◆  空想キャスティング 『エースねらえ』 ココスマイル 歴代メンバー編

エースをねらえ フレンズ 東京メッツ&リトル GANg アルゴ『スタート』 アルゴ歴代 アニー
ココスマイル3再演 アルゴ『誰もがリーダー』 南少 ココスマイル 特別 ベスト

役名 役者名
岡 ひろみ 木地山 まみ、飯田 美心、小川 亜美
藤堂 貴之 林 みどり
竜崎 麗華 坪井 美奈子、冨岡真理央
宗方 仁 星芝 克彦
緑川 蘭子 酒井 亜沙美、米澤 史織
音羽 京子 長谷川 桃
愛川 牧 川田 志織、渡部 瑞貴、冨田 麻帆、児玉 まりな
竜崎理事長 桝川 譲治
尾崎 勇 白数 美里、茨木 あゆみ
千葉 鷹志 須藤 温子
萩 まちこ 岡崎 桂子、赤松 由貴、足助 美岐子
池田 和子 阿蒜 佳織、保泉 沙耶森谷 明日香
英 玲 石井 香澄、清宮 愛絵理、西島 来美、熊谷 知花
宝刀 冴子 深谷 えりか
美咲 優子 真代、刑部 飛鳥、安藤 盟
美咲の母 古川 恭子
滝 みちる 高松 いく、名塚 佳織、松田 ひかる
香月 茂 倉沢 桃子、伊藤 将太
ジャクリーヌ・ビント 本田 有希、玉手 瑞貴
ジョージィ・ビント 本田 有花
エディ・レイノルズ 高瀬 友規奈
アンジー・レイノルズ ベッキー
マリア・ヤング ハドソン・アリア
樋口 夏代 勝目 雪菜、松田 美里
尾崎 愛 関谷 彩花、安島 丹希
中尾 古賀 久美子、中村 友香、荒居 直子
桂 大悟 松岡 英明
神谷 裕介 山本 愛星、斎藤 千晃
令子・アンダーソン 今井 沙那恵
ベル・ブラウン 菱川 愛
織田 文生 田中 夕衣

『エースをねえら』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

聖橋 「ココスマ3メンバーも入っていますので、
    キャスティングが、けっこうたいへんでした


記者 「主役、岡ひろみには、まぁ予想通りの飯田美心。
    そして目新しいところで木地山まみと小川亜美が入っています」

聖橋 「木地山は舞台での素朴〜な演技力がいいですね。
    ルックスはとてもかわいいですし、歌もまずまず。
    テニスコートでの鬼気せまる表情と、家に帰った時の穏やかな表情。
    ここのバランスをうまく表現できると思います
    また、小川亜美に関しては、演技力がズバ抜けています。
    先日、彼女が主役の『赤毛のアン』を観劇しましたが、
    驚くべき実力を発揮していました。
    相手役のベテラン女優に対抗する演技力、半端ではありません。
    ココスマイルの時は、可愛らしい表情が特に印象的でしたが、
    それに今度は恐るべき演技力が加わっています。
    彼女の岡ひろみ、たいへんなことになるかもしれません・・・・」

記者 「私も『赤毛のアン』を観劇しましたが、小川亜美アンの演技力に、
    魂を吸い取られそうになりました・・・本当に凄かったです。
    彼女の岡ひろみ役はまったくもってうなずけます。
    今からたいへん楽しみです。
    さて、お蝶夫人役には、王道(?)の坪井美奈子。
    そして冨岡真理央が入りました」

聖橋 「坪井は関しては前にも述べましたので・・・
    最近『ココスマ3』を観劇したのですが、冨岡の演技、光っていました。
    すごく落ち着いた演技ですね。存在感が本当に素晴らしいです。
    心に問いかけるような歌声は抜群ですし、
    ダンスは土田あいに似て、
    ダイナミックで、止めるところピチッとを止める優雅なダンスでした。
    気品あふれるお蝶夫人。彼女にぴったりだと思います」

記者 「坪井、冨岡のお蝶夫人は、気品という言葉が本当に似合いますね。
    では変わって、緑川蘭子役の酒井、米澤はどうでしょう?」

聖橋 「緑川は、やはり酒井亜沙美を持ってこないわけにはいかないです。
    抜群の存在感、威厳的なオーラ。緑川にピッタリですよ。
    米澤の方は、少し穏やかな表情にはなりますが、
    目で威圧してほしいですね(笑)
    演技力は言うまでもなく素晴らしいので、頑張ってほしいです」

記者 「常にキャスティングに困る愛川牧役ですが、
    今回も4人。川田、渡部、冨田、児玉が入りました」

聖橋 「目新しいところでは、やはり冨田麻帆でしょうね。
    実力からいけば『岡ひろみ』役も考えたのですが、
    やはりキャラ的に、今回はこちらに回ってもらいました。
    元気で笑顔あふれる表情。
    岡が癒されるのは愛川のこの表情なんですよね。
    それが出来るのは、やはり冨田麻帆だと思います。
    岡ひろみだけでなく、観客にも元気を与えることでしょう。
    愛川は前半の影の要ですからね。ぜひとも頑張ってほしいです。
    
