◆  空想キャスティング 『エースねらえ』 ベストメンバー編

エースをねらえ フレンズ 東京メッツ&リトル GANg アルゴ『スタート』 アルゴ歴代 アニー
ココスマイル3再演 アルゴ『誰もがリーダー』 南少 ココスマイル 特別 ベスト

役名 役者名
岡 ひろみ 小高 奈月、小川 亜美
藤堂 貴之 KaNNa、山崎 育三郎
竜崎 麗華 冨岡 真理央、桂 亜沙美
宗方 仁 速水 けんたろう、真矢 武士
緑川 蘭子 酒井 亜沙美、中村 桃花
音羽 京子 安藤 聖、今井 沙那恵
愛川 牧 十川 貴美子、篠原 美紀
竜崎理事長 小宮 健吾
尾崎 勇 河合 篤子
千葉 鷹志 菊沢 美和、俵 和也
萩 まちこ 前田 織里奈、長谷川 桃
池田 和子 小林 登美子、清水 彩花
太田 酒井 一圭
英 玲 西島 来美、船越 真美子
宝刀 冴子 深谷 えりか
美咲 優子 檜山 恵理子
美咲の母 青木 FUKI
滝 みちる 土田 あい
香月 茂 池田 早矢加
ジャクリーヌ・ビント 大越 史歩、佐藤 夕美子
ジョージィ・ビント 本田 有花、久積 絵夢
ミスター・レイルノズ 平 一彦
エディ・レイノルズ 高瀬 友規奈、渡部 瑞貴
アンジー・レイノルズ 内田 莉紗、冨田 麻帆
マリア・ヤング 澤田 祥子、坪井 美奈子
桂 大悟 佐藤 アツヒロ
伊藤 育己
樋口 夏代 勝目 雪菜、近藤 久美絵
尾崎 愛 池内 菜々美、渡辺 里佳
中尾 坂越 由実子
神谷 裕介 秋山 純、山本 愛星
玲子・アンダーソン 今井沙那恵
ベル・ブラウン 小山 菜穂
織田 文生 飯田 美心

『エースをねえら』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

記者 「ついに、ベストメンバー決定です。
    主役、岡ひろみ役には、小高奈月と小川亜美が選ばれました」

聖橋 「『赤毛のアン』のアン役での評価、これが決定の大部分を占めました。
    小川亜美の存在感、そして演技力、これに尽きます。
    2002年は終わっていませんが、自分の中では彼女が今年度のMVPです。
    小高奈月は、『アルゴ』『オンリーワン』で活躍しました。
    どちらも、その存在感は誰よりも強く、
    観客に訴えかける瞳、そして表情が印象的です。
    このWキャスト、観劇する人は絶対に2回見るでしょうね(笑)」

記者 「小高と小川ですからね。満員御礼、間違いなしです。
    竜崎麗香役には、冨岡真理央、桂亜沙美が選ばれました。
    ここはなんとなく順当でしたね」

聖橋 「ルックス、演技力、スタイル、すべてのバランスが取れているのが桂です。
    絶世の美女を演じてくれることを、私も本当に楽しみにしています。
    威圧的な表情はあるものの、冷静かつ的確な判断能力をもつ、
    冨岡のお蝶夫人も素晴らしいものになるでしょう」

記者 「緑川蘭子役には、酒井亜沙美と中村桃花が選ばれました。
    二人とも怖そうです(笑)」

聖橋 「いえいえ、優しい表情ももってますよ(笑)
    蘭子は、激しい部分が多いですから。やはりこのふたりかと・・・
    宗方とのからみで、その優しい部分が見られますのでご安心ください」

記者 「そうですか……あっ、その宗方役は、速水けんたろう氏と真矢武士氏ですが、
    特別編と同じメンバーになりましたね」

聖橋 「ええっ。ここは彼ら二人が適任です。特に問題ありません」

記者 「激戦区のひとつ愛川牧役ですが、
    十川貴美子、篠原美紀の二人が決定です」

聖橋 「ここは本当に苦労しました(涙)
    当初は、冨田麻帆も考えていたんです。
    ただそうなるとトリプルキャストになってしまい、
    最低でもWキャストという公約を破ってしまうので、
    苦渋の選択でこの二人に決定しました。
    冨田にはアンジー・レイノルズ役に回ってもらい、
    内田莉紗と切磋琢磨してほしいと思っています。
    もちろん、愛川牧がだめだからアンジーという、
    短絡的な配置転換ではありません。
    アンジーの柔和さは、冨田に十分備わっていると思います」

