めてだそうです。
にもかかわらず、すごい存在感、マジうまいです!

ダンスは、やはり他の四人に比べると、ちょっと遅れるところがあります。
美心ちゃんが咳き込んだ時とか、舞台上で背中をさすってあげたりして、
とても優しい子だなぁ〜と思いました。

ロッシー役の小林一徳くん。

戸田の時よりは、どんどん成長していて、
歌の部分も良くなってきていますね。
最初は歌が聞き取りづらかったんですけど、かなり良くなってきました。

マボ役の塚田唯依ちゃん

この子も、戸田では歌もセリフもいまいちでしたけど、良くなってきました。
それとも戸田は音響が悪かったのか?

とにかくも、私の仲間の間では、
マボちゃんに良くも悪くもハマッテいる人が多いです(笑)

ダンスもなかなか上手ですね。
首を左右にふるダンスが多いのがたまに傷かな?
でも、それだけノッテ踊っているということだから、
特に問題ではありません。

個人的に、ピンクの衣装はちょっと怖いです(;^_^ A

セリフも良くなってきました。
『とってもきれい〜』
というセリフは、言い方がとても絶妙で好きです。
マボ語、あとで誰か教えてください(笑)

宮田玲子、ミミ役の船越真美子ちゃん。

途中舞台から、消えることがありました。
お腹の調子がよくなかったみたいです。
アンコールで出てきたので、ホッとしました。

増田加代、あやの役の川田志織ちゃん。
『ここでは、ど〜んな夢でもかなっちゃうの』というセリフは
バカッぽくて好き(^-^)

ユキミ役の赤松由貴ちゃん。

ダンスは、ちょっとイマイチ!
他の子がうまいだけに、ちょっと目立ってしまうかも!
それと、昼の部と夜の部では、ちょっと表情が変わります。

おそらく疲れているせいだとは思うのだけれど、
ダンスシーンで目がうつろだったり、
視線が下にいったままだったりしていました。
セリフを喋る時の演技とかは良いんですけどね〜
ちょっと良い時と悪い時が、極端かも!
頑張ってほしいです!

かずき役の内藤大希君。

ちょっと喉の使いすぎかな。声がかすれることが多くなりました。
なんとか地方公演頑張ってほしいです!

佐々木万里子、ミク役の吉永まりやちゃん。

戸田ではあまり注目していなかったのですが、
ダッシュの一員として、かなり活躍していました。
ダンスは上手ですね。なかなか見応えがあります。
セリフも意外に多く、可愛らしいセリフの表現でした。

総括

舞台を重ねていくうちに、いろいろとアドリブが出てきたり、
セリフを変えたりしてきました。
すっごく重要というわけではないけど、なかなか良い仕上がりになっています。
凱旋する世田谷がとても楽しみです。
トップ     観劇一覧     キャスト     女優