◆  空想キャスティング 『アタックナンバーワン』 東京メッツ&リトル編

アタックNO.1(アタックナンバーワン) フレンズ 東京メッツ&リトル

役名 役者名
鮎原こずえ 中島由香利
早川 みどり 中野公美子
一ノ瀬 努 久保沙耶香
本郷 俊介 高倉佳奈子
清水 春子 佐達ちはる
桂城 由美 松本有希子
福田 小南千明
柏木 敬子 志村比芽子
中沢 難波美妃
池崎 水野夏海
泉ユリ 半田杏
工藤 ケイコ 宮本佳那子
香取 よしこ 青木愛理
小沢 ゆきえ 佐藤絵理香
いさはら かな 村尾真莉
吉村 さとみ 玉手みずき
垣之内 良子 黒田百合
シェレーニナ 坂越由実子
ボルチンスカヤ 三田真央
三条 美智留 五十嵐りさ
三島 純子 安井理絵
猪野熊 大吾 鈴木里沙
崔(サイ) 新田千尋
ジュンギョク 古川英利子
チェシカ 鵜沢優子
大沼 みゆき 桜井美紀
武市 今井仁美
三原 ゆみ子 安藤亜実
八木沢 香 浅野実奈子
八木沢 静 内野明音
八木沢 桂 山本実奈
石田 松江 良田麻美
猪俣 富取 祐香
山本 みさお 太田 彩乃
白河 てる子 西奈 里紗
藤 ようこ 藤森 えいり
秋月 渡辺 亜伊子
飛垣(ヒガキ) 長谷川桃
真木村 京子 本間 理紗
川地 きみこ 今井 沙那恵
皮ジャンパーのマヤ 池辺 愛
木山 しげみ 水野江莉花

『アタック・ナンバーワン』登場人物、詳細はこちら

総評

以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

記者 「主役の鮎原こずえには中島由香利が決定しました。
    彼女を選んだ理由をお聞かせください」

聖橋 「鮎原は美人ですし、目に特徴があり、
    さらには気の強い性格を演じることができる人物を考えました。
    主役なので華がないとまずいですし、原作ファンからの視線もあります。
    ということで、人選を重ねた結果、中島由香利を抜擢することになりました。

    まずは大きな瞳です。鮎原のイメージとしてかかせません。
    ルックスは美人というよりは可愛い系ですが、
    彼女のなら原作ファンも許してくれるでしょう。
    この年齢にしては色気もあるし、人気が出ること確実です。
    気の強い演技ができるかどうかは、まだ微妙なのですが、
    どんどん演技の幅を広げてほしいですね。
    私としては、まず満足いく主役の抜擢です」

記者 「中島のルックスは、けっこう人目ひきますから、
    チラシ等でも印象深いでしょう。集客力にはかかせません。
    さて親友の早川みどり役ですが、ここはガチガチの中野久美子の起用です」

聖橋 「まぁ、ここは彼女しかいないでしょう。早川と互角のルックス、
    気の強い表情もうまいですし、演技もこなせすまから。
    早川役は、すんなり決まりました。
    中村と中野のツートップは、かなり強力です。ご期待ください!」

記者 「たしかに、このふたりは強力です・・・
    では続いて…一ノ瀬努役には、久保沙耶香ですが、ここは意外ですね!」

聖橋 「少年役は、かなり苦労しました。リトルメッツからも考えたのですが、
    努は考え方が大人で、かなり精神年齢が高いです。
    リトルメンバーにはまだ難しいかな?と考え、メッツからの起用になるのですが、
    身長のバランスも考え、今回は久保を選択しました。
    しっかり者の努役、久保なら頑張ってくれることと思います」

