◆  空想キャスティング 『アタックナンバーワン』 フレンズ編

アタックNO.1(アタックナンバーワン) フレンズ 東京メッツ&リトル

役名 役者名
鮎原 こずえ 石井香澄
早川 みどり 西島来美
一ノ瀬 努 遠野花林
本郷 俊介 星芝克彦
桂城 由美  名塚佳織
福田 池松亜美
柏木 敬子 田中満里菜
中沢 田中みいや
池崎 小林夏実
吉村 さとみ 小泉もえこ 
垣之内 良子 荒居直子
シェレーニナ 関谷彩花
ボルチンスカヤ 斉藤世菜
三条 美智留 三井麻由
三島 純子 板倉美穂
白河 てるこ 斎藤彩夏
猪野熊大吾コーチ 桝川譲治
崔(サイ) 石井海帆
チェシカ 池内菜々美
大沼 みゆき 安島丹希
武市 山本みのり
三原 ゆみ子 佐々茉亜弥
八木沢 香 安藤聖
八木沢 静 松田ひかる
八木沢 桂 澤井杏奈
石田 松江 堀内夏海
山本 みさお 浅野琴
藤 ようこ 長屋光紗
飛垣(ヒガキ) 中谷千波
真木村 京子 中村裕香里
川地 きみこ 近藤亜紀
皮ジャンパーのマヤ 志村理恵

『アタックナンバー1』登場人物、簡易的詳細はこちら

総評

以下は、管理人(演出家)『聖橋』と、記者との会話です。

記者 「主役の岡ひろみ役には、石井香澄が配役されました。
    まずは彼女を主役に持ってきた理由をお聞かせください」

聖橋 「ポニーテールが似合うからです」

記者 「えっ!?」

聖橋 「意外と重要ですよ、その部分は。鮎原と言ったらポニーテールですからね。
    まずそれが一点。

    鮎原は優しさよりも、気の強い部分がかなり表に出ます。
    石井香澄自身の性格は天然キャラですが(汗)
    演技の実力にかけてはずば抜けていると思います。
    気の強い鮎原役をこなしてくれるでしょう。
    瞳もパッチリしていて大きいほうです。声のトーンはアニメよりも低いですが、
    秀でた歌唱力でその違和感も気にならないと思います。
    やはり彼女が主役だと演出する方も安心感がありますよ」

記者 「ポニーテールしている子は他にもいますが?」

聖橋 「現時点では、石井香澄のポニーテールに勝てる者はいないということです」

記者 「おおっ、珍しく強気ですね!
    では次に、親友の早川みどり役、西島来美についてお願いします」

聖橋 「正直、まだ早いのではないか?とも思ったのですが、
    どう考えても、お嬢様オーラを放出できるのは彼女しかいないんです。
    美人で、つんとすました気の強い表情をもつ早川。
    ここは西島しかいないでしょう。イメージにピッタリすぎます!!
    演技力は最近かなり力を入れてきてますから、
    違和感なく、この役を受け入れてくれることでしょう。
    背の低さもあるのですが、シークレットシューズでせひとも頑張ってほしいです」

記者 「石井&西島コンビですか!この時点で大当たり間違いなしですね!
    いやっ、ほんと、私も楽しみですよ〜!」

聖橋 「いえいえ、この程度で驚いていてはいけません。他のキャストも豪華ですよ!」

記者 「中学時代の最強ライバル、垣之内には荒居直子が起用されました。
    なんとなく、イメージ合いますね」

聖橋 「中学時代は出番がかなり多いので、やはりベテランを起用しないといけません。
    ということで、外見からの気の強さを発揮できる荒居を選択しました。
    目も大きいことから、鮎原、早川との対決に燃える彼女の瞳にも注目でしょう。
    垣之内は福岡弁(?)を喋るので、方言指導となります。
    荒居ならうまくこなせるでしょう。セリフ回しがうまいので、こちらも安心です。
    私としてはイメージ的にも、荒居は垣之内に合っていると思います。
    もちろん、垣之内が得意な回転レシーブをマスターしてもらいますよ」

