『キャンディ・キャンディ』登場人物詳細

キャンディス=ホワイト=アードレー
(言わずと知れた主人公。そばかす鼻ペチャのおてんば娘です(笑)明るく素直で優しく、前向きに考える笑顔が似合うな女の子。表情豊かでグリーンの瞳を持つ)
ウイリアム=アルバート=アードレー
(大富豪アードレー家の御曹司。自然を愛する心優しい青年。髭があったり、ロンゲになったり茶髪になったり金髪になったりする。基本的には物静かだが、寡黙ではない。30前後?)
アンソニー=ブラウン
(アードレー一族、ブラウン家のひとり息子。優しくておとなしくてハンサム。パラの品種改良にも取り組んでいた。きつね狩りにて落馬し、命をなくす)
テリュース=G=グランチェスター
(グランチェスター公爵と美人女優エレノア=ベーカーの間に生まれた。通称テリィ。お酒、たばこ、喧嘩等、不良の王道をいく(笑)本来は真面目。孤独を思わせる部分もある。かなり強引な行動力あり。後にブロードウェーでデビューし、トップスターになる)
アリステア=コーンウェル
(通称ステア。アードレー一族、コーンウェル家の長男。発明好きでいろいろなものを作るが、失敗作ばかり。明るく冗談好き。後に志願兵としてフランス空軍に参加。ドイツ軍との空中戦において撃墜される)
アーチーボルト=コーンウェル
(通称アーチー。アードレー一族、コーンウェル家の次男。オシャレでキザな美少年。兄とは仲がいい。行動がストレートで感情的になりやすい)
アニー=ブライトン
(ポニーの家に拾われ、キャンディとは双子のように仲良く育った。サラサラの金髪にかわいらしい顔。性格的にはおとなしく優しい)
パトリシア=オブライエン
(通称パティ。キャンディが聖ポール学院で知り合ったメガネをかけた女の子。最初は気の弱いところも見せるが、徐々に優しく穏やかな感じが見えてくる。意外に気の強い一面も持つ)
イライザ=ラガン
(ラガン家の長女。クルクルたてロールのお嬢さま。わがままで、プライドが高く、思い込みの激しい直情型。とにかくキャンディをいじめ続ける。悪の化身(笑)いちおう、表情豊かで美人ではあるらしい)
ニール=ラガン
(アードレー一族の、ラガン家の長男。イライザの兄。性格がまがっているが、妹よりは気が弱い。弱い者いじめの典型。思い込みが激しく、自分のことしか頭にない。成長してもまったく変わらなかった)
ポニー
(ポニーの家の院長先生。おおらかで優しいおばあさん)
レイン
(ポニーの家で働いているシスター。神経質でしつけにうるさいこともあるが、誰よりもキャンディを心配している)
エルロイ=アードレー
(アードレー家の総長。アードレー一族をまとめる権力者で本家の人。「大おばさま」と呼ばれ恐れられていた。
第一印象からキャンディに対して冷たくあたっていた。後に和解)
コーンウェル氏
(ステア、アーチーの父親)
コーンウェル夫人
(ステア、アーチーの母親)
ローズマリー=ブラウン
(アンソニーの母親。若い頃はソバカスだらけのお転婆だったらしい。緑の瞳を持つ、美しい女性。すでに故人)
ブラウン氏
(アンソニーの父親。船乗り。年中不在。葬式の時に現れる)
ラガン氏
(イライザ、ニールの父親。髭がある紳士)
サラ=ラガン
(イライザ、ニールの母親。 美人だがやや高慢。自分の子供を溺愛している)
スチュアート
(ラガン家のおかかえ運転手)
メアリー
(ラガン家の使用人。キャンディに優しく接していたおばさん。特に台所仕事などを教えていた)
ダグ
(ラガン家のコックのひとり。キャンディに同情し優しく接する。クッキーを焼いたり、お菓子の作り方を教えたりしていた)
ホイットマン
(ラガン家の庭師。まっしろでふさふさの髭がトレードマーク。優しいおじいさん)
プッペ
(アルバートさんが飼っているスカンク)
メキシコの農場主
(ラガン家から引き抜いたキャンディを雇う。しかし、その日のうちにキャンディに逃げられてしまう)
ジョルジュ
(ウイリアム大おじさまの代理人。すべてにおいて無感情。ウイリアムさまの命令は絶対!の人)
ドリス
(アードレー家でキャンディの身の回りの世話をする使用人。無表情で暗い。キャンディの陰口をたたいたり、ちょっと嫌味っぽい。仕事はそつなくこなす)
ジミー
(ポニーの家の子。7歳?元気のいい男の子。アニーに淡い恋心をもつ)
カートライト