記者 「今回、他の男性役は、本郷先生と、猪野熊コーチの二人だけですね。
    本郷役の高倉、そして猪野熊役の鈴木里沙についてお願いします」

聖橋 「男性役=黒田百合というのを繰り返すと、本人から怒られるので(笑)
    今回は女性役に回ってもらいました。
    本郷先生の高倉佳奈子ですが、私としては、かなりかってます!
    本郷役にピッタリです。背も高いし、目もパッチリしていて威厳もあります。
    意外と好評になると思いますよ。

    猪野熊コーチ役は、正直、かなり難航しました。
    作品中、一番厳しく、怖いキャラです。
    そして、ジュニア、日本代表の場面では、かなり重要な役どころとなります。
    本来であれば、メッツのリーダーである水野江莉花を起用したかったのですが、
    雰囲気や声が可愛いので(汗)イメージと異なり、あきらめました。
    そこで、かなり難航したのですが、鈴木里沙を起用することとなりました。
    男性役はうまいし、声も低目にも対応できると思います。
    威厳をつけてほしいし、体も大きくみせてほしいので、
    少し体重を増やしてもらうかもしれません(汗)
    原作ファンからは、けっこう厳しい目で見られるかもしれませんが、
    鈴木の実力に期待します」

記者 「猪野熊コーチ役を、東京メッツのメンバーから選ぶのはたしかに至難ですね。
    黒田百合という線もあったと思いますが…」

聖橋 「今回は、かわいらしい女の子役に挑戦してもらいますから、それはできません」

記者 「そうですね…しかし、黒田百合が演じる垣ノ内良子役は、
    かわいい系ではないような…」

聖橋 「記者さん。それを言ってはだめです!垣ノ内は意外とかわいいですよ」

記者 「あっ、で、でも意外となんですね・・・・・」

聖橋 「見る人によっては、かわいいんです。私もかわいいと思います。
    垣ノ内は、鮎原にとって中学時代最強のライバルです。
    強さというオーラをもってないとまずいです。
    黒田百合であれば、強さという点においては他に引けをとりません。
    あの鋭い視線は、鮎原でさえ恐れることでしょう(笑)
    垣ノ内の得意な回転レシーブ。黒田ならガンガン回ってくれそうです。
    イメージ的にも、黒田は垣ノ内に合っていますよ。
    女の子、女の子している役ではありませんが、久々の女性役なので、
    ぜひともクロユリには弾けてほしいです」

記者 「垣ノ内ファンは、女性に多いですから、
    クロユリなら、大爆発間違いないと私も思います。
    さて、メッツのリーダー、水野江莉花は木山しげみ役に落ち着きました。
    やはり、少女系は難しかったですね(汗)」

聖橋 「私もいろいろ考えたのですが、ちょっとそちらは難しいかなと(汗)
    大人メンバーで重要な役と言えば、当初、鮎原と敵対する木山でしょう。
    嫌味な〜感じって、意外と水野からは感じられないのですが、
    今回は演技として、ぜひ出してほしいです。
    木山得意の『ひとり時間差』もあるので、水野にはぜひマスターしてもらいます」

記者 「しかし〜中沢役は大人の難波が頑張っていますね」

聖橋 「難波は背が低いこともあって、女子役も可能でしょう。
    中沢は、早川同様、中学から高校まで、かなり鮎原と付き合いが長いので、
    演技は重要です。そこでベテラン難波の起用となりました。
    イシツマが入るまでは、彼女がムードメーカーなので、その辺りも考えています。
    彼女が入ると、場の雰囲気が和みますから」

記者 「なるほど。ある意味、難波も癒し系ですね!
    中学時代では、まずまず活躍する桂城役には松本有希子。
    ここはかなり聖橋さんの影響が多大ですね」

聖橋 「マツユキは、基本的に正統派アイドルですから。
    真面目な役の方がいいんですよ。
    物語前半でいなくなってしまうのは悲しいですが、
    彼女の役どころはここだと思います」