記者 「高校時代の最強ライバルとなる八木沢三姉妹には、
    安藤聖、松田ひかる、澤井杏奈が配役されました。
    この配役は今からワクワクしますね!いてもたってもいられない感じです。
    彼女たち三人が八木沢三姉妹として舞台に立つ・・・・・なんか感動です!」

聖橋 「背の順や演技の実力を考え、この配役を決定しました。
    長女、香は全日本メンバーにも選ばれるので、鮎原とは長い付き合いになります。
    ここは無難に安定感抜群の安藤聖を配役しました。
    気の強い姉はピッタリでしょう。
    次女の静には松田ひかる。彼女も無難にこなしてくれると思います。
    二度目の富士見高校との対決では、キャプテンとして頑張ってほしいです。
    三女の桂には澤井杏奈。
    二度目の富士見高校との対決では、かなり重要な役どころです。
    疲労感漂う演技が望まれますので、ぜひとも彼女には頑張ってほしいです。
    私としても、この八木沢三姉妹の配役は自信を持っています!」

記者 「寺堂院つながりで、『人間煙幕』の異名を持つ印象度の高いキャラクター、
    川地きみこには、近藤亜紀が配役されました。
    彼女は外見がなんとなく似ていますね」

聖橋 「記者さんがおっしゃる通り、外見の雰囲気が川地に似ています。
    もちろん、本当の性格は川地とは全く違って、優しい女の子ですよ。
    ただ、今回の場合は不良っぽい演技を要求します。
    富士見高校との二度目の対決では、ある意味メインキャラクターなので、
    彼女にとってはプレッシャーがかかることでしょう。
    大抜擢ではありますが、ぜひとも川地役をものにしてほしいと思っています」

記者 「高校最後のライバル、山本みさおには浅野琴。
    そして、白河てるこには斎藤彩夏が配役されました」

聖橋 「山本の場合は、やはり背の高さでしょう。浅野琴なら問題なしです。
    気の強い演技もうまいし、他人を上から見下ろす演技もすばらしいです。
    ただ、かなり痩せているので、もうすこし筋肉をつけてもらいます。
    山本の大ボールスパイクは、パワーが必要ですからね。

    そして、白河てるこには斎藤彩夏。
    彼女は、全日本ジュニアから高校と、けっこう長い伏線があります。
    白河は私としても好きなキャラのひとりなので、確実性を重視しました。
    ということで、ベテラン斎藤彩夏の起用です。
    全キャストの中でも、白河役はすぐに斎藤彩夏に決定できました。
    白河は、全日本ジュニア強化選手時代に苦い思い出があり、
    そこからはい上がっていく、苦労人でもあります。 
    一度地獄を見て、そして再び努力を開始する白河。
    斎藤としても難しい演技になると思いますが、ぜひともものにしてほしいです」

記者 「なるほど。聖橋さんが白河役を気に入ってるなんて初めて聞きました。
    これで、斎藤彩夏の白河役がたいへん楽しみになりましたよ!
    では、少し視点を変えて、
    男性役の一ノ瀬努役、遠野花林についてうかがいましょう」

聖橋 「努役は意外と難航しました。
    遠野を選んだ理由は、何事にも対しても真っ直ぐな姿勢でしょうか?
    鮎原とは友達以上恋人未満の関係ですが、けっこう対決する場面があります。
    ただ単に優しいだけではなく、鮎原に厳しく説教できる…
    それをふまえての抜擢です。
    少年役の演技もきっとうまくいくと思いますよ。

    それから、この場で言わせてもらいますが、アタックナンバーワンのキャストは、
    気の強い性格が多いんです。三枚目的役割は、中沢、石田、猪俣ぐらいでしょうか。
    そこで小泉もえこですが、彼女にピッタリの役が正直ありませんでした。
    イメージ的にはかなり違う、吉村さとみ役です。
    真面目で優等生タイプなので、たいへんだとは思いますが、頑張ってほしいです」

記者 「なるほど。たしかに気の強い性格のキャラが多いですね、
    私も三枚目役が少ないな〜と感じていました。
    小泉もえこの優等生の演技がどうなるか?そちらを楽しみにしています。
    ではその三枚目キャラクターとなる中沢役の田中みいや、
    石田松江役の堀内夏海についてお願いします」

