◆  空想キャスティング 『ガラスの仮面』 GANg編

ガラスの仮面 アルゴ『スタート』 アルゴ歴代 ココスマイル GANg 南少
東京メッツ&リトル アニー 特別 ベスト

役名 役者名
北島 マヤ 冨田 麻帆/沼田 久美子
姫川 亜弓 浅川 千裕/水野 奈央子
沢渡 美奈 斎藤 美代
春日 泰子 岸 あず美
青木 麗 為田 真美/坪井 美奈子
水無月 さやか 大熊 亜里紗
田淵 エミ 郡司 美樹/茨木 亜由美
金谷 英美 小林 登美子/前田 織里奈
速水 真澄 棚橋 幸代
桜小路 優 KANNA
鷹宮 紫織 諏訪 由紀子
乙部 のりえ 樋口 智恵子/高瀬 友規奈
里美 茂 長谷川 ゆうり/棚橋 麻衣
真島 良 近藤 花/岡本 士輝
麻生 舞 中野 璃奈
堀田 太一 秋山 純
二の宮 恵子 阿蒜 佳織/扇 京子
田部 はじめ 手塚 宏樹
細川 悟 安田 麻人
長谷川 良一 河野 未佳
月影 千草 大木 香枝
北島 春 高橋 雪絵
姫川 歌子 実田 江梨花
小野寺 一 桐生 泰詩
杉子 阿川 麻美
結城 麻江 折本 樹里
水城 冴子 服部 ジュン
速水 英介 郡司 行雄
原田 菊子 大塚 恵子
間 進 福田 奈実
円城寺 まどか 瀧本 瞳

『ガラスの仮面』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

記者 「主役の北島マヤは、やはり冨田麻帆がきましたね。
    しかし、ダブル・キャストが意外や意外、沼田久美子」

聖橋 「2002年4月に冨田の舞台を観たのですが、もうひとつパッとしませんでした。
    表情、演技はいうことないんですが、声に張りがなかったんです。
    本当はシングルにしたかったのですが、
    それが心配で沼田とのWキャストとなりました」

記者 「沼田はどうです?」

聖橋 「かなりいいです。
    たしかにすっごい美人というタイプではありませんが、
    とても可愛らしいし、演技にも迫力あります。
    力の入れるところ抜くところの微妙な表現はまだですが、
    十分にマヤ役をこなしてくれることと思います。楽しみにしていてください」

記者 「対する姫川亜弓が浅川千裕と水野奈央子。これはかなり期待持てますね」

聖橋 「この両巨頭はすごいでしょ?(笑)
    美人で、顔の表現力にかけては天性の才能を持つ浅川、
    同じく美人で、演技をそつなくこなす水野。
    亜弓役は、この二人で決まりですね。言う事なしです」

記者 「月影メンバー、面白いところでは青木麗役に坪井美奈子、
    為田真美が入ってます」

聖橋 「坪井は『アルゴ歴代編』で桜小路を演じていますが、
    今回はそこにKANNAが入ってしまったので、青木麗役にしてみました。
    男装が似合うことは言うまでもないでしょうし、3枚目役もやらせたいですからね。
    また、為田真美はルックス抜群の女性らしい優しさをかもしだす女の子ですが、
    それを逆に考え、男装の達人、青木麗にしてみました。
    スラッとしたスタイルだし、悪くないと思いますよ」

記者 「為田の青木麗は、ぜひとも観たいですね!
    けっこう難航する水無月さやか役が、大熊亜里紗だけとは意外でしたね」

聖橋 「いろいろ考えてたんですけど、
    なぜか彼女の水無月さやかが頭に浮かぶんですよ。
    イメージ的に彼女がピッタリのせいかな?
    顔の表情とかも似ているし、演技力もあるということで、問題ないでしょう」

記者 「スーパーアイドル田淵エミを、郡司美樹と茨木亜由美、これは?」

聖橋 「郡司美樹は、ルックス的に問題ないでしょう。
    茨木亜由美の場合は、地で勝負です(笑)
    ホワホワ〜とした感じを見せてくれれば、役をつかんだも同然です」

記者 「金谷英美を小林登美子と前田織里奈。
    小林のことは前回聞きましたが、前田を起用した理由は?」

聖橋 「やはり演技の実力ですね。玄人好みのその実力は、
    金谷役が適任です。小林に匹敵するくらいの、
    鬼ババとヘレンが観られることでしょう」

記者 「桜小路優役のKANNAさんは当然ですね」

聖橋 「ええ。これは絶対です。まちがいなくハマルでしょう」

記者 「速水真澄に棚橋幸代。これは?」

聖橋 「まずはルックスでしょうね。浅川や水野に負けないくらいのルックス。
    それに対抗できるのは彼女と諏訪ぐらいでしょう。
    そこで、より柔軟性の高い棚橋を選びました。
    実力は十分だし、けっこういい配役だと思います」

記者 「なるほど、で、もうひとりのルックスのいい諏訪を鷹宮紫織ですか」 

聖橋 「そうですね。ここは絶対にルックス重視にしたいので、彼女を選びました」

記者 「乙部のりえを樋口智恵子と高瀬友規奈。
    高瀬は『ココスマイル編』では里美茂役ですが、今回は乙部ですか?」

聖橋 「彼女は柔軟性に優れていますからね。いろんな役を演じることができるんですよ。
    今回は乙部役にしてみました。
    前髪を目が隠れるほど垂らすと、乙部そっくりになりますよ。
    そして、マヤをおとしめたあとに見せる、してやったりの表情。
    相当すごい乙部になること間違いなしですね。私も楽しみです」

記者 「劇団一角獣は、けっこう無難にまとまりましたね」

聖橋 「ええ、ここはうまくまとまりましたね。特に違和感は無いと思います」

記者 「大人キャストに目を向けると、小野寺役に桐生、月影役に大木、
    円城寺役に瀧本。なかなか面白い配役となっていますね」

聖橋 「桐生の小野寺は、かなり怖いですよ(笑)
    ハマリ役でしょうね。
    ガンガン月影メンバーをいじめてほしいです。
    重要な月影には大木。異論は無いんじゃないかな?
    ある意味一番苦労した人だし、
    ベテランの味というものを、思う存分見せつけてほしいです。
    円城寺の瀧本は歌も演技も一級品。
    ダンスもマズマズだし、彼女なら大丈夫でしょう。
    イサドラの舞台期待したいです」


(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優