◆  空想キャスティング 『エースねらえ』 ココスマイル3再演編

エースをねらえ フレンズ 東京メッツ&リトル GANg アルゴ『スタート』 アルゴ歴代 アニー
ココスマイル3再演 アルゴ『誰もがリーダー』 南少 ココスマイル 特別 ベスト

役名 役者名
岡 ひろみ 吉田 紗也加
藤堂 貴之 駅田 友香里
竜崎 麗華 福井 裕佳梨
宗方 仁 星芝 克彦
緑川 蘭子 志村 理恵
音羽 京子 春原 葵
愛川 牧 林 清羅
竜崎理事長 桝川 譲治
尾崎 勇 荒居 直子
千葉 鷹志 松田 実里
萩 まちこ 曽我 安里
池田 和子 島田 華衣
英 玲 佐藤 すみれ/岡田 真菜実
宝刀 冴子 上野 紗也加
美咲 優子 竹田 真恋人
滝 みちる 中谷 千波/舩橋 理佳子
香月 茂 塚越 眞夏
ジャクリーヌ・ビント 柳 志乃
ジョージィ・ビント 佐達 ももこ
エディ・レイノルズ 国友 よしひろ
アンジー・レイノルズ 松田 ひかる/中村 裕香里/永嶌 愛里
マリア・ヤング 関谷 彩花
樋口 夏代 近藤 亜紀
尾崎 愛 野田 紗貴/大田原 杏珠
中尾 榎本 愛
神谷 裕介 栗田 栞
令子・アンダーソン 中島 亜友美
ベル・ブラウン 佐藤 絵理香
織田 文生 今泉 舞/中井 千紘

『エースをねえら』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

記者 「主役の岡には吉田紗也加が起用されました!
    演技力に力が多いメンバーの中からの選出ですが、
    どういった理由からでしょうか?」

聖橋 「上野紗也加、駅田友香里、フレンズ編の中村裕香里と、
    いろいろと悩んだのですが、今回は吉田を起用しました。
    まずは、やはり目、瞳の力が大きいと思います。
    あの澄んだ真っ直ぐな瞳は、印象深いです。
    テニスに燃える情熱の瞳が、一番の決めどころでした。
    瞳に力があると、観客への印象度も高いですからね。
    ルックスも抜群で、本当に可愛らしいです。上戸彩にも負けません」

記者 「上戸彩にって……本当ですか!」

聖橋 「イヤ、たぶんなんですけど…」

記者 「たぶんなんですか!!」

聖橋 「気の持ちようで、そう見えないこともないかもしれない、
    ということです。そんなことを言っていると、いずれ彼女が大物になった時、
    取材受けられませんよ」

記者 「ハハハ……た、たしかに、すごい逸材です!!
    もう上戸彩、抜いているんじゃないんですか!!!」

聖橋 「……コホン!
    彼女を選んだ理由は瞳だけではありません。
    『エースをねらえ』ではオープニングを歌うので、歌唱力は絶対に必要です。
    その点に関していえば、彼女の歌唱力であれば問題ないでしょう。
    演技力も文句なくうまいです。
    岡ひろみという役をすぐに吸収できるでしょう。
    演出する私としては安心できるレベルです。

    ひとつ思うことは、
    今回のココスマ再演編の出演メンバーを見ると、可愛らしい子は多いのですが、
    燃えるような情熱と気合、
    そして、汗と涙という泥くささを持った子がほとんどいませんでした。
    あえて言うなら、荒居直子ぐらいでしょうね。
    少女の時から、鬼気せまる表情を持つというのも困りものですが、
    洗練されすぎた感もあります。
    吉田紗也加もまだまだではありますが、
    その未完の部分をこれから指導していきたいと思います」

記者 「吉田紗也加の岡ひろみ、たいへん期待しております!!
    ひろみの憧れの女性、そしてライバルともなる竜崎麗香。
    ここに福井裕佳梨を起用した理由は何でしょうか?」

