アルゴミュージカル 『招待状は101才』(〜宝探しのラリルレロ〜)

◆公演時期   1996年7月〜8月 17都市 37回公演
◆会場 五反田ゆうぽうと・他
◆企画・原案・音楽 小椋佳
◆演出 滝澤辰也
◆脚本・作詞 森田等
◆音楽監督 甲斐正人
◆歌唱指導 長田明子
◆振付 宮崎渥巳
◆美術 斎木信太朗
◆照明 勝柴次朗
◆衣装 原まさみ
◆音響 矢野二郎

あらすじ

ひいおじいちゃんから突然届いた招待状。
『マック号で海を渡って、ラリルレロ島へ遊びにおいで』だって!

パパとママは招待されず、おじいちゃんおばあちゃんと子供たちだけ・・・
そのはずなのに、ひとりだけ見知らぬ少女がいた。
名前はヒトミ・・・
ひいおじいちゃんは、その子の足長おじさんなんだって。

いったいどんな冒険が待っているんだろう?


観劇感想

僕が見たアルゴの中で、『101才』はかなり、子供向けだと思います。
大人が見ると、いろいろと細かいツッコミを入れてしまいますね・・・

人数が多いのは、いつものことですが、
今回の場合は、ひとりとひとりの個性が本当にありませんでした。
主役のヒトミと対抗するべきセイコも迫力不足だし、
燐太郎の孫も、るるの孫も、結局のところ誰が誰だかわからない。

なにより、一番残念なのは、男性陣ですね。
ハッキリ言って、見ていてかなりつらいです。
歌も演技も、そしてダンスも、ひとつとして輝くものが見受けられません。
アルゴ・ミュージカル史上、低レベルの人材だったのかも・・・

あえて見いだすとしたら、
これを教訓に大きく成長することを望むことぐらいでしょうか?

最初にも述べましたが、ストーリー展開としては、
子ども向けで非常にわかりやすいストーリーです。
ただ、人間関係、家族関係で混乱することは多々あろうかと思います。
これはやもえないでしょう・・・

印象的なシーンは、最後の吊り橋のシーンでしょうか?
生で数回見たのですが、その時は、『子供だましだなぁ〜』と
かなりひいた目でいたのですが、
最近久々にビデオで見ると、かなり迫力がありました。
年数が経ってからみたせいかな?
米澤モモのアクションシーン、なかなか良かったです。

ダンス的には、船員が全員で踊るところがいいですね。
『クルーズ船は動くホテルよ』は、見ていて本当にスッキリした気分になります。
ダンスがうまい人が、ここに集中してますからね。安心できます。
その分、彼女たちがいないダンスシーンは、見応え、ほとんどゼロですね。
厳しいかもしれないけど、それだけ魅力がありませんでした。

内容的に、けっこう飽きてしまう話なので、
何回も見る・・・というのはつらいかもしれませんね。
『この部分がいいから何度も見たい』という、
『この部分』というものを探すのが、相当厳しいと思います。
僕的には、残念な内容でした。

気になった役者さんは・・・

主役の米澤モモさん。

さすがにベテランだけあって、うまいです。
普通の明るい女の子という、ある意味特徴のない役なのですが、
とてもうまくこなしていました。
セリフがとても聞き取りやすいし、歌もかなり上達しましたね。
『101才』の主役、十分に果たしていました。

個人的に好みの河合篤子さん。

う〜ん、彼女もベテランさん!
セリフもハッキリしていて、本当に安心感があります。
ダンスシーンは、おまかせって感じで、踊っていました。
もうちょい活躍してもいい感じ。

ダンスシーンで目立つ高梨あゆみちゃん。

彼女のダンスは、本当に見応えあります!
特に船員だけのシーンでは、
他の年長の人たちを追い越すような見栄えのいいダンス。
視線が、彼女に注目してしまいます。それだけ素晴らしい逸材です。

歌声抜群の加藤あすかちゃん。

『クルーズ船は、動くホテルよ』では、彼女の歌唱力が最大限に発揮されます。
『私は〜オフィサ〜、進路を決める役目です♪』
おおっ!マジじ聞き惚れます!
ここは、みなさんチェックしてくださいね!

歌、ダンス、演技、バランスの取れた子が今回は多いです。
伊東育己ちゃん、小山菜穂ちゃん、赤羽瀬里菜ちゃん、澤田祥子ちゃん、
渡辺麻衣ちゃん、太田彩乃ちゃん、安藤聖ちゃん。

みなさん本当にうまいのですが、
今回は個性がつぶされてしまったせいか、
目立つ活躍がありませんでした・・・もったいないな〜
もちろん、個々は活躍してる場面がありますけど・・・
やはり、人数が多すぎです。

可愛らしさという点では、川崎真央ちゃん。

手足が長いし、可愛らしいルックスで大人気でした。
独特な雰囲気があるし、初出演とは思えないほどの落ち着きもあります。
彼女はその後、
セーラームーンミュージカルのちびムーンで活躍することとなりますが、
その片鱗を垣間見ることができますね。

真面目で優しい(?)性格が、すでに出ている名塚佳織ちゃん。

この時点で、すでに彼女の真面目な性格が演技として出ています。
どこがどぉっていう場面はないのですが、
そういう雰囲気をかもしだしています。
ビデオをチェックすると、わかるかもしれませんね。
現在は、声優としても活躍されており、大人気になっていますね。

おしゃまな感じ(?)の倉沢桃子ちゃん。

オハガールで有名になりましたが、すでにアルゴでも大人気でした。
可愛らしいルックスは、天使のようです(笑)
ダンスや演技も、とても愛くるしいです。
個人的には、この時と同じようにポニーテールがいいです。
ショートカットは、ちょっと好きくないかな?

あっかるい笑顔の伊藤夕紀ちゃん。

可愛らしい笑顔が本当に印象的な女の子です。
見た目で性格は判断できませんが、とっても明るくてヤンチャそうです(笑)
表情が多彩なので、けっこう目立っていました。
今では、南少キッズのメンバーになっているようですね。

かなり期待していたんですけど、いまいちだった加賀千尋ちゃん。

子猿物語から、僕的にはかなり注目して観ていたのですが、
今回の役は残念ながらイマイチでした。
本人の本当の性格はわかりませんが、
見たところかなり真面目な性格のようです。
それがあるためでしょうか?イジワルなセイコが、あまり強く感じません。

すごく淡白だし、無理してやってるって感じが伝わってきてしまいます。
ガンバロウ、ガンバロウという気持ちはわかるのですが、いかんせん空回り・・・
残念でした。

総括

『101才』は、ハッキリ言って僕には合わない舞台でした。
何回観ても楽しめる・・・という舞台ではないです。
何回も書いてしまいますが、やはり子役さんが多すぎ。
厳選して、ひとりひとりの個性が発揮できる舞台が良いですね。
トップ     観劇一覧     キャスト     女優