アルゴ・ミュージカル 『山に抱かれて 新・子猿物語』(東京公演)

◆公演時期   2003年7月24日〜27日 7回公演
◆会場 東京 アートスフィア
◆作・音楽 小椋佳
◆演出 児玉明子
◆振付 宮崎渥巳
◆音楽監督 川辺真
◆歌唱指導 長田明子
◆京劇指導 魯大鳴
◆美術 新宮有紀
◆音響 清水吉郎
◆照明 笠原俊幸
◆衣装 河底美由紀

あらすじ

自然の山で暮らしている猿たち・・・・・
平和で幸せいっぱい。
季節は冬。生まれつき体が弱かった赤ちゃん猿が死んでしまう。
「このままじゃだめだ!」そう考えた何匹かの猿たちが、
人間社会にあるという『動物園』というパラダイスに 夢を求め、
山を降りる決心をします。
その動物園で待ち受けていたものは・・・
(チラシより一部抜粋)


観劇感想

ひとつ言えるのは、昔の「子猿物語」と比べるのは酷だと思います。
あの頃と今とでは、おかれている状況が違いますから。
それに、前の「子猿物語」は3時間近くありました。
再演はバランスが難しいです。

題名通り「新・子猿物語」と見るのが正しいでしょう。
先入観を持たないで観ることが大切だと思います。

舞台セットのことは・・・言わずもがなです。
でも、パンフレットは頑張ってほしかったです。
無料で配布しているので文句なんて言えないのですが、
1000円払ってもいいから、
もう少しページが欲しかったというのが正直な感想です。

動物園の場面。動物園の猿と山から降りてきた猿を分けるために、
ゼッケンを使用しますが、やはり、ちょっと違和感ありました。
「な、なんなの?!」って感じ。
衣装を変える・・・・・・とは単純にいかないんでしょうねぇ。

猿の耳・・・う〜ん、これはどうでしょう?
普通の猿も、あんな耳してないですし。
賛否両論、間違いなくあるでしょうね。
私はあまり好きではありません。

今回はローラーシューズが活躍しました。
靴の底にローラーがついているものです。
イメージ的に少し弱いので、
もうすこし長めに、それを印象づけてもいいと思います。
これだけなら、
うちのおすすめ女優でも大活躍する人が2人いますが(爆)

仕方の無いことですが、
異種格闘技が無くなったのは、すごく残念でした。

カーテンコール後の二度目の『山に抱かれて』
ここのダンスシーンですが、正直イマイチだと思います。
振付が、ぜんぜん曲にあってないです。
これは素人の私でもわかるくらい、変な感じがします。
ここは直したほうがいいような気がするのですが・・・・・

一番大事なシーン。ゴマが死んでしまう場面。
奈月ちゃん、真美子ちゃんともに泣いていました。
感情移入したのでしょう。
ただ、もう少し余韻があっていいと思います。
すぐにセリフが始まるのは気になります。
みんな泣いて、少ししてから、そのことについて話し出す。
そのほうが感情移入しやすいような・・・

ゴマの直接的な死因はわからずじまいでした。
でも、これはこれでいいのかな?
曖昧な感じで死んでしまうのは、
誰が直接的にやったというのではなく、
みんなが間接的にやってしまった・・・・
ということを言いたいのだと思います。
今の時代背景にも、重なり合うところがあるかもしれません。

今回、新曲として『クーコールの歌』がありますが、いいですね〜!
けっこう好きです!
最初は奈月ちゃん。二番目は美心ちゃん。
3番目は・・・意外とトリビアの泉。
史佳ちゃんと、本田しおりちゃんです。

アドリブもあるんですね!ちょっとビックリしました!
ガリの名前を皮肉るところを、ゴマにしていました。
リーダーがあったり、モグ、ミミもありました。

驚いたことのひとつに京劇指導・・・
どこか京劇っぽいところあったかな〜?と、
自分自信考えるのですが、特に見当たりません。
なんだろう?

後で気になった役者さんのことを話しますが、
その前に、ウメ役の大方斐紗子さん!
このウメ役がひじょう〜に良かったです!
彼女の登場で、舞台が引き締まった感じ。
意外に重要なキャラでした!