記者 「真面目系つながりでいえば、吉村さとみ役の玉田みずきも同じですね」

聖橋 「はい。彼女も正統派っぽいです。真面目で優しい感じ・・・だと思います。
    ここは特に違和感なく、玉手で決まりでした。彼女は良い人役が似合ってますよ」

記者 「私としては、ちょっと強引な感じがするのが三条美智留役の五十嵐りさです。
    イメージ的には悪くないと思いますが、演技はどうでしょう?」

聖橋 「おっしゃる通り、イメージは問題ないと思います。
    髪形も似ているし、ちょっと気の強い表情や雰囲気も似ています。
    ただ、一番重要な演技的に部分ですが、
    まぁ、でも、なんとかやってくれると思います」

記者 「けっこう重要な役どころですが?」

聖橋 「イガリンに任せます・・・・・」

記者 「ちょ、ちょっぴり不安が残るコメントですね。
    では気を取り直して、
    高校編で活躍する、大沼みゆき役の桜井美紀についてうかがいます」

聖橋 「大沼みゆきはアニメでもかなり人気があるキャラなので、
    実力者、桜井を起用しました。
    最初の登場シーンでは、かなり素行不良のヤンキーで、
    のちの更生するという形になるのですが、
    その流れが桜井美紀の演技に合っている感じです。
    不良→優等生、こういった演技は彼女におまかせです。
    桜井独特の雰囲気で、大沼役を演じてほしいです」

記者 「2年の武市役には、リトルメッツの今井仁美が起用されました」

聖橋 「今井仁美は、清純系で真面目な感じです。武市もそんな感じですね。
    武市役は、かなり地味な役どころではありますが、
    バレーとしては一応スタメンに起用されているので、出番は多いと思います。
    ショートカットになりますが…本人と話し合います(笑)」

記者 「話し合ってください(笑)
    物語の核となるかもしれない八木沢三姉妹、香、静香、桂には、
    それぞれ、浅野実奈子、内野明音、山本実奈が起用されました」

聖橋 「長女の香は、選手、寺堂院のコーチ、日本代表にも選ばれるので、
    かなりのベテランが必要と考えました。
    さらには人気のキャラであり、
    ルックスも良いとなると浅野しか考えられませんでした。
    この配役はすぐに決定しました。香=浅野は私の中では既成の事実でしたから。
    ぜひとも、香役の浅野に期待していてください!私もすごく楽しみですから!」

記者 「おおっ!聖橋さんもかなりの入れ込みようですね!期待してますよ!
    では、他の二名についてお願いします」

聖橋 「次女の静ですが、内野明音は、かなり大抜擢です。
    ハッキリ言ってそんなに演技うまいとは思えないのですが(笑)
    ただ、彼女の雰囲気が好きなんですよ。なぜか、不思議な感覚があります。
    静自身は、あまり喋るキャラでもないので、内田でも大丈夫でしょう(汗)

    三女の桂は、けっこう演技力が必要です。
    富士見高校対寺堂院高校の二回目の対決では、重要度が高いです。
    リトルから選ぶことは前提でしたが、
    その中から、演技にはまずまず定評のある山本を起用しました。
    山本の場合は、彼女の演技を何回か観たことがあるので、
    そのイメージがわかるという利点がありましたが。
    山本は見た目は優しい感がですが、
    桂の気の強い演技にもう十分対応できると思います。
    倒れるシーンや打たれるシーンが多く、アザをつくってしまこと確実なので、
    今からサポーターは必須でしょうね」

記者 「根性女、石田松江役は吉田麻美。ここはハマリ役ですね!」

聖橋 「鈴木里沙の方が、より激しいイシマツ役になるのですが、
    猪野熊コーチ役に抜擢したため、吉田を起用しました。
    彼女はテンション高めですが、それ以上にこの役では高くしてほしいと思います。
    富士見高校のムードメーカーですから、馬鹿になるくらい弾けてほしいです。
    とにかく、自分を捨てることです(笑)」

