◆  空想キャスティング 『ガラスの仮面』 アルゴ歴代メンバー編

ガラスの仮面 アルゴ『スタート』 アルゴ歴代 ココスマイル GANg 南少
東京メッツ&リトル アニー 特別 ベスト

役名 役者名
北島 マヤ 篠原 美紀/飯田 美心/清水 彩花/中村 桃花
姫川 亜弓 木内 麻理/桂 亜沙美
沢渡 美奈 岸田 有子/岡田 茜/村田 麻衣/羽生 七菜
春日 泰子 土田 あい/檜山 恵理子/小山 菜穂/柳 志乃
青木 麗 佐藤 夕美子/伊藤 育己/冨岡 真理央
水無月 さやか 池田 早矢加/牧島 沙織/豊岡 美弥歌
鳥井 潤子/柳澤 伶弥/近藤 久美絵
田淵 エミ 船越 真美子/吉永 まりや/三島 知子
金谷 英美 小林 登美子/澤田 祥子/高田 さとみ
速水 真澄 津田 英祐
桜小路 優 坪井 美奈子/檜山 愛子/河合 篤子
鷹宮 紫織 加藤 裕月/加賀 千尋
乙部 のりえ 川田 志織/樋口 智恵子/久積 絵夢
渡辺 麻衣/十川 貴美子
里美 茂 山崎 育三郎/江口 舞
真島 良 本田 有花/米澤モモ/笹本 玲奈/白石 健二
麻生 舞 柴原 史佳/外山 亜里奈/勝目 雪菜
堀田 太一 俵 和也
二の宮 恵子 染谷 妃波/渡部 瑞貴
田部 はじめ 手塚 宏樹
細川 悟 小林 一徳
長谷川 良一 内藤 大希
北島 春 長島 涼子
月影 千草 茂木グレース美香/田中 雅子
源造 小池 浩司
姫川 貢 鴨田 隆紀
姫川 歌子 真織 由季
小野寺 一 桝川 譲治
黒沼 龍三 安崎 求
水城 冴子 安藤 聖
聖 唐人 駒田 はじめ
速水 英介 小宮 健吾
杉子 高梨 あゆみ
原田 菊子 青木 FUKI
結城 麻江 郡司 あやの 
間 進 高梨 光 
円城寺 まどか 福島 愛/太田 彩乃

『ガラスの仮面』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

アルゴ歴代メンバーの夢キャストです。
ひとりにしぼれず、Wキャスト、トリプル以上になってます(笑)
以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

記者 「まだ決定ではないみたいですね?」

聖橋 「人材豊富すぎて・・・これでも厳選したんですけど。
    とりあえず、このメンバーで様子を見ます」

記者 「まずは注目の北島マヤ役。篠原美紀、飯田美心、清水彩花、中村桃花の4人。
    アルゴ歴代メンバーですが、最近活躍した方が多いですね」

聖橋 「痛いところをつかないでください(涙)
    過去の人もいいけど、正直、実力的には今の子のほうがかなり上ですから」

記者 「篠原美紀は前回お話されましたが、
    アルゴ『スタート』では姫川亜弓役の飯田美心を、
    起用したのは?」

聖橋 「現段階での素朴さかな?かなり美人になりつつあるので、今がギリギリです。
    演技の幅がそれほどあるわけではないけど、
    篠原美紀とは違ったマヤ役をやってほしいですね」

記者 「清水彩花、中村桃花は?」

聖橋 「清水、中村ともにとりたてて美人ではないです。
    でも、舞台上では、おそろしいほどの存在感を発揮します。その点ですね。
    個人的には中村桃花を一番手としてます。背が高いのがネックではあるけど」

記者 「対する姫川亜弓。木内麻里、桂亜沙美ときました」

聖橋 「前回も言いましたが、まずはルックス重視。
    そして演技、ダンス。歌。さらには存在感。
    その5点をクリアしたのがこの二人です。
    木内のお嬢様でありながら自然らしさをかもし出す雰囲気、
    対して物憂げな表情がよく似合う、ちょっと影があるようにみえる桂亜沙美。
    じつは意外と両極端なんですよ」

記者 「なるほど。明るく真っ直ぐな木内と、やや影のある桂ですか。楽しみですね。
    月影メンバーは、かなり多数配役されてますが、まずは青木麗」

聖橋 「佐藤夕美子は、いうまでもなく実力ありますが、やはり注目は、その破天荒さ。
    荒々しいところを見せてほしいです。
    伊藤育己のとぼけた感じの青木麗は、なかなか面白いんじゃないかな?
    最右翼は佐藤だけど、伊藤の青木麗役もすてがたいです。
    冨岡真理央も面白い存在。やや美少女系が入ってますが、
    ボーイッシュな役柄も大丈夫でしょう」

記者 「沢渡美奈、春日泰子役に、けっこう有名な方が入ってますね」

聖橋 「他の役に割り当てることができず、ここにエントリーされてます。
    岸田有子、村田麻衣、土田あい、小山菜穂、柳志乃など、
    もっと良い役をあげたいのですが、ここで勘弁してください。
    そのぶん、『真夏の夜の夢』は、すばらしいキャストになることでしょう」

記者 「水無月さやかは・・・・・ど〜するんですか?(笑)」

聖橋 「月影メンバーではナンバー2の存在ですから、かなり重要です。
    一応、池田早矢加が一番手ですね。あのダンスの俊敏な動き、そして演技力、
    さらには性格(笑)かなり楽しみです。
    また、柳澤伶弥もハマリ役でしょう。
    彼女だったら『若草物語』マヤに変わって演じてほしいですね。
    近藤久美絵は、現在ではなく『真夏のシンデレラ館で』の時代です。
    落ち着いた演技力には定評あるし、目の演技の使い方がうまいです。
    こちらも楽しみですね」

