◆  空想キャスティング 『エースねらえ』 アニー編

エースをねらえ フレンズ 東京メッツ&リトル GANg アルゴ『スタート』 アルゴ歴代 アニー
ココスマイル3再演 アルゴ『誰もがリーダー』 南少 ココスマイル 特別 ベスト

役名 役者名
岡 ひろみ 冨田 麻帆、小高 奈月、盛内 愛子
藤堂 貴之 坪井 美奈子
竜崎 麗華 冨岡 真理央
宗方 仁 大和田 伸也
緑川 蘭子 川綱 ゆめ
音羽 京子 岡田 レイン
愛川 牧 伊藤 夕紀、斎藤 彩夏、皆本 麻帆、児玉 まりな
竜崎理事長 平野 忠彦
尾崎 勇 服部 ジュン
千葉 鷹志 清水 彩花
萩 まちこ 岡崎 桂子、成田 真央、新津 つくし
池田 和子 稲川 実花、加藤 結菜、水野 貴以
英 玲 中野 美穂、石井 香澄、苫篠 ひとみ、谷井 里衣
宝刀 冴子 前田 織里奈
美咲 優子 太田 彩乃
美咲の母 西口 久美子
滝 みちる 高松 いく、斉藤 美代、保科 綾子
香月 茂 西川 大貴
ジャクリーヌ・ビント 瀧本 瞳
ジョージィ・ビント 池田 早矢加
ミスター・レイルノズ 桝川 譲治
エディ・レイノルズ 玉手 瑞紀
アンジー・レイノルズ 山下 結穂、保泉 沙耶
マリア・ヤング 橋本 安奈
樋口 夏代 大熊 亜里紗 中西 絵里香、松田 実里、今井 仁美
尾崎 愛 岡崎 愛、池内 菜々美、藤井 ゆりあ、清宮 愛結花
中尾 赤羽 瀬里菜
神谷 裕介 木村 昴
令子・アンダーソン 安藤 由紀
ベル・ブラウン 名児耶 ゆり

『エースをねえら』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

記者 「主役、岡ひろみ役には、ココスマ編では愛川牧役だった冨田麻帆が、
    そして、目新しいところで盛内愛子が選出されました」

聖橋 「やはり一度は彼女にやらせてあげないと(笑)
    三日月瞳で、笑顔が似合う彼女ですが、
    『ココスマ3』では厳格な部分も見せてくれました。
    それを見て、今回彼女を選抜した意味合いがありますね。
    ただ彼女、柔軟性が高いせいか、
    根性とか努力を外見から判断させないタイプなんですよ。
    本当はすばらしいことなのですが、『エースをねらえ』の舞台に関しては、
    そういう部分をあえてお客様に見せるということもあり、
    影でテニスの練習をする、泥臭い裏の部分を見せてほしいと思います。

    盛内愛子に関しては、まずはルックス。
    とても可愛らしいし、笑顔がすてきですね。
    性格的にも、すごくポジティブな印象を受けます。
    柔軟性も高いゆえ、岡ひろみのイメージを損なわないと思います。
    ぜひ注目してみてください」

記者 「なるほど。盛内愛子の岡ひろみ、どんな感じになるのか楽しみです。
    緑川蘭子に川綱ゆめ、音羽京子に岡田レインという、
    2002年アニーが入りましたが、このあたりはどうでしょうか?」

聖橋 「川綱は、感情移入しすぎる点が長所でもあり短所でもあるのですが、
    やはり演技力という点においては秀でてますから。
    重要な緑川を演じてもらいます。
    岡田の方は、柔和な感じよりも、とがったイメージが強いですね。
    ということで、攻撃的な役の急先鋒、音羽役に抜擢しました。
    アニーメンバーは意外に柔和な人が多く、
    厳しい表情を見せる子が少ないのでビックリしました。
    その意味でも彼女の存在は重要です。
    私的にはすっごく楽しみなんですよ、彼女の音羽役」

記者 「たしかに、アニーのメンバーを見ると、穏やかな子が多いですね」

聖橋 「柔軟性のある子はたくさんいるのですが、くせのある子が少ないんです。
    例にあげるとすると、竜崎役の冨岡真理央。
    ルックスが可愛い子は他にもたくさんいますが、それにプラスして、
    威厳ある態度、冷たい表情、という攻撃的な子は見つかりません。
    そういう意味で、冨岡真理央という存在は本当に重要なんです。

    岡ひろみの先輩としてだけではなく、
    日本の女子テニス界において神にも等しい存在。
    にもかかわらず、本人の心には人知れず孤独の闇がおおっている・・・
    その冷たく優雅な振る舞いを行えるのは冨岡しかいないでしょう」