聖橋 「聞くんですか?」

記者 「いやっ、それはその、やはり取材ですし……」

聖橋 「う〜ん……しょうがないんです」

記者 「しょうがないんですか!!!」

聖橋 「いろいろ大人の事情があるんです。お察しください」

記者 「大人の事情はわかりますが……なんとなくでもいいので、
    理由をお願いします」

聖橋 「う〜〜〜ん。
    現時点では、竜崎麗香こと、お蝶夫人の華麗さを持った子はいません。
    ココスマ3再演メンバーの中では、かなり厳しいです。
    ど〜しても選ばなくてはいけないので、思考に思考を重ねた結果、
    メンバーの中でも年上で、美人で、
    やや松本莉緒に似ている福井裕佳梨を起用しました。
    年上であれば柳志乃という選択肢もあるのですが、
    さすがにキャラが違いすぎるので、こちらは却下しました。
    演技は頑張ってもらうしかありません!
    もう少し声に張りを出しますので、時間がかかるかもしれませが」

記者 「たしかに雰囲気的には、テレビ実写版の竜崎麗香役の松本莉緒に似ていますね。
    頑張っていただきたいです。
    では変わって岡の大親友、愛川牧役ですが、ここに今回の主役のココ役だった、
    林清羅が選出されました」

聖橋 「テレビ版の森田彩華ではなく、アニメ版を意識しています。
    テレビの牧はぜんぜんハキハキしていませんので。
    アニメ版の、明るくてハチャメチャな愛川が私は好きなんですよ。
    それに対応できる人物は?
    と、考えたところ、ここは林清羅一本に決まりました。
    女の子が『おぬし〜!』なんてセリフ、普通は話しませんが牧は話します。
    林清羅であれば、違和感なく話せるでしょう。
    彼女独特の世界。まさに愛川牧役に適役だと思います。
    思う存分、『清羅ワールド』を発揮してもらいたいです」

記者 「主要なキャラクターを見ると、
    緑川蘭子役には志村理恵。かなり大抜擢だと思いますが?」

聖橋 「志村の今までの実力から言えば、大抜擢でしょう。
    ですが、今回のココスマイル3再演では、ひじょうに演技が上達していました。
    重要な緑川蘭子でも、まずまずこなしてくれることと思います。
    やはりレベルが上がった子には、良い役をやらせてあげたいですから」

記者 「男性役に目を向けると、意外な配役が目立ちます。
    藤堂貴之役に駅田友香里、尾崎勇役に荒居直子、千葉鷹志役に松田実里です」

聖橋 「男性っぽい子が今回はかなり少ないので苦労しました。
    荒居はフレンズ編でも述べましたが、
    気性の荒さを表情に表現できるんですよね。ど〜しても男性キャラとして必要です。

    藤堂貴之役は非常に悩んだのですが、今回は駅田友香里を起用しました。
    藤堂の純な性格を、駅田が華麗に演じてくれることでしょう。
    端正なルックスですし、美少年役も問題ありません。
    今回は女性らしさを消して、少年っぽい雰囲気をかもしだしてほしいです。

    千葉鷹志役には松田実里。
    三枚目的役割ですが、こういった柔軟性をともなった役、
    さらには男性役となると役者が限られます。
    ここは素直に松田実里に決定することができました。
    三枚目役も無難にこなせますし、男性的な表情付けもできますから。
    特に違和感はありません」

記者 「なるほど。三人ともたしかに少年らしさがまだ残っていますね。
    それでは、いつも聖橋さんが重要人物と語る宝力冴子役。
    ここに上野紗也加が起用されました。このあたりはいかがでしょう?」

聖橋 「宝力冴子役は本当に難しいです。明るい性格になったり、暗く冷たくなったり、
    ひろみのライバルとなったり、親友になったり、すごく気性の変化が激しい子です。
    ココスマ3再演メンバーの名前を見ながら何度も再考したのですが、
    本当に難しかったです。ちょっとイメージに近い子がいませんでしたから……
    イメージ的にはやや異なるかも知れませんが、
    今回は演技力という点を考え、上野紗也加を選出しました。
    ココスマ3では物静かで消極的なラブ役でしたが、明るい役も十分に対応できます。
    演技力は抜群ですし、彼女には、なんと言ってもきらびやかな華がありますから。
    岡ひろみ役の吉田との演技のぶつかり合いが今から楽しみです」

