,
◆  空想キャスティング 『エースねらえ』 南青山少女歌劇団編

エースをねらえ フレンズ 東京メッツ&リトル GANg アルゴ『スタート』 アルゴ歴代 アニー
ココスマイル3再演 アルゴ『誰もがリーダー』 南少 ココスマイル 特別 ベスト

役名 役者名
岡 ひろみ 池田 淑子
藤堂 貴之 広橋 佳以
竜崎 麗華 駒崎 香織
宗方 仁 片岡 香奈子
緑川 蘭子 世永 亜美
音羽 京子 福島 愛
愛川 牧 十川 貴美子
竜崎理事長 湯田 美央
尾崎 勇 飯田 未
千葉 鷹志 菊沢 美和
萩 まちこ 浦壁 多恵、木村 容子
池田 和子 大野 ちひろ
英 玲 堤 加奈子、市川 絵美
宝刀 冴子 坂爪 加奈
美咲 優子 田嶋 亜弥子
美咲の母 玲花
滝 みちる 河内 浪江
香月 茂 篠原 有加西條 由利香
ジャクリーヌ・ビント 大越 史歩
ジョージィ・ビント 久積 絵夢
エディ・レイノルズ 堀川 由理
アンジー・レイノルズ 千葉 紗子
マリア・ヤング 西崎 和子
樋口 夏代 飯尾 麻耶
尾崎 愛 手島 由莉
中尾 若村 梨枝子
神谷 裕介 高野 蘭
令子・アンダーソン 中川 登志子
ベル・ブラウン 菊地 江麗

『エースをねえら』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

聖橋 「南少編は、けっこうスッキリとした選抜となりました。
    最近の動向はわからないので過去のキャストで申し訳ないのですが・・・」

記者 「では、主役の岡ひろみ役を射止めた池田淑子についてお願いします」

聖橋 「正直、主役を選ぶのが一番難しかったです。
    いろいろと考えてはみたのですが、
    ルックス、演技力、岡ひろみのイメージを総合して池田淑子を選びました。
    大越、福島、十川、坂爪、千葉、久積など、そうそうたるメンバーがいますが、
    やはり、岡ひろみのイメージは池田だと思います。
    テニスにかたむける情熱、そして根性を舞台上で見せてほしいですね」

記者 「池田淑子の岡ひろみ、良さそうですね〜!
    期待して待っています。
    竜崎麗香にはお約束(笑)の駒崎香織、そして緑川蘭子には世永亜美。
    予想通りの結果でした」

聖橋 「予想を裏切りたかったのですが(笑)
    いろいろと検討した結果、やはりこの二人に行きつきました。
    お嬢さまパワー全開の駒崎、ライバルパワー全開の世永。
    申し分ないでしょう」

記者 「音羽京子は福島が起用されました。これはどうでしょうか?」

聖橋 「気品あるイジメ役ということで、柔軟性のある福島を起用しました。
    あまり冷たすぎず、柔らかな音羽を演じてほしいです」

記者 「愛川牧役には十川貴美子・・・きましたね(笑)」

聖橋 「みなさんお待ちかねでしょう(笑)
    愛くるしい笑顔、お喋りの達人、もうマキそのものです。
    ここは、すんなり決まりました」

記者 「聖橋氏が常にキーポイントとあげられる、宝刀冴子。
    坂爪加奈が入りました」

聖橋 「意外と、ここは激戦でした。当初、大越、久積、菊沢も考えていましたので。
    そこから選ばれたのが坂爪です。
    気の強い性格にもかかわらず柔軟性を持ち合わせる宝刀。
    ふと、コギャルチックな坂爪のイメージが頭の中で浮かびました。
    外見からの強さ、そして繊細な心の描写。
    そういった点をふまえて彼女に決定です」