記者 「なるほど。けっこうためになりますね(汗)
    では、攻撃的なこととはまっくた正反対の役どころ、
    愛川牧役についてうかがいます」

聖橋 「ここはハッキリ言って本人のキャラで選んでます(笑)
    児玉まりなは『ココスマ編』で述べましたので・・・
    伊藤夕紀、斎藤彩夏は、間違いなくこの役でしょう。
    明るく、そしてドジ(笑)不思議〜な感覚を持っている子です。
    マンガの愛川牧に決して負けません(汗)
    皆本麻帆に関しては、ちょっと微妙なのですが、愛川役でいいと思います。
    他のメンバーの個性が強すぎるので、ちょっと目立ちませんが、
    彼女には、持ち前の明るさとスピーディーな動きで、
    他の3人とは違う愛川牧像をつくり出してほしいと思っています」

記者 「今回の男性陣は、まずまず無難な人選だとは思いますが、
    やはり気になるのは宗方役の大和田氏。
    若い当時のイメージでよろしいでしょうか?」

聖橋 「そうですね・・・20歳ぐらい若い感じでお願いします(笑)」

記者 「か、かなり昔の大和田さんにお願いしないとですね(汗)
    さて、またもや激戦だった英玲役。
    この4人に決まった理由、ぜひともお聞かせください」

聖橋 「アニー編、本当にここは激戦でした。
    これでもかなり選抜したつもりです・・・
    石井香澄はココスマ編で述べましたので、ここでは省きます。
    中野美穂は、まずはルックス、そして表情の変化の多彩さでしょうか。
    冨田麻帆に負けず劣らず、表情の変化には秀でるものがあります。
    英玲自身、岡ひろみに憧れる部分と、テニスに真剣に取り組む姿勢の、
    二つの顔をもっていますから、それに適応することでしょう。
    苫篠ひとみは、目の輝きがありますね。
    小高奈月のような何かを悟ったような瞳。そこが一番印象的です。
    谷井里衣は、『GANg編』では尾崎愛役でしたが、
    『アニー編』では英玲役に回ってもらいました。
    まさにお人形さんのような可愛らしさです。
    演技の実力は言うまでもないので、
    あとは他の3人とは違った独自の英玲を見つけてくれるとありがたいです」

記者 「ジャクリーヌ・ビント役の瀧本瞳は、
    高貴な雰囲気が漂っていていい感じですね。
    ちょっと面白いなっと思ったのが、
    ジョージィ・ビント役の池田早矢加です。
    彼女も不思議〜な感覚をもった子ですよね」

聖橋 「瀧本は、やはりここでしょうね。他のメンバーよりもお姉さんですし、
    優しさと力強さを兼ね備えていますから。
    ジャクリーヌ役で、みんなを引っ張っていってほしいですね。
    池田のジョージィ・ビント役は、なかなかハマリ役だと思います。
    明るくおんてばな性格、無口で冷淡な性格、天然ボケ全開の性格と、
    どんな性格でも無難にこなしてしまいます。
    イメージ的に、ジョージィ・ビントもひろみと仲が良かったり、
    ライバルとして真剣勝負を挑んできたりと、気持ちが変化していくので、
    それをうまくこなすせるであろう池田早矢加を、ここでは抜擢しました。
    とても万能な子なのですが、
    ただ、ちょっと背が低いということもあり、つかいどころが難しいです」

記者 「
樋口夏代役は、ほとんど同じメンバーが選出されました。
    変わったところでは、今井仁美でしょうか?」

聖橋 「今井仁美の冷たい演技に注目です。もちろん、最初の方だけですけど。
    後半は心の優しい少女だということがわかり、
    微妙な心の移り変わりの演技にも期待したいです」

記者 「では最後に、尾崎愛役の4人についてお願いします。
    ここもかなり凄いことになっていますね(笑)」

聖橋 「なぜでしょうか(笑)
    キャラ的には、意外と清宮愛結花が最有力かもしれません。
    一見するとフワフワ〜としたのんびり屋タイプのようですが、
    じつは、かなり明るい性格です。
    ドジな演技、けっこう上手いですよ。
    
    演技の実力からいうと、池内菜々美でしょうか?
    非常に舞台映する女の子ですし、なによりも演技力が抜群。
    ボケキャラも似合うでしょうね。

    岡崎愛、藤井ゆりあ、ふたりとも可愛らしいし、演技力にも定評があります。
    特に藤井ゆりあの成長は、目を見張るものがありますね。
    いずれアニーの主役狙えるほどの感じがします。
    4人それぞれキャラが被らないので、ある意味新鮮な感覚で、
    尾崎愛役を演じてもらえるものと思っています」

      
(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優