アルゴミュージカル「ロボ!笑ったね」

◆公演時期   1997年7月〜8月 15都市 39回公演
◆会場 アートスフィア・他
◆企画・音楽 小椋佳
◆演出 滝澤辰也
◆演出・振付 宮崎渥巳
◆脚本 森治美
◆音楽監督 甲斐正人
◆歌唱指導 長田明子
◆美術 斎木信太朗
◆照明 勝柴次朗
◆衣装 原まさみ
◆音響 清水吉郎

あらすじ

私の名前は久美、中学2年生。
今は21世紀。
人間の命令に忠実に従うロボットたちが活躍している時代。
仲良しのマモルも、
天才ロボット学者のパパがプレゼントしてくれたお手伝いロボ。
私と手のひらを合わせることで、
エネルギーをたくわえるという、ちょっと変わったタイプ。
『いつか一緒に泣いたり笑ったり、歌ったりできないかな・・・』
(パンフレットより一部抜粋)

観劇感想

この時から、舞台会場をアートスフィアに変えています。
舞台と観客との距離が近くなり、嬉しい反面、
観客動員数にいろいろ問題があるかな・・・
と、ビジネス関係のことも頭によぎります。

ロボという言葉を聞いて、だいたいのあらすじは読めました。
観劇した後も、やっぱりね〜って感じで、
舞台自体の印象はあまり残らなかったです。

なにより、演じる子供に表情を隠すロボは、まずいでしょう。
大人になってそういう役を演じるのならともかく、
表情を隠す衣装は気に入りません。
他にも、やりようはたくさんあったはずですから。

客層はファミリー層が圧倒的に多いんだし、重いテーマがあるわけでもなし、
無意味な表情を隠す衣装は、本当、これっきりにしてほしいです。

歌的にも、あまり好きではなかったですね。
『好き、嫌い』のナンバーぐらいしか印象に残っていません。

なんか、心のどこかで、
『子供だましだなぁ〜』という気持ちが強く残ってるんですよね。
ある意味アルゴはいつもそうなんだけど、
今まではそれが鼻につくことがほとんどありませんでした。
何かしら、目に引きつけるもので、それを払拭していたんだと思います。

ただ今回は、見るべきところは無いでしょ?
淡々と物語が始まって、淡々と終わる。
もちろん起承転結のような手順をふんでますけど、
私の印象では軽かったです。

気になった役者さんは・・・

主役、望月久美役の渡辺麻衣さん。

アルゴ等で何度も活躍していて、ついに主役!
歌はいいですね〜!
子猿物語のオド役でも、すばらしい歌声でしたが、
今回は主役ということもあり、どんな感じになるのか気になっていました。

特に問題なく良かったですね。
演技も良かったですけど、私的には寺澤知子さんの方が雰囲気出てました。
印象的に寺澤さんの方が強かったです。

もうひとりの望月久美役の寺澤知子さん。

本当は渡辺麻衣さんを注目していたんですけど、
彼女以上に寺澤さんの演技力に目を奪われました。
歌唱力はたしかに渡辺さんの方が上だけど、
演技力と久美役の理解度に関しては、寺澤さんの方が上だったと思います。

とりたてて、すっごい美人!というわけではないけど、
舞台の上の彼女は本当に光っていて、華がありました。
彼女の演技に関しては、何度見ても見飽きないです。

アイコ、晴香役の高梨あゆみちゃん。

う〜ん、ロボット役でたしかに目立つんだけど、
表情が観客に見えないというのは正直嫌ですね。

そういう手法もあるんだろうけど、子供ミュージカルでは不要だと思います。
もっと簡略的にロボットをやってもいいと思うけど・・・
ダンスは流石でした!
これがないと、あゆみちゃんじゃないです!

他にも、加賀千尋ちゃん、安藤聖ちゃん、土田あいちゃん、本田有花ちゃん、
歌原奈緒子ちゃん、桂亜沙美ちゃん(当時は、その存在に気付かなかった)
笹本玲奈ちゃん(彼女のこともほとんど記憶に残ってない・・・)
田中花梨ちゃん(体が柔らかいってことはわかるけど・・・)
など、多数出演しています。

総括

私的に、あまり好きではないので、当時の記憶は薄いですね。
機会があったら、もう一度ビデオを見てみようと思います。
かなり時間が経っているので、印象が変わる・・・・・かもしれません。

トップ     観劇一覧     キャスト     女優