記者 「ご苦労さまでした。演出家もなかなかたいへんです。
    では、変わって、男役についてはいかがでしょうか?」

聖橋 「藤堂の広橋はすぐに決まりましたね。爽やかで明るいイメージはピッタリです。
    尾崎勇役の飯田も、なんとかやってくれるでしょう。
    千葉鷹志役の菊沢ですが、じつは他にもやってほしい役柄があったのですが、
    そうなると千葉役が誰もいなくなってしまうので、
    今回はこちらに決めさせてもらいました。
    三枚目役は、やはり彼女にやってもらわないと、舞台がしまりませんから」

記者 「面白いところでは、宗方仁役が片岡香奈子。ぜひうかがいたいですね!」

聖橋 「いえ。特に違和感ないと思いますよ。スラッとした背の高さがあるし、
    威厳ある態度、厳しい視線。演技の幅。すべてにおいて宗方仁にピッタリです。
    ここは彼女しかいないでしょう」

記者 「では、竜崎理事長に湯田美央というのは・・・狙いですか?(笑)」

聖橋 「わかる人にはわかります(笑)」

記者 「他にも、香月茂役に篠原有加と西條由利香。エディ・レイルノズ役に堀川由理。
    神谷裕介役に高野蘭が選出されていますね」

聖橋 「篠原はけっこう少年的な表情も得意ですし、ボケキャラもありますので、
    香月にピッタリではないか?と思いました。
    西條も三枚目役がひじょうにうまく、香月に適任でしょう。
    少年的演技は、西條の得意とするところですから。
    エディの堀川は・・・・・背の高さかな(笑)
    もちろん全編にわたって活躍するので、その演技力も考慮してあります。
    神谷役の高野蘭は、自分としてはかなり気に入ってます。
    気が強く、常にギラギラした表情・・・なぜか高野の向上心に共鳴するんですよ。
    高野がどれだけ少年役をこなせるかはこれからの課題ですが、
    彼女の実力なら、すぐにでも習得できることでしょう」

記者 「可愛らしい英玲役は、堤と市川。
    ここはなにかマニアック的な雰囲気がありますね(笑)」

聖橋 「そうでしょうか?私としては、自然に選んだつもりなのですが・・・
    背が低く、チョコマカと動き回る仕草は堤の可愛らしさが際立ちます。
    ただ、演技力がどこまでできるかは微妙です。
    これは市川にも言えます。ルックスは最強に近いので問題ありませんが、
    演技がどれほどできるのか、ハッキリ言って未知数です。
    二人ともに頑張ってもらうしかありません」

記者 「英玲役・・・意外とたいへんかもしれませんね。
    外人関係では、ジャクリーヌ・ビントに大越史歩。
    ジョージィ・ビントに久積絵夢。
    アンジーレイノルズに、千葉紗子。
    マリア・ヤングに西崎和子が配役されています」

聖橋 「大越は、どっしりとした横綱相撲演技でジャクリーヌを演じてほしいですね。
    メインではなく、やや一歩引いた形での演技に注目です。
    ジョージィ・ビントの久積絵夢もたいへん楽しみです。
    気の強いジョージィをさらに気の強い久積が演じる・・・
    怖いかもしれません(笑)
    アンジー役の千葉も適役です。穏やかな表情で岡ひろみに接するでしょうし、
    ライバルとして戦う時は火花散る表情にも注目です。
    彼女のアンジーも、すごく楽しみです。
    マリア・ヤング役の西崎には、臆することなく堂々した演技をしてほしいですね。
    やや引っ込み思案な感じが見え隠れするので、
    『アメリカ』ナンバー1の実力という部分を全面に押し出して演技するよう、
    演出するつもりです」

記者 「では最後に、樋口夏代役の飯尾麻耶についてお願いします」

聖橋 「地味〜な感じでありながら、どこか未知の力を感じる、それが樋口だと思います。
    その役を演じるのが飯尾麻耶。
    ボケキャラではありますが、おとなしい性格と真面目な性格は、まさに樋口そのもの。
    メガネも似合うでしょうし、動物好きな優しい性格にもマッチします。
    飯尾の眠っている力を、ぜひ、この舞台で開花させたと思っています」

      
(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優