◆  空想キャスティング 『ガラスの仮面』 特別編

ガラスの仮面 アルゴ『スタート』 アルゴ歴代 ココスマイル GANg 南少
東京メッツ&リトル アニー 特別 ベスト

役名 役者名
北島 マヤ 柊 瑠美
姫川 亜弓 石神 唯/藤澤 志帆
沢渡 美奈 奈良 綾佳
春日 泰子 安藤 盟
青木 麗 竹内 リサ/土橋 加奈
水無月 さやか 関谷 愛里紗/大田 ななみ
田淵 エミ 末永 遥
金谷 英美 入絵 加奈子/神岡 美羅乃
速水 真澄 真矢 武士
桜小路 優 加賀谷 一肇
鷹宮 紫織 桜井 智
乙部 のりえ 山城 結布
里美 茂 佐野 瑞樹
真島 良 岡田 真彪
麻生 舞 内田嶺衣奈
堀田 太一 細木 光太郎
二の宮 恵子 山本 夏海
田部 はじめ 三浦 勉
細川 悟 黒田 勇樹
長谷川 良一 秋山 純
北島 春 大原 ますみ
月影 千草 大竹 しのぶ
源造 山中 堂司/小倉久寛
姫川 貢 名高 達男
姫川 歌子 五条 まい
小野寺 一 目黒 祐樹
黒沼 龍三 荒川 亮
水城 冴子 宮島 依里
聖 唐人 川平 慈英
速水 英介 末永 明光
杉子 金村 じゅりや 
原田 菊子 富永 み〜な
結城 麻江 川野 礼絵
円城寺 まどか 櫂 さはる

『ガラスの仮面』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

アルゴ、ココスマ等以外で、私が観劇した役者さんによる特別キャスティングです。
ある意味、かなりマニアックです(笑)
以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

記者 「特別枠ですが・・・結果、マヤ役は柊瑠美ですか?」

聖橋 「アルゴ、ココスマ等以外で、いろいろ考えたのですが、意外と人材少ないんですよ。
    試行錯誤しながらも、結局、柊瑠美しかいませんでした。
    素朴ながらも光るものがある・・・そう考えると、柊が最良でした」

記者 「そして亜弓役が、石神唯と藤澤志帆。
    藤澤はイマジン関係で活躍していて、『小公女セーラ』ではセーラを演じていました」

聖橋 「どちらかというと、お嬢様役の方が似合う気がしますね。
    気品漂っているし、落ち着いているし・・・ただ、ちょっと柔和な表情があるので、
    これから、冷たい表情を勉強してほしいですね。そうすれば亜弓に近づくことでしょう」

記者 「で、問題が、石神唯。知ってる人いるんでしょうか?(笑)」

聖橋 「『イノセント・ムーン』の舞台で、ルナ役の女の子です。たしか当時は高3かな?
    あまり知られてはいませんが、かなり実力のある女の子です。
    藤澤と同じく、表情の柔らかい女の子なので、
    冷たい、お嬢様オーラはこれから勉強してもらいます。
    人気爆発、間違いなしですね。今から断言しておきます」

記者 「そうですか。聖橋さんがそこまで言うのなら、相当な子なんでしょう。
    舞台初日、彼女の演技に注目しています。
    さて、いつもながらの月影メンバー。
    要の青木麗役に、竹内リサと土橋加奈。これは・・・・・どうなんでしょう?!」

聖橋 「二人とも知られてないですね・・・・・
    竹内は『POWER for the PEACE』で、遥夏役の女子です。
    顔だちが品よく整っているし、知的美人って感じでしょうか。
    コメディ系は得意ではないかもしれませんが、ぜひものにしてほしいです」

記者 「土橋加奈は・・・・2002年『kiddy』でミオ役の女の子ですね?
    聖橋さんは、相当彼女をかっていたみたいですけど・・・・・」

聖橋 「はい、そうです。だから入れました(笑)
    かなり独断と偏見があるのはいうまでもないです(汗)
    ルックスはいいし、スラッとした背の高さもある。
    青木麗の男装も見事にこなしてくれるでしょう。
    ただ、演技はまだまだなので、これからの特訓に期待ですね」

記者 「そして水無月さやか役、関谷愛里紗と大田ななみが入ってきました」

聖橋 「現時点では、この二人でしょうね。
    関谷愛里紗の実力は年々上がっていて、ダンスは素晴らしいものがありました。
    演技も『小公女セーラ』を経験したことによって、かなり上達しています。
    できたら、顔の表情の作り方を、もうすこし勉強してほしいですね。
    大田ななみは、まずは可愛らしいルックス。
    演技力は、正直未知数ですが、期待をこめて抜擢しました」

