◆  空想キャスティング 『ガラスの仮面』 ベストメンバー編

ガラスの仮面 アルゴ『スタート』 アルゴ歴代 ココスマイル GANg 南少
東京メッツ&リトル アニー 特別 ベスト

役名 役者名
北島 マヤ 大越 史歩/斎藤 千晃
姫川 亜弓 浅川 千裕
沢渡 美奈 玉手 瑞紀
春日 泰子 岸 あず美
青木 麗 広橋 佳以/渡部 瑞貴
水無月 さやか 大熊 亜里紗/鳥井 潤子
田淵 エミ 安達 祐実
金谷 英美 神岡 実羅乃/久積 絵夢
速水 真澄 真矢 武士
桜小路 優 加賀谷 一肇/KANNA
鷹宮 紫織 棚橋 幸代/桂 亜沙美
乙部 のりえ 十川 貴美子/高瀬 友規奈
里美 茂 佐野 瑞樹
真島 良 岡田 真彪
麻生 舞 勝目 雪菜
堀田 太一 俵 和也
二の宮 恵子 長谷川 桃
田部 はじめ 手塚 宏樹
細川 悟 小林 一徳
長谷川 良一 秋山 純
北島 春 大原 ますみ
月影 千草 大竹 しのぶ/今 陽子
源造 児玉 謙次/小倉 久寛
姫川 貢 名高 達男
姫川 歌子 坪井 美奈子/五条 まい
小野寺 一 桝川 譲治
黒沼 龍三 大和田 伸也/安崎 求
水城 冴子 宮島 依里/瀧本 瞳
聖 唐人 津田 英祐
速水 英介 永井 秀明
赤目 慶 平野 忠彦
杉子 赤羽 瀬里菜
間 進 岡田 剛義
原田 菊子 日向 薫
結城 麻江 深谷 えりか
ピーター・ハミル 川平 慈英
北白河 藤子 シャンディー・圭
円城寺 まどか 秋山 静香

『ガラスの仮面』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

聖橋流による、『ガラスの仮面』ベストメンバーです。
以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

聖橋 「これでもかなり絞り込みました。
    基本的に各一名ずつを予定していたのですが、
    どうしてもWキャストを使いたいところもあり、
    今回のキャスティングとなりました」

記者 「難航した北島マヤ。
    やはり、南少の大越史歩に決まりましたね。ここは誰もが納得するところ。
    そしてダブルに斎藤千晃!
    これはかなり意外ですが?」

聖橋 「大越の実力は言うまでもありません。
    マヤとしての資質をすべて兼ね備えています。
    マヤの千変万化の表現力を舞台上で発揮出来るのは、
    彼女しかいないでしょう。
    斎藤の方は、たしかに未知数です。
    セリフ口調がやや早口なところもありますが、
    これから、それを修正していくつもりです。
    しかし、なんといっても彼女の魅力は、
    誠実さと、他の色に染まっていない未完成なピュアの部分だと思います。
    マヤの舞台にかけるピュアの心が彼女の心と似通ってるんですよ。
    十分に大役を果たせると思いますね」

記者 「二人のマヤ、劇場で拝見したいと思います。
    そして、姫川亜弓には『GANg』等で活躍した浅川千裕に決定しました」

聖橋 「たぐいまれなルックス、演技としての実力、表情の表現能力、
    気品あふれるオーラ。他にもたくさん候補がいたのですが、
    それらを総合的に判断して彼女に決めました。
    マヤ同様、この姫川亜弓にも注目してください。
    もしかしたら、彼女が主役のお株を奪うことも考えられますから」

記者 「大越、斎藤との対決が見物ですね。
    さて、月影メンバーは沢渡に玉手瑞紀、春日に岸あず美、
    このあたりは無難ですが、
    要と思われる青木麗には広橋佳以、渡部瑞貴のWキャスト。
    水無月さやかには大熊亜里紗、鳥井潤子のWキャストとなっています」

聖橋 「玉手には、気品があって、さわやかな沢渡がピッタリです。
    春日は他のメンバーと比べると地味ですが、
    マヤを支える役としては重要ですし、ここには抱擁力ある岸を選びました。
    青木麗はかなり難航しましたが、清廉で男装の似合う広橋、
    そして3枚目役に適応できる柔軟性ある渡部を選びました。
    二人とも原作のイメージに近いですし、うまくハマルことと思います」
    