記者 「ある意味、重要な田淵エミ。
    船越真美子、吉永まりや、三島知子のトリプルですが?」

聖橋 「吉永は前回述べたので省略。前回、乙部のりえ役の船越ですが、
    今回は乙部役がかなり難しいので、こちらに回ってもらいました。
    アイドル的ルックスは言うまでもありません。特に問題ないです。
    三島知子は元アニーです。可愛らしいルックスなので選びましたが、
    正直、他の役もやらせたかったです」

記者 「その乙部のりえ役ですが、なかなか面白い配役となってます」

聖橋 「けっこう皮肉な配役でしょう?私的にはハマッテますね。
    
笑顔が印象的な川田志織ですが、今回は皮肉な笑いという意味で選びました。
    こういう、ちょっと変わった役で、彼女にはもっと弾けてほしいですね。
    意味合い的には、渡辺麻衣も同じです。
    イジメ役ときたら、久積絵夢でしょう(笑)役的には一番合ってます。
    ハズレは絶対無いです。原作以上に怖い可能性大かもしれません。
    変?という意味では十川貴美子。コギャルがうりの彼女ですが、
    こんな役もいいじゃないかな?いじめ役も、きっといい演技してくれるでしょう。
    あまり、可愛らしさをださないようにしてほしいところです。
    樋口智恵子は、ちょっと真面目な部分があるので、
    ここで演技の幅を広げてほしいと思います」

記者 「これは、乙部のりえには大注目ですね。変わって、実力重視の金谷英美。
    この配役はすばらしいですね。すぐにでも観たいです」

聖橋 「小林登美子、澤田祥子、高田さとみ、言うまでもなく、演技の玄人です。
    誰がやっても、すごい金谷英美になることは必至です。
    このトリプルキャストは、3人とも見なければだめでしょうね」

記者 「今回、男性陣、頑張ってますね。
    大人キャストも素晴らしい人材がそろっているみたいで゛、
    前回より楽だったのでは?」

聖橋 「そうですね。
    速水真澄役では津田英祐さん(あんずで哲也役))がいて大助かりだし、
    里美茂役も山崎育三郎が好演してくれそうです。
    いちおう江口舞さんも、抑えとしておいてはいますけどね。
    源造の小池浩司、姫川貢の鴨田隆紀、小野寺一役の桝川譲治、
    黒沼龍三役の安崎求、速水英介役の小宮健吾など、豪華絢爛。
    しかも役に完全にマッチしてます。
    言う事なしですよ」

記者 「ただ、桜小路役は、残念ながら男子ではありませんね」

聖橋 「ええ。たしかに残念ながら、男子を選ぶことはできませんでした。
    桜小路にピッタリ合う男子はいなかったんです・・・・・
    しかし、女子がその穴をしっかり埋めてますよ。
    なによりもまずは、坪井美奈子でしょう。
    あかるく爽やかさを感じる桜小路を演じること、疑いありません。
    河合篤子は坪井よりも、さらに落ち着いた桜小路を演じることでしょう。
    檜山愛子は、前の二人に比べると地味な印象ですが、
    爽やかなイメージはなかなかのものです。二人を上まわる演技を期待します」

記者 「男の役といえば、ヒースクリフこと真島良。
    彼の役は、白石健二が入ってるものの、
    本田有花、米澤モモ、笹本玲奈と女性陣のレベルがかなり高いです」

聖橋 「たしかに、白石はかなり厳しいです。だけど男ですからね。
    なんとか、役をつかみ取ってほしい。
    と、応援したんですが、本田のやや気の強い真島、米澤の柔らかい表情の真島、
    笹本の存在感あふれる夢少年の真島。多彩すぎて、選ぶのたいへんです(笑)」

記者 「「少し視点をずらして見ると、劇団一角獣。けっこう面白そうですね」

聖橋 「リーダーの堀田に俵和也。田部はじめに手塚宏樹、細川悟に小林一徳、
    長谷川良一に内藤大希。まぁ、問題ないでしょう。
    二の宮恵子を染谷妃波、渡部瑞貴が争います」

記者 「アルゴ『スタート』メンバーでの配役では、渡辺は青木麗役ですよね?」

聖橋 「青木は人材豊富だったので・・・となると、ハチャメチャな二の宮をやってほしいと、
    思ったわけです。染谷の、自然で不気味な二の宮も興味ありますけどね」

記者 「ひとつ気になったのは、月影千草役の茂木グレース美香。これは?」

聖橋 「大人キャストも可能だったのですが、若手の勢いもふくめて彼女に決めました。
    『白雪姫ゲーム』での母親役をみれば、十分に対応できると思います。
    抑えとして『真夏のシンデレラ館で』で活躍した田中雅子を入れてはいますが・・・」

記者 「姫川歌子役を真織由季は、いいですね〜!」

聖橋 「ええ。このサリヴァンは私も楽しみにしています」

記者 「水城冴子の安藤聖というのもなかなか・・・」

聖橋 「フフフ・・・この配役は、けっこう気に入ってます」

記者 「円城寺まどかを、太田彩乃、福島愛という、ダンス系でまとめてますね」

聖橋 「ど〜しても、この二人を使いたいですね。
    原作以上に、素晴らしく歌い、踊ってくれるはずです」

記者 「最後に鷹宮紫織役の加藤裕月と加賀千尋は?」

聖橋 「二人とも穏やかで、おっとりタイプ。優しい雰囲気をかもしだしてくれるでしょう」


(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優