(大牧場の経営者。ポニーの家の土地も彼から借りている。
優しいおじいちゃん。キャンディのことを気に入っている)
シスターグレー(ロンドンにある王立聖ポール学院の院長。威厳のかたまり。まゆげがふさふさしている。礼儀と伝統に厳しいが、けっこうものわかりがいい。普段は冷静だが、感情的な面も持ち合わせている)
シスターマーガレット
(聖ポール学院のシスター。ちょっと優しい性格。それほどの厳しさはない)
シスタークライス
(聖ポール学院のシスター。真面目一本やり)
ルイゼ
(聖ポール学院でのイライザの友人。プライドが高くそれなりに美しいが、やることはイライザと同じ。いじめっ子)
エレノア=ベーカー
(ブロードウェイの美人女優。じつはテリィの母親。息子の幸せを心から願っている)
グランチェスター公爵
(テリィの父親。自分からの意思表示をいっさいしない。妻や子、そしてテリィにまで愛想を尽かされる)
ヒューリィ
(パティの飼っている亀)
御者
(ロンドン周辺を流していると思われる辻馬車の御者。学院を出たテリィを追うキャンディを乗せ、港まで疾走した>ハンチング帽と、パイプがトレードマーク。キャンディに人生論を語る)
カーソン
(妻を亡くしてひねくれものの医者嫌いなった男。サム、ジェフ、スージーの子供をかかえる。イギリスからアメリカへ向かおうとするキャンディと出会い、病気で倒れたスージーの介抱を通じて心を通わせる。キャンディが看護婦になろうとしたきっかけにもなった)
サム
(カーソンの子。長男)
ジェフ
(カーソンの子。次男)
スージー
(カーソンの子。長女で末っ子)
ジャスキン
(小さな船会社をサウザンプトン港で営む社長。片目が眼帯で、いっけん怖いが融通の聞く人。友人のカーソンからアメリカを目指すキャンディを紹介され、密航の手助けをした)
クッキー
(船乗りになりたくて時々密航していた少年。)
ニーブン
(豪華客船の船長であったが、部下の過失の責任をとって貨物船の船長となった。温厚で誠実な人柄のおじいさん)
メリー=ジェーン
(メリー=ジェーン看護学校の校長先生。ポニー先生の古い友人。背筋がシャキーンとした、威厳ある人)
フラニー=ハミルトン
(メリー=ジェーン看護学校の優秀な看護生。親に暴力をふるわれて育ち、自分の力だけを信頼している。おしゃべりが嫌い。仕事に対して真剣。キャンディとはあまり打ち解けることはなかった。後に従軍看護婦として戦地に赴く)
ウイリアム=マクレガー
(ヨセフ病院の特別室に入院していた、偏屈な大金持ちでキャンディが初めて受け持った患者。ミーナという名のセントバーナード犬だけを愛する天涯孤独の老人。キャンディの介護により、だんだんと心を開いていく。しかし、花びらが散るなか息をひきとる)
ミーナ(マクレガーさんの愛犬。セントバーナード。)
スザナ=マーロウ
(ストラスフォード劇団の看板女優。テリィに恋をし、落ちてきた舞台用ライトから彼をかばって片足を切断。女優生命を絶たれる)
ロバート=ハサウェイ
(ストラスフォード劇団の団長)
レナード
(聖ヨアンナ病院の副委員長。シカゴでのキャンディの上司。アードレー一族のニールの進言もあり、キャンディをクビにしてしまう)
マーチン
(シカゴでハッピー診療所を経営している腕のいい医者。お酒好き。失業したキャンディを雇う。知恵の輪が趣味)
ドミール=ロアン
(通称ドミィ。ステアとともにフランスの飛行機部隊に志願。少尉。家族がマルヌ会戦でドイツ軍に殺され、残った恋人を守るために戦いに来ていた。そだちがよく、おぼっちゃまっぽい。ステアの発明の実験台にもなる。後にドイツ空軍の攻撃を受け死亡)
デイジー=ディルマン
(資産家の娘。ニールにロマンチックな思いを抱いている)
大家のおばさん
(シカゴでアパート経営を営むおばさん。キャンディたちに一年八ヶ月ほど部屋を貸していた)
ハーディ=シュニッツェル
(第一次世界大でドイツ空軍にいた凄腕のパイロット。ステアと一騎討ちになるが、機銃が不良。死を覚悟するが、ステアに命を救われる。互いに挨拶をするものの、友軍にステア機を撃墜される)
ジュディ=ネッツ
(看護生。細身)
ナタリー=ビンス
(看護生。黒髪のおさげ)
エリナ=マンシー
(看護生。やや、ふくよか)

参考書籍『キャンディ・キャンディBOX』〔情報センター出版局(株)〕

トップ 観劇一覧 空想キャスティング 女優