◆  空想キャスティング 『キャンディ・キャンディ』 アルゴ 新子猿物語編

キャンディ・キャンディ ココスマイル 南少 東京メッツ&リトル アルゴ『新子猿物語』

役名 役者名
キャンディ 加藤瑞貴
アルバート 岩淵憲昭
アンソニー 飯田美心
テリー 高瀬友規奈
ステア 西川大貴
アーチー 小高奈月
アニー 船越真美子
パティ 柴原史佳
イライザ 清水彩花
ニール 加賀谷一肇
ポニー 大方斐紗子
レイン 岡田茜
ドリス 塚田唯依
ジミー 吉田佑
ルイゼ 本多有希
クッキー 堀広希
フラニー 平林靖子
マクレガー 菱谷紘二
スザナ 本田しおり

『キャンディ・キャンディ』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

記者 「主役のキャンディには、加藤瑞貴が選出されました。
    これはけっこう意外でしたね!
    ココスマ編で飯田美心が選出されていたので、
    そちらの可能性も強かったと思いますが?」

聖橋 「アルゴ『新子猿物語編』では人数が限られているため、
    全体的なバランスを考えた配役でもあります。
    『新 子猿物語』での加藤瑞貴は、
    メインキャラでないにもかかわらず、
    表情、そしてダンスと強く印象に残りました。
    演技的な部分はまだまだかもしれませんが、
    その新鮮さを大いに発揮してもらうべく、
    今回大抜擢いたしました。
    
    何色にも染まっていない白紙状態ということもあり、
    加藤瑞貴がどんなキャンディを演じるのか、
    私自身たいへん楽しみにしています。
    もちろん、多少私から演技の指導はおこないますが、
    基本は彼女の自主性に任せることにしています」

記者 「加藤瑞貴がキャンディをどんな風に演じるのか、
    私も楽しみしています。
    ココスマ編でキャンディ役に選出した飯田美心は、
    今回アンソニー役に配役されました。
    この意図はいかがでしょう?」

聖橋 「男性キャストがいるので、アンソニー、ステア、
    テリー、アーチーなどを配役しようと考えたのですが、
    なかなか思うような配役ができませんでした。
    加賀谷一肇も考えたのですが、
    テリー役を高瀬友規奈と決定しているため、
    (詳細はココスマ編を参照)
    彼がアンソニーだと、顔だちや雰囲気が似てしまうんですよ。

    舞台として、似た感じは避けたいため、
    瞳が大きく、清純なイメージ(?)がある飯田を配役しました。
    真面目すぎる役で、微妙に難しいとは思いますが、
    この役で、三枚目のイメージを払拭してもらいましょう(笑)」

記者 「たしかに最近、美少女キャラが薄れてきてますから(笑)
    アンソニー役で、再び取り戻したいですね。
    私個人的には、アーチー役の小高奈月が気に入ってます。
    美男子で、二枚目と三枚目の性格を持つアーチーは、
    奈月にとってすごく適役ですね」

聖橋 「アンソニー、ステア、アーチーのトリオで、
    最後まで生き残るのは彼だけですから。
    歴史の流れを感じさせる役、それがアーチーです。
    ここはやはりベテランの小高奈月をもってこないと、
    舞台がピシッ!としまりません。
    彼女の役はすごく重要です」

記者 「女性が重要な男性役を演じている中で、
    ステアには西川大貴、ニールには加賀谷一肇が配役されました。
    このあたりはいかがでしょう?」

聖橋 「ステア役の西川大貴は、ちょっとまだ早いかな〜とも思いますが、
    やはり将来のことを考え、抜擢しました。
    三枚目役は、なかなかうまくこなすと思います。
    たまに目が泳ぐこともありますが、我慢して使っていきたいです。

    ニール役の加賀谷は、正直アンソニー役と迷ったのですが、
    今回は全体的なバランスを考えニールに配役しました。
    たぶん、今まで彼が演じたことの無い役でしょう。
    だいたい二枚目でカッコイイ役ばかりですから(笑)
    だからこそ、期待が高まりますね!
    ニールの嫌味な演技をどうこなすのか、
    私自身たいへん楽しみにしています」

