◆  空想キャスティング 『エースねらえ』 東京メッツ&リトル編

エースをねらえ フレンズ 東京メッツ&リトル GANg アルゴ『スタート』 アルゴ歴代 アニー
ココスマイル3再演 アルゴ『誰もがリーダー』 南少 ココスマイル 特別 ベスト

役名 役者名
岡 ひろみ 松本有希子、本間理紗
藤堂 貴之 三田真央
竜崎 麗華 中野公美子
宗方 仁 黒田百合
緑川 蘭子 太田彩乃
音羽 京子 長谷川桃
愛川 牧 桜井美紀山本夏海
尾崎 勇 池辺愛
千葉 鷹志 久保沙耶香
萩 まちこ 富取祐香
池田 和子 村尾真莉
英 玲 坂越由実子
宝刀 冴子 良田麻美
美咲 優子 鈴木美帆
滝 みちる 五十嵐りさ
香月 茂 斎藤彩夏、川尻光紀
ジャクリーヌ・ビント 浅野実奈子
ジョージィ・ビント 西奈里紗
エディ・レイノルズ 鵜沢優子
アンジー・レイノルズ 難波美妃
マリア・ヤング 水野江莉花
樋口 夏代 今井仁美、佐藤絵理香
尾崎 愛 内野明音、志村比芽子
中尾 幸地美穂
桂 大悟 鈴木里沙
神谷 裕介 安井理絵
令子・アンダーソン 今井沙那恵
織田 文生 水野夏海

『エースをねえら』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

記者 「主役の岡ひろみ役に、松本有希子ですか!
    これはかなり意表をついた配役です・・・だ、だいじょうぶなんでしょうか?!
    間違いなく、聖橋さんの独断と偏見が入ってますね(笑)」

聖橋 「やらせてあげたいんですよ(涙)
    ど〜しても彼女が主役の舞台を観たいんです!
    ということで私が主役に抜擢しました(笑)
    素材として、非常に面白いものがあると思うんですよ、
    マツユキは(松本有希子の愛称)

    ホワホワ〜としていて、本当に小動物的なイメージ。
    美人タイプではなく、とても愛くるしいルックスで可愛らしいタイプですね。
    岡ひろみの屈託のない自然な表情も、彼女なら表現できると思います。
    身長が低いこと、やや華がないことが弱点ではあるけれど、
    それを克服するマツユキに期待しています。

    彼女に過度のプレッシャーを与えたくないため、
    岡ひろみ役はWキャストにしました。
    こちらはリトルから選びたいと考え・・・本間理紗を選択しました。
    彼女は美人タイプで、しかも華があります。
    ある意味、マツユキとは両極端かもしれません。
    演技力は秀でており、安心して指導することができます。
    競争心をあおるわけではありませんが、ぜひお互いに切磋琢磨して、
    個性ある岡ひろみを見いだしてほしいです」

記者 「松本有希子、本間理沙の岡ひろみに注目ですね!
    さて、お蝶夫人こと竜崎麗華役には中野公美子がきました!
    すっごく楽しみです!」

聖橋 「ルックスや存在感は、間違いなくお蝶夫人でしょう。
    ただ、身長が低いこともあり、ちょっと迷いました。
    だがしかし!!やはり彼女にやってもらわなければならないでしょう!
    この役だけは!
    あの瞳で見つめられたら・・・誰でもお蝶夫人の虜になってしまいます(笑)
    ファンの皆さんも望んでいることなので、ここは彼女で問題無しです。
    お嬢さま言葉もたくさん喋ってほしいところです。
    上げ底の靴を履いて頑張ってもらいますよ」

記者 「ほんっっとに公演初日が楽しみです!
    では、変わって、宗方仁役の黒田百合さん。ここも適役ですね」

聖橋 「他にいないですから(笑)
    岡を熱血指導するあの厳しい表情。黒田百合にピッタリです」

記者 「緑川蘭子役には太田彩乃、この選択はどうでしょうか?」

聖橋 「まずは背が高いこと。それからクリクリッとした瞳でしょうか?
    さらには存在感。岡、宗方、竜崎とのからみがあるため、
    柔軟な演技力も必要。そうなると太田彩乃しか思い浮かびません。
    今から、高い打点からのサーブを練習してほしいですね(笑)」