気になったことのひとつに、合唱団があります。
本当に些細なことです。
合唱団のメンバー、だいたい同じ色の同じTシャツで、
見栄えがいいのですが、髪飾りが気になります。
親御さんが、自分の娘を目立たせようとするために、
カラフルかつ、大きな髪飾りをつけたのでしょう。
気持ちは、痛いほどよくわかります。
ふと、なぜだか、現代の世相の一部を垣間見た気がしました。

最後にすごく気になったこと・・・
1回見ただけではわかりにくいですが、
2回目を観ると発見できます。
詳細は避けますが・・・・・頑張ってほしいです。

気になった役者さんは・・・

主役、リーダー役の小高奈月ちゃん。
演技、ダンス、歌唱力ともにトップクラスの出来。
リーダー役、十二分にこなしていました。
低い声の男性らしさも、うまく表現できていたと思います。
『奈月ちゃんなら、これぐらいはやってくれる・・・』
本人にしてみればプレッシャーになるべき言葉を、
淡々とこなしてしまう・・・すごいんですよ、彼女は。
私的には、歌が良かったです。

ミミ役の船越真美子ちゃん。
演技力、格段にあがっていますね!
ど〜しても、顔が可愛い・・・だけのイメージがついてしまいますが、
今回のミミ役は、とても自然な感じでした。
前回ミミ役の安藤聖ちゃんに匹敵する・・・とは言い過ぎかな?
でも、私的にはとても良い印象を受けました。

ダンスシーン。少し弱いかな?
足の打点の位置も、低いような気がします。
昔はもっと上がっていたような・・・気がします。
と思ったら、高く上がっている日もありました!
体の調子がいい悪いがあるみたいですね。
真美子ちゃんにとって、バロメーターかな?

ボケ役の吉田佑くん。
役柄的には地味な役ですが、意外に目立ちます!
演技もこなれているし、ダンス力は抜群!
さすが、アイビー!
もう少し良い役をやらせてあげてもいいな〜と思いました。
表情付けが時々不安定になることもあるけれど、
素材としては、じつに素晴らしいものがあります。
今後に大期待!

モグ役の堀広希くん。
大役、頑張りました!
演技はまずまずだと思うけど、ダンスシーン、なかなかやりますね。
さすが、アイビー!
特にターンはしっかりしています。首のブレもありません。

ガリ役の飯田美心ちゃん。
やはりメガネでした(笑)
独特なキャラでしたが、さすが演技力には定評のある美心ちゃん。
無難にこなしていました。
出番的には、メインキャラのはずなのに地味です・・・
忘れられる可能性もあります(涙)

今回メガネ役ということで、
美少女というキャラを封印したように思えます。
テレビの活躍が理由にあがるでしょうか?
私個人的な考えでは、
観客の思考に対するアンチテーゼという考えを元に、
あえて美少女キャラを消したように思えます・・・・・
まっ、じつは全然関係ないのかもしれませんけどね(笑)

サンタ役の高瀬友規奈ちゃん。
じつにいいですね〜!
思ったとおりの男子役!すばらしいです。カッコイイです!
喋り方が自然だし、声量があって、なおかつ聞き取りやすい!
正直、もっと出番増やして欲しかった!
友規奈ちゃん、加賀谷くん、しおりちゃんの3人のダンスシーン、
ここは見応えありました。

ゴマ役の西川大貴くん。
ど〜しても、前回ゴマ役の俵和也くんと比べてしまいますが……
これは、やもえませんよね・・・・・
ある意味、俵和也くんが悪い(笑)
あんなにすごいゴマを演じてしまうと、
後に演じる人が困るんですよ(爆)

でも大貴くん、私的には頑張ったと思うな〜

顔の表情付け、やや発音の悪さは気になるものの、
演技はマズマズ頑張っていたと思います。
気になるのはソロの場面。
歌う時、あまり感情表現しないんですよね。
かなり淡々とした感じ。前回が前回なだけに違和感あります。
ただ、舞台では『歌う場面で感情的にならないように!』
という指示を受けていることもあるので、
わざと抑えているのかもしれません。

しかしながら公演を重ねるたびに、良くなってます!
スーパーアッパーカット等のアドリブもうまくいってるし、
歌う時の表情や声質も格段に良くなってきました。
演技も、かなりなれてきています!

ちょっと面白かったのは、
高瀬友規奈ちゃんのゼッケンの紐がとれてしまって、
大貴くんが直していました。けっこう細かい!