記者 「なるほど、そんな裏話があったとは・・・
    さて、男性役ですが、男性のみならず、女性も混ざっているところもありますね」

聖橋 「藤堂、千葉、神谷役は、男性と女性のWキャストとなっています。
    男女の差でどう演じわけるのか、けっこう楽しみです。
    尾崎勇役には河合篤子。ここは彼女しかいませんでした。
    ベテランでありながら少年役にも適応、さらには三枚目も演じられますから。
    男子陣からは、ちょっと見いだすことができなかったんです。
    これはエディ・レイノルズ役にも言えます。
    
    高瀬友規奈、渡部瑞貴、両名と並べられる男性が見当たりません。残念です。
    渡部は、今まで竜崎役、愛川役と選出されてきましたが、
    今回のベストでは、こちらに回ってもらいしまた。
    両者ともに、清々しく明るい青年役を演じてほしいと思っています。

    香月茂役にも男性の適任者が見当たりません。
    池田早矢加の実力が抜きんでているのも、見つからない要因のひとつですが。
    ただ、年少者にこれから伸びる素材がたくさんいるので、
    その人たちの成長に期待したいです」

記者 「男性陣、本当に頑張ってほしいですね!
    では、聖橋さんおすすめの宝刀冴子役。深谷えりかに決定です!!」

聖橋 「ここは深谷えりかです!絶対です!!
    深谷えりかの宝刀冴子無くして、
    『エースをねらえ』の舞台は成り立ちません!そこまで言い切ります!」

記者 「聖橋さん、本当に嬉しそう(笑)
    では、続いて英玲役です。ここも激戦区でしたね。
    西島来美と船越真美子が選ばれました」

聖橋 「本当に、ここも激戦でした。
    選んだ最大の理由は、基本はやはりルックスですね。
    岡ひろみがセリフとして発しますが、『お人形さんみたい・・・』
    そのイメージが強いです。
    となると、この二人かな?という感じでした。
    本当に食事とってるのか不安になるほど線が細いです(汗)
    吉永まりやも考えたのですが、
    演技という点においては、現時点では前述した2人の方が上でしょう。
    とにかく、ここはベストメンバーが決定して、ようやく肩の荷がおりました・・・」

記者 「えっと・・・激戦区のあとひとつ、尾崎愛役があるので、
    そこのコメントをいただいてから、荷を下ろしてほしいのですが・・・」

聖橋 「あっ!そうでした。忘れてました。
    尾崎愛役には池内菜々美、渡辺里佳を選びました。
    池内は『オンリーワン』も良かったのですが、
    『リボンの騎士』のチンク役が秀逸でしたね。あの演技の印象が強いです。
    渡辺里佳は『若草物語』のエイミー役。これに尽きます。
    次世代のエースになりうる人材ですからね!ぜひとも起用したかったんです!
    ボケボケキャラは、そうとうすごいものになります。
    二人の可愛らしい尾崎愛、ぜひとも注目してください」

記者 「外人役には、ほとんどベテランが配役されていますね。
    主役クラスのメンバーが続出です」

聖橋 「ギャラがたいへんなことになっています(涙)
    でも、やります!
    ジャクリーヌ・ビント役の大越史歩、佐藤夕美子、
    ジョージィ・ビント役の本田有花、久積絵夢、
    マリア・ヤング役の澤田祥子、坪井美奈子、
    もう言うこと無しですね。」

記者 「ただ、難点を言わせてもらうと、
    織田文生役に飯田美心。もったいない気がしますが・・・」

聖橋 「これは本当に申し訳ないです。ど〜しても入るすきまが無かったもので・・・
    今回は、この役で勘弁してください。
    彼女はどんどんと演技の幅を広げていますからね。
    次回の成長に期待しています!」

記者 「では最後に、樋口夏代役に選ばれた、
    勝目雪菜、近藤久美絵についてお願いします」

聖橋 「病弱そうな表情に加え、気の強い表情を見せることもでき、
    さらには心の優しい女の子。勝目雪菜は、このイメージそのままです。
    近藤久美絵は、やや気の強いイメージが先行しますが、
    演技の幅が広く、なにをやらしてもうまくこなしますから。
    ここには安定感がある両名を選出しました。

    またまた豪華メンバーでお送りする『エースをねらえ』
    ぜひとも御観劇ください!」

      
(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優