記者 「太田彩乃の蘭子役。じつは私も楽しみにしています。
    独特な存在感がありますね、彼女には。期待しています。
    では、前半部分でのキーポイントになる愛川牧役ですが、
    こちらはWキャストで、桜井美紀、山本夏海が決定しました」

聖橋 「桜井美紀については、南少編で述べているので割愛します。
    山本の演技力については言うまでもなく、素晴らしいものがあります。
    美空ひばりの子役時代を射止めた実力は伊達ではありません。
    彼女のキャラクター的にも、愛川役は似合っているのではないでしょうか?
    常に笑顔で、岡にストレスの解消と安心感、
    そして前向きな思考を与える愛川。
    山本夏海なら、この責任感ある重要な役を期待していいと思います。
    
    山本夏海の愛川牧役は、基本的に本間理沙とセットと考えています。
    松本、桜井コンビとは年齢が微妙にずれているためです。
    やはり話し相手としては、年齢が近いほうが話しやすいでしょう。
    もちろん、時と場合によっては、
    松本、山本コンビ、本田、桜井コンビになる可能性もあります。
    基本のセットを成熟させてから、移行したいですね」

記者 「男性役についてはどうでしょう?
    じつに新鮮な配役が見受けられます」

聖橋 「正直、かなり強引かもしれません(汗)
    しかし、彼女たちならやってくれますよ。安心してください。
    
    藤堂役には三田真央。
    最近の三田の演技は観たことがないので、かなり行き当たりばったりです。
    『TOKYOアリス』の時は、ちょっぴりイマイチだったのもので・・・
    ただ、やはり正当派アイドルを思わせる藤堂のルックスは彼女しかいません。
    岡を支える包容力を舞台で見せてほしいです。

    尾崎役には池辺愛。
    鼻筋のスッととおった端正なルックスは、尾崎役でいけると思います。
    ちょっと願望強いんですけど(汗)
    真面目タイプではあるけれど、三枚目的な部分もある尾崎。
    池田は表情の表現力の薄いことが、ちょっと引っかかるんですけど、
    三枚目役の部分はぜひとも頑張ってほしいです。

    千葉役には久保沙耶香。
    彼は男子トリオのお笑い+ボケ担当です。
    ここは他にも人選があったのですが、
    表情の豊かさと、観客をひきつける瞳と存在感、
    三枚目役にも対応できる・・・可能性を考慮し久保を選択しました。
    演技がどうなのか、ハッキリ言って全然わからないのですが、
    『Gorgeous My Life』の表情がとても印象に残っていて、
    「やれる!!」と、勝手に判断しました(汗)
    大丈夫です。彼女ならうまくやりとげます」

記者 「聖橋さんのコメントを聞いてると、なぜか不安になります・・・
    ほんっっっとに大丈夫ですか?」

聖橋 「いざフタをあけてみると、あまりの良い出来ばえにビックリしますよ。
    逆に期待しないで待っていたほうがいいですね。ギャップに驚きますから」

記者 「わかりました。その言葉を信用して、舞台当日まで待ちたいと思います。
    毎回激戦区の英玲役には坂越由実子が抜擢されました。
    リトルメッツには他にも可愛らしい子がたくさんいますが、
    彼女に決定した理由は何でしょう?」

聖橋 「可愛らしいルックスの裏に隠された、三枚目の性格でしょうか?(笑)
    まっ、冗談はともかく、理由を何点かあげると、
    体の線の細さ、観客を訴えかける強い意思を持った…ようにみえる瞳、
    そして視線でしょうか?
    喋らなければ、本当に愛くるしい人形のような感じですよ、彼女は。
    演技力はマダマダな部分もありますが、決してヘタではありませんからね。
    それに私が観劇した時よりも成長していることでしょう。
    英玲は後半の花形ですから、彼女にもそこを理解して頑張ってほしいです」
    
記者 「後半の要のひとり、宝刀役。ここには良田麻美が配役されました」

聖橋 「ここは素直に彼女を選択しました。こなれた演技力はSET仕込み。
    喋りの滑らかさが、やはり他の人とは違います。
    元々、宝刀の行動そのものが演技チックなので、彼女が適任でしょう。
    アドリブが多用される役どころですが、
    良田の宝刀役にかなり期待しているので、彼女にお任せする部分もあります」