カズ役の加賀谷一肇くん。
彼の「ライオンキング」ヤングシンバ役を見られなかったことを、
後悔しています・・・
ということで、舞台の演技をしているカズくんを見るのは、
『kiddy2001』以来です。

やっぱり、カッコイイですよね!彼は!
すごく華がある感じ。
ダンス力は言うまでもなく抜群です。
切れのあるダンスシーンは、本当に楽しめます。
史佳ちゃんとのダンスシーンもありました。
カズ君ファン、史佳ちゃんファンともに、やきもきしたことでしょう(笑)

私的には、表情付けが前よりも良くなっていました。
ここは素直に嬉しい。

友規奈ちゃんと一緒のシーンが多いのですが、
低音の声質もあり、ちょっと覇気がない印象を受けました。
友規奈ちゃんがハキハキしている分、よけいに目立つ感じ。
低音なら低音で、
すこし強めに言っていいんじゃないかな〜と思いました。

で、一番の問題は、タップシーンがない(涙)
タップっぽいところがあるのですが、あくまで『〜っぽい』です。
ここは悲しい。
カズくんの得意中の得意のシーン。見せ場じゃないですか!
これが無いのはかなりショック・・・・・

バリバリ/ゴリ役の本田しおりちゃん。
彼女の演技もこなれている感じで、無難に男役をこなしていました。
ダンスシーンも美しいです。
ただ、気になったのは眉毛の表現。
不思議と、眉毛を動かしてない感じがします。

ゴリは、正直いうともう少し怖くてもいいかな〜と思います。
もちろん、昔のゴリと違うのはわかっているのですが、
ちょっと中途半端に感じました。

マメ役の塚田唯依ちゃん。
今回、地味な役だ〜残念。
彼女のすました表情を見ていると・・・不思議と癒されます。
そして、なぜだか笑えます(爆)

ポリス役の岡田茜ちゃん。
ダンスシーンは年長者らしく(笑)しっかりしています。
表情の変化も、見ていて楽しいですね。
ゴリは、強くあってほしいけど、
ポリスは茜ちゃんがやった性格でいいと思います。
ちょっとおどけた感じでも、違和感ないです。

ノロ役の清水彩花ちゃん。
オットリとした役ですが、十分に演技をこなしていました。
上手いと思います。普段もあんな感じでは?と思ってしまうほど。
もちろん、違うんですけど(爆)
彼女の得意分野は歌唱力。
ソロがありました!
彼女の真価を十二分に発揮できます!
う〜ん、素晴らしい歌声でした!
ただ、もっと歌ってもいい感じ。
ちょっと出番が少ない印象を受けました。

スー役の加藤瑞貴ちゃん。
今回、一番のヒットは彼女ではないでしょうか?
キャラ的には地味ですが、ひじょうに目立ちます。
可愛らしいルックスで、表情もコロコロ変わります。
歌唱力もあるし、ダンスも無難にこなしていました。
これからの有望株でしょうね。
どうやら、平林靖子ちゃんとおなじくSETジュニア出身なんですね!

ツブ役の本多有希ちゃん。
印象的に、歌唱力がかなりあります。
清水彩花ちゃんを脅かすかな?(笑)
演技もなかなかいいです。
すごく慣れているって感じ。

ワカ役の平林靖子ちゃん。
SETジュニア出身です。
さすがに演技力ありますね〜!
今回のワカ役。前回のワカとは性格が違いますが、
彼女独特のワカを演じていて、すごく好感が持てました。
彼女も自分なりのワカを考えたのでしょうね。
ソロもありますが、なかなかいい感じです。
低音なので、印象としてはイマイチかもしれませんが・・・
(奈月ちゃんの高音が強いためかも・・・)

千秋楽 昼は、なんか凄く気合が入っていたような気がします。
いつも以上の気迫を感じました。

そして我等がハッスル役の柴原史佳ちゃん。
メインキャラだといいな〜と思ってましたが、
残念ながら違いました(涙)

去年と比べると、やせた印象を受けました。
悪い痩せ方ではないですよ。
頬がスッキリした感じです。

私の印象からすると、表情がとてもいいです!
明るいし、本当に和みます。
「スタート」の時に比べたら雲泥の差です。
コロコロと変わる表情もいいな〜!
ダンスシーンも、カズくんと一緒に頑張ってました!

千秋楽 昼はちょっとセットに当たってしまったけど、
大丈夫だったかな?

全然関係ないですが、史佳ちゃんの三つ編み、可愛いです!(爆)

総括

ほぼ全員と言っていいくらい、今回キャストの実力は高かったです。
ただ、印象的に残っているキャラは少ないです。
リーダー、ゴマ、ミミ、頑張ってワカぐらいでしょうか?
各々の個性はハッキリしているのですが、
キャラの印象度は低いです。


トップ     観劇一覧     キャスト     女優