◆  空想キャスティング 『エースねらえ』 アルゴミュージカル 誰もがリーダー誰もがスター編

エースをねらえ フレンズ 東京メッツ&リトル GANg アルゴ『スタート』 アルゴ歴代 アニー
ココスマイル3再演 アルゴ『誰もがリーダー』 南少 ココスマイル 特別 ベスト

役名 役者名
岡 ひろみ 小高 奈月
藤堂 貴之 大山 真志
竜崎 麗華 池田 愛
宗方 仁 西村 仁
緑川 蘭子 中村 桃花
音羽 京子 富田 千尋
愛川 牧 川田 志織
竜崎理事長 田上 ひろし
尾崎 勇 土田 あい
千葉 鷹志 清水 彩花
萩 まちこ 渡野辺 亜実
池田 和子 赤松 由貴
英 玲 船越 真美子
宝刀 冴子 本田 有花
美咲 優子 勝目 雪菜
美咲の母 立花 かおる
中尾 水野 夏美
香月 茂 西川 大貴
アンジー・レイノルズ 鳥井 潤子
樋口 夏代 柴原 史佳
尾崎 愛 塚田 唯依

『エースをねえら』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

第2回の最初は、アルゴの『誰もがスター、誰もがリーダー』のメンバーを、
キャスティングしました。

以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

聖橋 「人足りないのですが、なんとかキャスティングを終えました・・・・・」

記者 「お疲れさまです。やはり、注目は主役、岡ひろみ役の小高奈月ですね」

聖橋 「岡ひろみは美人な方ですから、やはりルックスは良くないと・・・
    ということで、今回のメンバーではルックスと演技力から彼女を選びました。
    あかぬけ、とぼけた演技、そして根性あふれるテニスシーンなど魅力満載です。
    主題歌も彼女が歌います。
    『コートでは、誰でも、独り独りきり』
    『泣きたい時は、コートで泣けと・・・』
    アニメの主題歌ふたつとも歌うため、会場は感動の嵐になります。
    小高にとっての代表作となるでしょう」
    
記者 「私も小高の岡ひろみは、ぜひ観たいです!チケット確保お願いします(笑)
    ひろみの恋人、藤堂が大山というのは男子が少ないため、やもえませんが、
    お蝶夫人こと竜崎麗香を池田愛・・・・・
    これはけっこういろいろ批判がくるのではありませんか?」

聖橋 「う〜ん・・・・・・・・(しばし無言)
    正直厳しいと思います。ただ、ど〜しても他に適役者がいませんでした。
    当然ルックス重視だし、小高の演技に対抗しなくてはならない・・・・・
    となると、背の問題は考慮せずに、池田愛なのでは?という結論になりました」

記者 「たしかに可愛らしい女の子ですが、威厳あるお蝶夫人をどう演じるか・・・
    かなりプレッシャーかかるでしょうね」

聖橋 「やもえません。批判は甘んじて受けます。
    幕が開くまでお待ちください。
    池田が必ず、素晴らしいお蝶夫人を皆さまの前にお見せします」

記者 「わかりました。池田には本当に頑張ってほしいです。
    宗方仁が、西村仁、これも人手が足りないでやもえないところですね」

聖橋 「厳しいことは言うまでもありませんが、仕方ないです。
    竜崎理事長の田上ひろし、美咲優子の母の立花かおる、
    ここはただ単に大人キャストだからという理由しかありません。」

記者 「そうですか。では変わって、緑川蘭子役の中村桃花。これはどうでしょう?」

聖橋 「緑川役はすぐに決まりましたね。背が高いし、威厳ある態度。
    そして宗方とのからみが多いための演技の実力。
    それを兼ね備えているのは彼女しかいません」

記者 「たしかに仰る通り、緑川は中村にピッタリですね。
    では、いじめっ子グループのリーダー、音羽役の富田はどうでしょう?」

聖橋 「富田は若いですが、怖い表情というのが魅力ですね。
    『オンリーワン』でも『誰もがリーダー』でも、やや嫌な役ではあったけど、
    個性が出ていてとても良かったです。そこをかいました。
    けっこう目が特徴なので、今回は目で演技してもOKです。
    迫力ある音羽を演じてくれると思いますよ」

記者 「男子役を女子がやっていますが、これはどうでしょう?
    尾崎勇に土田あい、千葉鷹志役に清水彩花ですが・・・・・」

聖橋 「土田はとても真面目タイプなので、やはりここでしょうね。
    リーダー的存在はお任せって感じですから。
    清水は柔軟性が高く、おちゃらけた役はバッチリなので、千葉でしょう。
    二人とも背が高く、演技の幅が広いのが特徴です。
    とりたてて問題はないと思います」

記者 「ひろみの親友で、彼女を支えることもある、重要な役の愛川牧。
    ここを川田志織というのは?」

聖橋 「常に前向きで明るいマキには、
    笑顔で明るい川田が適役なのでは?と思いました。
    さらにボケボケキャラや天然系が加われば完成されます(笑)
    ひろみが落ち込んだ時、マキの笑顔で癒されるでしょう?
    そのあたりを考えました。
    ここは自分でも面白い配役だなっと、自分に納得しています」

記者 「おおっ〜、たしかにそう言われると、愛川役は川田志織でピッタリですね。
    後半で重要な宝力冴子。ここに本田有花がきました」

聖橋 「ええ。かなり重要です。
    やはりここはベテランの本田でいかないとまずいでしょう。
    勝気な性格は得意だし、さらにはその柔軟性。
    あっけらかんと、ひろみに対する姿勢などかなり高度な演技が要求されます。
    本田ならうまく演じると思いますね。
    そうそう、恋愛部分もあるので、そこにも注目です」

記者 「英玲の船越真美子、尾崎愛の塚田唯依は、まさに適役ですね」

聖橋 「ここはなんの問題もありませんでした。
    英の可愛らしさと、
    ひろみを羨望視する、その眼差しは船越に合っていると思います。
    また、尾崎愛のちょこまか動くところとおっちょこちょいのところ、
    まだ小さいですが、塚田なら何の問題もないと思います。
    二人とも可愛らしく演じることでしょう」

記者 「ちょっと変わったところでは、アンジー・レイルノズに鳥井潤子ですが」

聖橋 「意味合いとしては本田の宝力役と同じです。
    彼女も、後半の要ですので実力ある鳥井を選びました。
    なんとなくハーフっぽくって、彼女の外人役は似合う気がします。
    ひろみとの対決シーンなど、見どころいっぱいです」

記者 「では最後に、樋口夏代役の柴原史佳についてお願いします」

聖橋 「ここは彼女でしょう。
    一見暗く、冷淡なイメージを持ちつつ、じつは心の優しい持ち主。
    このキャラを見た時点で、柴原だと思いました。
    柴原には冷たいイメージを出してほしいですね。
    その後の心の優しさというのは演じることができるので、
    その前の部分が重要です。ぜひ楽しみにしていてください」
    
(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優