記者 「ジャクリーヌ・ビント役には浅野実奈子。
    ここは性格のいいお姉さんという感じでピッタリですし、
    エディ・レイノルズ役の鵜沢優子も、凛とした姿がすぐに思い浮かびます。
    さて、ジョージィ・ビント役には、西奈里紗、今井沙那恵のWキャスト。
    このあたりはいかがでしょう?」

聖橋 「ジョージィは、性格からして気が強く、負けん気の強さも人一倍です。
    西奈里紗で印象深いのは、やはり目でしょうね。
    そこをうまく活用して、闘志燃え上がるジョージィの演技を期待したいです。

記者 「桂大悟役には鈴木里沙。ここはなぜか笑えます(笑)」

聖橋 「東京メッツでは三枚目な役割でしたが、
    『エースをねらえ』では、真面目な桂大悟に抜擢しました。
    私としては、意外とマッチしていると思います、鈴木里沙の桂役。
    精悍で落ち着いた表情なども、問題なく表現できるでしょうね。
    彼女の違った部分をお見せできると思います」

記者 「なるほど・・・そう言われると鈴木の桂大悟役、合っているかもしれません。
    沈着冷静、真面目な鈴木里沙を楽しみにしています。
    岡の友人でもありライバルでもあるアンジー・レイノルズ。
    ここには難波美妃が配役されました。やはり演技の上手さでしょうか?」

聖橋 「年齢がかなり若い役ですが、難波に頑張ってほしいです(笑)
    アンジーは岡と接する機会が多く、後半の要のひとりですから、
    やはり柔軟な演技力は必要です。
    となると抜群の演技力を誇る難波が適任でしょう。
    特に彼女は表情の付け方が抜群にいいですね!
    可愛らしい表情も年齢を感じさせず、アンジーの若さでも十分に可能です。
    美少女として頑張ってほしいです!!」

記者 「び、美少女はちょっと無理があるような・・・」

聖橋 「難波に怒られますよ」

記者 「あっ、いやっ、すみません・・・・・
    だ、大丈夫です!難波美妃は美少女アイドルです!
    そう、頭の中でインプットしました!」

聖橋 「そうです。心の持ち方ひとつで役者の見方も変わってきますから」

記者 「は、はい・・・・・
    では、続いての質問です。
    尾崎愛役には、内野明音、志村比芽子が配役されました。
    私は二人とも存じあげないのですが、聖橋さんから見たお二人は?」

聖橋 「私も良く知りません」

記者 「えっ!?」

聖橋 「『キャンディ・キャンディ』編でも述べていますが、
    全員を網羅することは不可能です。結論、見た目と私の感で抜擢しました。
    ということで、内野の志村の抜擢理由ですが、
    内野は、意外に今後伸びてくる可能性があります。
    リトルメッツの公演ではリズム感、表情付けがイマイチでしたが、
    おそらく次回は改善してくることでしょう。
    歌唱力は良いものをもっているので、
    先行投資と強い願望を込めて決定しました。

    志村はリトルメッツでは背が低かったため、逆に良く目立ちました。
    ダンスにも切れがあってなかなか注目の女の子だと思います。
    理由はそれだけです」

記者 「たしかに短い時間内でリトルメッツを把握することは難しいです。
    再公演は、もうすこしゆっくりリトルメッツを見せてほしいな〜と思います。
    では、最後に樋口夏代役の今井仁美、佐藤絵理香についてお願いします」

聖橋 「イメージ的には、今井仁美が最有力でしょう。
    メガネをかければ、きっと樋口にそっくりです。
    真面目で冷たい性格に見えて、心の優しい樋口。
    この微妙な性格づけを今井がどう整理するのか、たいへん興味があります。
    演技力が高い子なので、
    アッと驚く樋口役を私達に見せてくれることでしょう。

    佐藤絵理香については、完全に大抜擢です。
    ルックスは可愛らしく、性格はおとなしい(?)・・・ような印象が強いです。
    今回の舞台では、表情があまり変わらず強張っていました。
    その改善を求める意味でも、逆に彼女を抜擢しました。
    表情が豊かになると、『ガラッ』と彼女の印象が変わる可能性がありますから、
    この樋口役で化けてほしいのが私の本心です。
    
    『エースをねらえ』東京メッツ&リトル編に、ご期待ください」

      
(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優