アルゴ・ミュージカル 『パパ・アイ・ラブ・ユー!』

◆公演時期   1990年7月〜8月 13都市 28回公演
◆企画 小椋佳
◆脚本・演出 犬石隆
◆脚本・作詩 森田等
◆舞踊監督 森田守恒
◆振付 関根玲子・小川こういち
◆音楽 川辺真・小田敏文・原田真二・金子貢
◆美術 斉木信太朗
◆照明 原田保
◆衣装 原まさみ
◆声楽指導 長田明子
◆音響 百々喜久
◆監修 岡田敬二
◆アドバイザー 謝珠英・任田幾英

あらすじ

アイミとレイナは、規律のきびしいサンバード学園に通う女の子。
幼なじみだった二人だが、今は犬猿の仲!
学園祭に向けてミュージカルの稽古に励む、アイミの所属する演劇部。
それをなんとかつぶそうと策略を練る、レイナの所属する生徒会。

そんなある日、サンバード学園に不思議な転校生がやってきた。
その男の子は、『王子様』と呼ばれるようになり、たちまち学園の人気者に。
しかし、その日から生徒のパパが、
この世界から次々と消えてしまうという奇妙な事件が発生する・・・・・
(パンフレットより抜粋)


観劇感想

この舞台も生では観ていません。
ビデオを観ての感想です。

この後の『魔法使いの夏休み』や『アイスクリーム応援団』と比べると、
明らかに質が落ちます。
ちょっと役者さんの演技が低いですね。
脚本、演出が犬石さんですが、役者のレベルが低いので、
あまり活かされませんでした。

細かいこというと、辞書のところ。
5000ページとか言ってるけど・・・その本の厚さでは無理なのでは?
広辞苑でも2500ページぐらいだし・・・
ちょっとだけツッコミです。

パパのことをいう間奏部分(?)がありますが、
あんまりいらないかなっと・・・・

日常生活もあまりにも淡々としすぎ・・・で、
家族向けミュージカルとしては、子供は飽きるでしょうね。

ロックミュージカルのところはいいです。
ここと、『夢の世界』の部分だけが、
エンターテイメントを感じることができます。
犬石ワールド全開です。

これもダブルキャストなので、もう一方を観てみたいです!

気になった役者さんは・・・・・

アイミ役の木内麻理さん。

ルックスは最高だし、明るい演技も抜群。
セリフ口調もハッキリしていて聞きやすいです。
なんといっても表情がいいんですよね。
見てて癒されます。
ダンスシーンも豊富で、彼女のファンは大満足でしょう。

歌のほうは、悪いとは言わないけど、普通だと思います。

今見ると、ちょっと深谷えりかちゃん入ってますね(笑)

レイナ役の高田さとみさん。

生徒会と、家に帰った時の微妙な性格のズレがうまく演技されてました。
気の強い生徒会部分のほうが、イメージ強いです。

ちょっと演技演技してるのが鼻につくんですけどね。

歌はうまいとは思うけど、好き嫌いわかれます。
ハキハキしすぎて、伸びがないかも。
今の子の方が発声とかはしっかりしています。
下地が違うんでしょうね。この頃と今とでは。

リュウ・ヒカル(王子様)役の檜山恵理子さん。

今回の役の中で、一番難しい役でしょうね。
なんといっても、宇宙人というかなんというか不思議な存在ですから、
その演技が難しいです。
特に表情をつけることなく、淡々とした演技。
良い意味で違和感あって、良かったです。
歌は・・・・・マズマズだと思います。

演劇部リーダー役の小林登美子さん。

歌もいいし、なんといっても独特の存在感がいい!
演技力は申し分ないでしょう。
すでにこの時点で、ベテランの貫祿がある(笑)

浜寺先生役の入鹿尊さん。

彼の存在感が、この舞台のスパイスでしょうね。
メチャクチャ美味しい役だし、その演技力も抜群!
この人がいないと、舞台全般的に、かなりシリアスな展開になってしまいます。
私的には大好きですね、このキャラ。

茂木グレース美香さんはのダンスが秀逸でした。

岸田有子さんは・・・マズマズかな?

手塚宏樹くんは美味しい役で、この頃としてはなかなか良かったと思います。
歌っているシーンがあってビックリ。
まだ声変わりとかしてないからかな?

蛇足ですが、福島愛さんのテニス姿はいい(笑)

他にも小山菜穂ちゃん、池田淑子ちゃん、渡辺麻衣ちゃん、
柳志乃さん、関根千恵さん、河合篤子さん、小嶋亜美さん、
檜山愛子さん、有薗真梨子さん等が出演しています。

総括

私的にはイマイチですね。
観ててダルクなる。

やはり普段の生活の部分が長すぎるかな?
役者さんのレベルも、現在と比べるとかなり低いし・・・・・
このビデオは、たま〜に観るのがいいですね。
2年に1回くらい。
トップ     観劇一覧     キャスト     女優