記者 「自分を捨てなければならないほど、イシマツ役は難しいとは…」

聖橋 「ええっ。並大抵の努力では、ど根性女のイシマツ役はものにできません。
    吉田にはぜひとも頑張ってほしいです」

記者 「青葉高校の主力の二人、山本みさお役には太田彩乃。
    白川てる子役には西奈里紗が配役されました。このあたりはいかがでしょう?」

聖橋 「山本役は、間違いなく太田でしょう。彼女の役はすぐに決定できました。
    雰囲気も似ているし、揺れ動く心の変化に対応できる演技は、
    彼女クラスでないと演じることは難しいでしょう。
    太田なら『大ボールスパイク』を打てそうですから(笑)
    舞台上でもガンガンスパイクして、威圧感を見せてしほしいです。

    白川てる子役の西奈里紗ですが、彼女の役も素直に決定できました。
    本当の性格はわかりませんが、たまドキマギすることがありまよね?
    その不安定なイメージを白川役に組み込みました。
    白川は厳しいトレーニングについていけず、
    合宿を逃げ出し、脱落者の烙印を押されるわけですが、
    自分自身に対する悔しさをバネに、彼女は成長していきます。
    そういった部分を西奈の個性で表現してほしいと思います。
    一度挫折した人間の努力と根性を舞台上で表現してくれたら、
    私としては本望です」

記者 「アニメ独自のキャラ、皮ジャンパーのマヤには池辺愛が起用されました。
    なんとなく想像がつきますね。皮ジャンパーも似合いそうです(笑)」

聖橋 「はい。池辺は意外と『皮』が似合いそうな気がしました(笑)
    スレンダーなスタイルですし、長髪も似合うでしょう。
    どちらかと言うと優しいイメージがあるので、
    今回はぜひとも悪女の演技を期待します」

記者 「悪役っぽい役者役ですと、飛垣役の長谷川や、川地役の今井、
     藤役の藤森がいますね」

聖橋 「みんな、本当は性格良いですよ(笑)あくまで役の話です。
    飛垣はキャラクターの中でも改心せず、
    ずっと嫌な感じですから、それに対応できる演技が必要と感じました。
    外見のイメージと、意地悪な演技が得意そうな(?)な長谷川桃を選択しました。

    川地は、二度目の富士見高校対寺堂院高校戦のキーポイントキャラです。
    やはり演技がかなり重要視されます。
    ヤンキーっぽい感じなので、今井には失礼ですが、
    本当の性格をおさえて不良役を演じてほしいです。
    まぁ、彼女はこういった役、得意でしょう。無難にこなしてくれると思います。
    ただ、ジャンプしながら空中回転を何度もするので、
    そのための練習が必要になるでしょう。
    目が回らないよう、三半規管を鍛えなくてはなりません。そこだけですね。
    
    藤ようこ役の藤森は、私の中では意外とヒットです。
    目つきの鋭さや、落ち着いた雰囲気で相手を見やる態度など、
    なかなか面白いものをもっています。
    けっこうハマリ役になると思いますよ」

記者 「では最後に、アタックナンバーワンのアイドルキャラ、
    真木村京子役についてうかがい、おひらきにしましょう。
    ここはかなり本命ではありましたけれど(笑)」

聖橋 「当たり前すぎて申し訳ありません(笑)
    ただ、やはり真木村役は原作ファンが異常に多いので、
    アイドルチックな本間理紗のルックスは絶対に必用なんですよ。
    彼女の長髪なら三つ編みも似合いますし、瞳もパッチリで、
    実写版、真木村京子は申し分ありません。原作ファンも唸らせます。
    演技的には全く申し分ないですし、
    スピーディーなセッター役も十分にこなせることと思います。

    それでは、『アタックナンバーワン』東京メッツ&リトル編、
    舞台開演まで、しばらくお待ち下さい。
    きっと、素敵な舞台に仕上がることと思います」

    
(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優