記者 「さて・・・・・言わずに言られないのが、田淵エミ。
    ここを末永遥というのは・・・・・」

聖橋 「わかる人にはわかります。ここのコメントは以上」

記者 「・・・で、ですよね。では、金谷英美役に入絵加奈子と神岡美羅乃。
    ここはすごいですね」

聖橋 「入絵は、『ミス・サイゴン』で主役のキムをやったほどの実力者です。
    しかも、子供ミュージカルでは柔軟性にとんだ役柄を演じています。
    その演技の幅というのは凄まじいものがありますね。大本命でしょう。
    しかしWキャストとなる、神岡も負けてはいません。
    2000年アニーの実力は伊達ではないです。
    舞台におけるテンポというものを嗅覚で感じとることができるんですよ、彼女は。
    演技力については他のアニーを凌駕するほどの実力。彼女の金谷にも注目です」

記者 「ここの二人の金谷は大注目ですね。
    今回、男性の大人キャストはかなり豪華になりました。
    特に速水真澄役に真矢武士。これは異論ないでしょう」

聖橋 「はい。ここは大助かりですね。先に言いますけど、ベストメンバーとしても、
    彼しかいません。ここは絶対です。
    惚れ惚れするルックス、しなやかな動き、張りのある歌声。完璧でしょう」

記者 「おおっ!ベストメンバーに確定ですか。でも、たしかに彼しかいませんからね。
    源造役に山中堂司、小倉久寛と、ここもかなり原作に近いです」

聖橋 「山中は、『七つの海のティコ』ではアル役を好演でした。源造にピッタリです。
    そして小倉も源造のイメージに近いです。やや毛深いのが難点ですが(笑)
    実力は二人とも伯仲ですから、原作にこだわらない演技を期待します」

記者 「ちょっと気になるのが聖唐人の川平慈英と、速水英介の末永明光。
    ある意味、ここもマニアックです(笑)」

聖橋 「聖は、原作のルックスも『どこぞのお国の人?』って感じで、
    川平にピッタリだと思いますよ。
    もちろん、落ち着いた冷静な演技を期待していますけどね。
    そして、速水英介の末永明光。
    長靴をはいたネコで大魔法使い役をやっていましたが・・・・・
    わかる人にはわかります(笑)」

記者 「ちょっと微妙な表現が怖いです(汗)
    さて、今回は男子もかなり充実してますね。
    桜小路の加賀谷一肇、里美茂の佐野瑞樹、真島良の岡田真彪と、
    ルックス良し、そして、演技もできる役者がそろっています」

聖橋 「桜小路の加賀谷はいけるでしょう。普段の雰囲気からそんな感じしますから。
    そしてアイドルにはアイドル。ということで、ジャニーズの佐野瑞樹。
    さらには、ちょっと年齢は低いですが、そのルックスと実力を考えて岡田真彪
    面白い配役だと思いますよ」

記者 「重要メンバーのひとり、乙部のりえ役に山城結布。ここは意外でしたね」

聖橋 「元アニーズの女の子ですね。でも、けっこう他の舞台でも活躍されてます。
    基本的にルックスがかわいらしいですし、演技力もある。
    乙部役は、他にもいろいろと候補があがったのですが、
    新鮮さということで彼女を抜擢しました。ぜひ頑張ってほしいです」

記者 「劇団一角獣ですが・・・
    これは、個々の役者さんのファンの方に怒られませんか?(笑)」

聖橋 「う〜ん、でも一角獣のメンバーは、みな重要ですからね。
    あまり原作のイメージにこだわる必要はないと思います。
    特に、二の宮恵子役は山本夏海ですからね。
    低年齢がネックでしたが、その実力と迫力は二の宮にピッタリでしたので、
    なんとか他の人を説得してキャスティングしました(笑)
    ぜひとも、パワフル二の宮を演じてほしいです」

記者 「女性の大人キャストに目を向けると、やはり月影千草役の大竹しのぶでしょう」

聖橋 「姫川歌子も考えたのですが、正直『華』がいまひとつだったもので・・・・・
    ここは重量感ある月影役を演じてもらうことにしました。
    怖い演技も、彼女得意ですから。
    北島マヤ役は射止められませんでしたが、月影役を頑張ってほしいです(笑)」

記者 「彼女も『ガラスの仮面』のファンですからね。
    大竹の姫川役を奪いとった(?)五条まい。彼女はどうですか?」

聖橋 「いいですよ。元宝塚ですから。『赤ずきんチャチャ』や『りりかSOS』でも、
    役に対しての適応力はすばらしいものがあります。
    ルックスと気品、さらには歌にダンス。ここまで整ってるとなると、
    やはり姫川歌子をやらさぜるをえないでしょう」
    
記者 「新鮮味あふれるこの舞台の成功、期待しています」

 
(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優