アルゴ・ミュージカル『フラワー メズーラの秘密』

◆公演時期   1999年7月〜8月 16都市 31回公演
◆会場 アートスフィア・他
◆企画・監修 小椋佳
◆演出 小川美也子・宮崎渥巳
◆振付 宮崎渥巳
◆脚本・作詞 高橋亜子
◆音楽監督 甲斐正人
◆歌唱指導 長田明子
◆美術 斎木信太朗
◆照明 勝柴次朗
◆衣装 木鋪ミヤコ
◆音響 清水吉郎

あらすじ

今日は、パパの誕生日。あるひと言と一緒に、
少女は『花』を贈りたいと思っていました。彼女の名前は『さと』
この日のために鉢植えを大切に育ててきたのです。
けれど、つぼみは開いてはくれませんでした。
パパが夜遅くなって帰ってきた時、
さとは、お願いごとをすることにしました。
「今度の日曜日、遊園地に連れて行って」
でも、やっぱりお仕事です。
本当は、そんなことが言いたかったんじゃないのに・・・

ひとりっきりになった部屋で、
悲しくてさとは鉢植えを壊しベッドにもぐり込んでしまいました。
すると、夢の中にひとりの少女が現れました。
彼女の名前は『メズーラ』。
「あなたの気持ちが、よくわかる」と言って、さとに物語を話し始めます。
(パンフレットより抜粋)
観劇感想

前回の公演の再演ですが、
ところどころ、新しい内容や解釈が含まれています。

ロックさんの目のこととか、
ヒューの登場のところとか、メズーラのところとか・・・・・

さとが鉢を割っちゃうのは驚きです。
まぁ、伶弥ちゃんなら、やりかねないけど(笑)

う〜ん、そんな感じかな?
つまらなくはなかったし、それなりに楽しませてもらいました。
なにより今回は、河合篤子さんが久々登場で嬉しかったです。

前回より役者の人数を若干減らし、少数精鋭にしてたせいか、
前よりもっと観やすくなったと思います。

気になった役者さんは・・・・・

主役、メズーラ役の中村桃花さん。

う〜ん、前回と比べて、どこが良くなったかはわからないです。
なにより、本当にメズーラそのものに見えているので・・・・・
私的には言う事ありません。

もうひとりのメズーラ役、清水彩花ちゃん。

中村桃花さんと比べて遜色ないほどの出来です。
特に歌唱力に関しては、彩花ちゃんの方が上でしょう。
しかし、私には桃花メズーラのイメージが強いせいか、
印象薄かったんですよね〜
すっごくうまかったことは記憶しているんですけど・・・・・

さと・デビ役の船越真美子ちゃん。

柳澤伶弥ちゃんはあいかわらず、可愛いので、もういいでしょう(笑)
さて、真美子ちゃんも可愛らしいルックスなのですが、
印象薄いですね〜
これも伶弥ちゃんの『さと』のイメージが強いせいかな?
演技的にも、特にど〜こ〜いうレベルじゃなかったと思います。
後に大化けするんですけどね。

山崎育三郎くんのペルモ、本田有花ちゃんのティモ、
桂亜沙美ちゃんのイーダなど、
前回メンバーは特にいうことなしですね。

ビー役の村田麻衣ちゃん。

今回、目立つ役で嬉しいです!
清純そうなイメージが抜群なんですよね。
ある意味、桂亜沙美ちゃんよりアイドルっぽい(笑)
演技ものほほんとした感じで良かったです。

スー役の太田彩乃ちゃん。

いいですね〜!久々の彩乃ちゃん。
なによりダンスがしっかりしている!
素晴らしいです!(T_T)
歌もあって、本当に嬉しい!!
かなり、いい感じでした!

ジョジョ役の鳥井潤子ちゃん。

言わずと知れた、元アニーです。
演技力抜群です。さすが〜!
モジモジしてる時の表情もいいですね〜!
けっこう彼女に注目して見ていました観ていましたが、
本当に見応えある女の子ですね。

バヤン役の田中夕衣ちゃん。

ゲッ!出てたの!(笑)
忘れてはいないのですが、それほど印象には残っていません。
鳥井潤子ちゃんを観てたせいか?(笑)

ネル・さとの母親役の河合篤子さん。

う〜ん、やっぱり彼女はいいですね〜!
私的には喋り方が好きです。
演技も熟練しましたね。

歌唱力・・・昔のイメージがあるせいか、ちょっと違和感、感じました。
決して悪くはないんですけどね。
やはり、過去のイメージがあるせいかな?
トップ     観劇一覧     キャスト     女優