記者 「加賀谷一肇がどんなニールを演じるのか、期待ですね!
    ニールの姉、イライザには清水彩花が配役されました。
    このイライザ役も『キャンディ・キャンディ』の中で要ですが、
    彼女を配役した理由はなんでしょう?」

聖橋 「イライザ役は他にも候補がいたのですが、
    きつい感じで嫌味な演技は彼女が適任かな?と考えました。
    背も高く、相手を上から見下ろして威圧することもできますから。
    新子猿物語ではボケ役を好演でしたが、
    彼女には陰湿で悪役タイプの方が真価を発揮できるような気がします。
    もちろん良い意味で、ですよ。
    また、イライザが美声というのも、けっこう面白いでしょ(笑)」

記者 「なるほど。美声のイライザですか!
    意地悪イライザですが、逆に人気出てしまう可能性もありますね(笑)
    アニー役には、アルゴおなじみの美少女、
    船越真美子が選出されました。
    ここはかなりガチガチな配役ですね」

聖橋 「彼女はアニー役しかないでしょう。
    イライザという逆転の発想もありますが(笑)
    やはり、無難にアニー役でおさめたいですね。
    清楚で物静かな演技を期待します。
    もちろん、京都弁は封印させていただきますよ(爆)
    加藤瑞貴キャンディとのからみが多いので、
    どんな感じになるか、これからとても楽しみです」

記者 「聖橋氏おすすめの女優、柴原史佳はパティ役です。
    この配役はいかがでしょうか?」

聖橋 「そうですね。
    私としては、ほんわかした感じのパティをイメージしています。
    前半部分はおっとりした感じで、彼女の性格とうまくマッチしますが、
    ステアが亡くなった後をどう演じるか、ここに注目です。
    気が強く、荒れた感じのパティをどう表現するのか、
    ある意味、楽しみですね。
    おさげ髪がかわいい彼女ですが、
    今回はショートカットに挑戦してもらいます。
    性格的にも似通った役なので、彼女としてはやりやすいと思いますよ」

記者 「聖橋氏が後半の重要人物と位置づけているフラニー役には、
    平林靖子が選ばれました」

聖橋 「フラニーには冷たい性格をイメージしています。
    清水彩花という選択肢もあったのですが、
    彼女はイライザとして適任のため、平林靖子を選択しました。
    『新 子猿物語』では男の子の役を好演していましたが、
    今回は冷たく影のある役に挑戦してもらいます。
    彼女自身独特な雰囲気があり、ストレートに感情を出す役ではなく、
    物静かで影のある役の方が合っているのではないか?
    と考えたからです。
    演技的にもSETジュニアということもあり、その実力は秀でています。
    期待してください」

記者 「大人の配役についてはいかがでしょう?」

聖橋 「けっこう無難なところですね。
    ポニー役は、大方斐紗子氏しかいませんし、
    キャンディの人間としての成長に重要なマクレガーには、
    菱谷紘二氏しかできません。
    真面目で優しい性格の岡田茜は、レイン役しかないでしょう(笑)
    お姉さんとして、みんなを見守ってほしいです。
    超重要なアルバートが、岩淵憲昭氏ということで、
    ファンとしては賛否両論あることと思いますが、
    岩淵氏の渋いアルバートに期待します」

記者 「ほんと、アルバート役はたいへんですね・・・・・
    では、最後に悲劇の美少女、
    スザナ役の本田しおりについてお伺いします」

聖橋 「彼女も全体的なバランスでしょうか。
    美人で、さらには情熱的な演技が要求されるので、
    魔性の魅力を持つ(笑)本田しおりを選択しました。
    『新 子猿物語』では、
    もう少し弾けてもいいな〜という演技でした。
    意外とサバサバした感じなので、
    彼女の印象、私としては薄かったんです。
    スザナ役はもっと地を出して、
    やや誇張した演技でも良いので、ねちっこく表現してほしいです。
    お昼のメロドラマ風に、キャンディを少しイジメてほしいですね(汗)
    キャンディ、テリーとのからみを今から楽しみしています」

(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優