    児玉まりなに関しては、完全にキャラで選びました(笑)
    性格から言えば、まんま愛川牧そのものです!
    面白い(?)性格だし、すごく明るく前向き。
    冨田麻帆とはまったくもって別物の愛川牧を演じることでしょう」

記者 「冨田麻帆の愛川牧を観たいのは当然ですが、
    児玉まりなの愛川牧にも注目ですね(笑)
    そういえば『アルゴ歴代編』で話していた、
    宝刀役、佐藤夕美子の強力なライバルですが、深谷えりかでしたか!」

聖橋 「このマンガを読んだ時、一番初めに思ったのが、
    深谷えりかの宝刀冴子役でした。
    すぐに彼女が演技する宝刀を思いうかべることができましたから。
    もう、ハマリ役すぎて怖いです(笑)
    あっけらかんとした宝刀のあの性格・・・
    深谷えりかの演技に任せておけば安心って感じですね。
    ベストメンバーに、もっとも近いと思います。
    ぜひとも期待してください」

記者 「ずいぶんと入れ込んだ聖橋さん。久々に見ました(笑)
    深谷えりかの宝刀、期待しています。
    では、男性陣の方はどうでしょうか?」

聖橋 「宗方仁には星芝克彦。桂大悟には松岡英明、
    竜崎理事長には桝川譲治。このあたりは問題無いと思います。
    ただ、ミスターレイノルズ役がいないので・・・
    桝川氏に2役を頼むかもしれません。
    明るく清純なイメージの藤堂には林みどり。
    まぁ、大丈夫だと思います。
    
    男子キャプテン尾崎勇に、まずは白数美里。
    ちょっと優しい感じはしますが、
    背の高さも男役としては重要なので、彼女を選択しました。
    演技の方も落ち着いた感じでいいですよ。

    もうひとりの尾崎役には、茨木あゆみ。
    『リボンの騎士』のサファイア役で、相当評価をあげました。
    男装、かなりいいと思いますよ。凛々しいイメージはピッタリですね。
    セリフが聞き取りやすいことも評価に加えました。
    歌は抜群にうまいですね。歌う場面あるかはまだ未定ですが(笑)

    さらに、千葉鷹志役には須藤温子を起用しました。
    3枚目的な役柄なので、彼女かなっ?て感じです」

記者 「毎回争奪戦が繰り広げられる、英玲役。
    今回もまた4人ですね」

聖橋 「可愛らしくて実力ある子が多いから、たいへんなんですよ(汗)
    石井香澄は清楚で、はかなげな感じ。
    清宮愛絵理は元気爆発な感じ。
    西島来美は線の細さで、か弱さと可愛らしさを。
    
熊谷知花は、雰囲気がちょっと石井香澄に似ていますが、
    優しさとフワッととした透明感を。
    いずれにしても、この4人のルックスはかなり高いです」

記者 「尾崎愛役には、関谷彩花、安島丹希が入りました」

聖橋 「尾崎愛は可愛らしくて、ちょっとおとぼけですから、
    ボケキャラは重要です。
    その筆頭が関谷彩花(笑)
    原作にすごく近いですね。面白キャラを爆発させてほしいです。
    関谷とはやや異なりますが、
    落ち着いた感じの安島にも注目してください。
    ルックスは可愛らしく、その表情からのおとけぼけぶりは、
    観客の心に強く印象づけられるでしょうね』

記者 「外人役ですが、面白いところでは、ジャクリーヌ・ビントに本田有希が、
    ジョージィ・ビントに本田有花が入っています。これは狙いですか?」

聖橋 「そうです(笑)
    姉と妹の対立を、この姉妹でやたらやったらどうなるかな〜と思いました。
    穏やかな姉、それに対抗する妹。
    彼女たちがどう表現するのか?私も非常に興味深いです」

記者 「姉妹対決。なかなか面白そうですね。
    ちょっと面白いなっと思ったのは、神谷裕介役で山本愛星と斉藤千晃。
    いい感じですね」

聖橋 「最初はちょっと悩んだのですが、少年、しかも好戦的イメージとなると、
    山本でしょう。ココスマ3では大活躍でしたから、
    斉藤は、やや優しい雰囲気もありますが、
    冷たい雰囲気もこなしてくれることと思います。
    演技力に関しては山本、斉藤ともに抜群ですので問題ありません」

記者 「では最後に、樋口夏代役の2人についてお願いします」

聖橋 「勝目雪菜には、冷淡な演技が望まれます。
    その後の優しい感じの演技は得意ですから、
    前半部分の演技をどうこなすのか、そこが注目でしょう。
    松田美里の樋口役もひじょうに楽しみです。
    意外に冷淡な演技、彼女得意かもしれません。
    冷やかに見つめる視線。なかなかマッチしていると思います。
    その後の優しい表情への変化。
    ここの移り変わりは、松田の方が上でしょうね。
    樋口役はこの二人で、まったく問題ないと思います。

    ココスマ版『エースをねらえ』ご期待ください!」

      
(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優