記者 「常に難航していた水無月さやか役ですが、
    最終的には大熊亜里紗と鳥井潤子が残りました。この点は?」

聖橋 「基本的には、やはり原作のイメージに近いところっていうのがありますね。
    その点、この二人なら任せて安心という感じがあります。
    二人とも演技力にかけては定評あるし、
    細目ながら表情の表現力は抜群ですから」

記者 「激戦続きで申し訳ありませんが、
    金谷英美役に、神岡実羅乃と久積絵夢のWキャスト。
    乙部のりえ役に、十川貴美子と高瀬友規奈のWキャスト。
    このあたりについても、うかがいたいですね」

聖橋 「本当に激戦でした(笑)
    金谷役には、入絵加奈子や小林登美子、澤田祥子、本田有花など、
    そうそうたるメンバーがひしめきあっていたのですが、
    絶妙な間のとりかたを肌で感じとることができる神岡と、
    鬼気せまる演技が魅力的な久積をキャスティングしました。
    乙部役には、やはり実力ある高瀬友規奈でしょうね。
    前髪を目のあたりまで下ろしたら本当にそっくりですから。
    髪をあげた時の美少女ぶりも発揮してくれそうです。
    十川の方も負けていません。
    お下げのところとか、イメージ的には彼女の方がピッタリですね。
    生意気そうな表情はお手の物。
    マヤに成り変わっての縦横無尽の演技にも注目したいです」

記者 「ちょっと変わったところでは田淵エミ役ですが・・・・・」

聖橋 「わかる人にはわかります」

記者 「そ、そうですね・・・・・では、男性陣についてうかがいます。
    速水真澄は、やはり真矢武士。これは当然ですね。
    そして、桜小路役には、加賀谷一肇とKANNAのWキャストです」

聖橋 「速水役の真矢は申し分ないです。
    桜小路は、本来、加賀谷ひとりでやってほしいのですが、
    まだシングルというのは怖いものがあるので、
    KANNAをWキャストに選択しました。
    
やはり、柔和な表情など桜小路の雰囲気を出す演技力は、
    KANNAの方が上です。
    ですが、加賀谷の男子としての桜小路役を発揮してほしいこともあるです、
    ぜひこの役を全力で取り組んでほしいと思います」

記者 「劇団一角獣は、意外と無難に配役が決まったようですが?」

聖橋 「ええ。特に問題はない配役だと思います。
    要は、リーダー堀田役の俵和也と、二の宮役の長谷川桃。
    この二人なら、いろいろやってくれること間違いなしです」

記者 「大人キャスト陣は、適役、当たり役が多いですね。
    ただ、その中でもちょっと気になるのは、
    月影千草役。大竹しのぶと今陽子のWキャストですが、
    大竹ひとりというのはやはり厳しいでしょうか?」

聖橋 「月影の怖い演技、鬼気せまる瞳、表情。
    大竹も十分にこなせるでしょう。
    ただ、微妙に柔らかな部分があることも事実です。
    その部分を補うためにも、やはりWが必要と考えました。
    そこで激しい月影を演じることができる今陽子を選びました」

記者 「大人キャストでは、
    姫川歌子役もWキャストで、坪井美奈子、五条まいとなっていますが?」

聖橋 「ここも月影役の意味合いと似ています。
    本来なら坪井で決めたいのですが、
    柔和な表情が多いのが気がかりでした。
    そこで、気品あふれる令嬢、そして厳しい表情も演技できる五条を、
    Wキャストとして選択しました。
    彼女には円城寺まどか役も検討していたのですが、
    『奇跡の人』のサリヴァン役も、とても魅力的ですので、
    姫川歌子にキャスティングしました」

記者 「これで『ガラスの仮面』のキャスティングはすべて終了ですね。
    お疲れさまでした。ぜひこのベストメンバーを舞台で拝見しようと思います」

聖橋 「豪華キャスト陣でお贈りする、舞台『ガラスの仮面』
    ぜひ御観劇ください」
    
(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優