記者 「上野紗也加の宝刀はかなり人気が出るでしょうね。期待しています。
    変わって、エースをねらえでも美少女役として名高い英玲役。
    佐藤すみれと岡田真菜実が起用されました。
    ここはガチガチですね(笑)」

聖橋 「佐藤すみれの英玲役は決定事項ですね。一番に配役が決定しましたから。
    ルックスはトップクラス。
    演技力も頑張っていますし、その荒削りなところが英玲にも近く、まさにハマリ役です。
    ダブルキャストには岡田真菜実。
    彼女も可愛らしいルックスで、人気が出るでしょう。
    演技力についてはまだまだとは思いますが、これからの成長に期待したいです。
    この二人については特に心配はしていません」

記者 「今回、トリプルキャストがあるのは、アンジー・レイノルズ役の、
    松田ひかる、中村裕香里、永嶌愛里です。
    松田ひかるは、フレンズ編でもうかがいましたが、他の二人はいかがでしょうか?」

聖橋 「アンジーも中盤から後半にかけてはかなり重要な役なので、
    演技においては実力者が必要です。
    中村裕香里はフレンズ編では岡ひろみ役に抜擢しましたが、
    今回は全体のバランスを考えて、アンジーに起用しました。
    明るい性格、そしてちょっとオッチョコチョイなところはアンジーを彷彿させます。

    永嶌愛里も、やはり演技力で選びました。
    ホワホワ〜とした感じは、中村裕香里に似ているかもしれません。
    そういったところがまた、アンジーにも似ているんですよね。
    抜群の演技力で、ぜひとも岡ひろみ役の吉田紗也加と対決してほしいです。
    ココスマ3再演では、組が違うため、ぶつかってませんから。
    吉田と永嶌の演技のぶつかり合いは、観客も心動かされること間違いありません」

記者 「私も、吉田と永嶌の演技のぶつかりあいは凄く楽しみです!!
    ある意味、夢の対決でしょう(笑)
    さて、年齢の低い少年役では、香月茂役に塚越眞夏、
    神谷裕介には栗田栞が起用されました。
    かなり意外なキャストですね!」

聖橋 「今回のココスマ3再演では、塚越眞夏の演技がひじょうに良くなっていました。
    それゆえの抜擢です。
    背が高いこともあり、男性役も似合うでしょう。好演してくれると思いますよ。
    神谷裕介には栗田栞。
    荒削りで、気の強い神谷。塚越ではなく、栗田を起用したのはそのためです。
    どちらかというと塚越の方が優しい表情をするので、その対抗として、
    気合入りまくり、荒々しい表情の栗田が良いのではないか?と判断しました。
    演技の実力的にはまだまだかもしれませんが、
    ぜひ少年の雰囲気をつかんでほしいと思います」

記者 「ビント姉妹には、ジャクリーヌ役に柳志乃、
    ジョージィに佐達ももこが選出されました。ジョージィはかなり若いですね!」

聖橋 「ジョージィのような気の強さを持った女の子……これがなかなか見つかりませんでした。
    佐達もハッキリ言って背が低く、演技もまだまだです。
    ただ、心の奥底に眠るフツフツとした熱いものを感じるですよ、彼女には。
    冷静な役どころも得意だと思いますし、
    ここは冒険ではありますが、彼女に頑張ってほしいです。

    ジャクリーヌ役の柳志乃ですが、イメージ的にはちょっと違うかもしれません。
    が、他に彼女に似合う役柄がないため、今回はこちらに回っていただけきました。
    ジョージィに比べれば、それほど気が強い性格でもなく、
    アンジーと談笑することも多いので、柳志乃のキャラでも大丈夫でしょう(笑)
    演技のプロですからね。

    『エースをねらえ』ココスマ3再演編にどうぞご期待ください!」

(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優