聖橋 「ここは素直に決まりました。
    鮎原と長い付き合いになり、子分肌の中沢役には田中みいや。
    おさげ姿も似合いそうです。
    落ち着いた演技もできるし、高揚する部分では爆発する。
    そんな柔軟性のとれた演技ができると思います。

    元気爆発、ど根性女の石田松江には堀内夏海。ここは彼女でしょう!!
    他、やれる人がいませんから(笑)
    男まさりの石田役を、思う存分演技してほしいですね。
    堀内の当たり役になるかもしれません」

記者 「皮ジャンパーのマヤに志村理恵ですが、ここはけっこう面白いですね。
    雰囲気が今からでも伝わってきます」

聖橋 「彼女はこの役、ひじょうに合うでしょう。私も楽しみですよ。
    すごく化ける予感がします」

記者 「人気度が高いキャストでは、三条美智留役の三井麻由、
    大沼みゆき役の安島丹希、真木村京子役の中村裕香里の3人はどうでしょう?」

聖橋 「アニメでも人気が高いキャラは、ファンも目が肥えてますからね。
    慎重に選びました。
    三条役の三井はかなり大抜擢です。
    お嬢様でありながら気の強い性格の三条。当初は鮎原や早川たちと対立します。
    ここでの意地の悪さをぜひとも表現してほしいですね。
    そして、影で練習するバーベル上げや、高さを克服するためのジャンプの練習。
    ひたむきな努力をする演技の表現にも期待しています。

    大沼みゆきは、登場直後はかなりの女番長です。
    ここを安島がどう演技するのかひじょうに興味深いですね。
    見た目が真面目な感じですから。だからこその不良役、じつに楽しみです。
    鮎原たちとの和解後は、一転して真面目美少女キャラになります(笑)
    そこで彼女の本領発揮!人気が出るのは確実です。

    真木村京子は、冷静で文武両道の女の子です。
    ここは中村裕香里でしょう。ルックスは可愛らしいですし、おさげ髪も似合います。
    ツンとすました表情もピッタリです。申し分ないですよ。
    あとは本人の努力しだい。人気爆発の真木村京子を、しばしお待ちください!」

記者 「おおっ〜!三条、大沼、真木村、ひじょうに楽しみです!
    外人キャラに視点を移してみると、関谷彩花のシェレーニナ、
    斉藤世菜のボルチンスカヤ、池内菜々美のチェシカ、石井海帆の崔(サイ)
    このあたりをうかがいたいです」

聖橋 「最大最強のライバルとなる、シェレーニナには関谷彩花。
    シェレーニナはそれほど背が高い設定ではないので、彼女でも大丈夫です(笑)
    黒い長髪が金色の長髪に変わります。意外とイメージピッタリですよ。
    一回転半アタックや十字トスもマスターさせますので、ご期待ください!

    斉藤世菜のボルチンスカヤは、私としては一押しですね。
    出番的には日本ジュニア時代だけですが、印象度はかなり高いです。
    彼女は足の長さや背の高さもよく似ています。
    足の不自由な演技が要求されますので、ぜひとも習得してほしいです。
    
    チェシカ役の池内菜々美は、バレーボールの指導をする前に、
    新体操の指導が必要なので、時間がかかるでしょうね。
    そのぶん、空中回転レシーブや振り子スパイク、ひとだまレシーブ、
    すべてマスターさせます!
    スレンダースタイルで、おっとり系な感じのチェシカですが。
    池内なら問題ないでしょう。

    石井海帆の崔(サイ)も楽しめますよ。
    気の強さを持ちながら、物事に対して柔軟性がある性格。
    けっこう筋肉質なので、そこはこれからのトレーニングでつけてほしいですね。
    ボルチンスカヤに匹敵するミサイルスパイクを放たなければなりませんので、
    こちらも練習が必要となります」

記者 「どうやら、みなさん魔球をマスターしなけれはならないようで、たいへんそうですね」

聖橋 「いや、原作がある舞台として当然のことです。
    鮎原役の石井香澄にも竜巻落としや風船アタックをマスターしてもらいますし、
    早川役の西島には木の葉落とし。
    八木沢三姉妹+川地役の安藤、松田、澤井、近藤には、
    三位一体+人間煙幕攻撃、稲妻攻撃など、やることはたくさんあります。
    演技以外にも体力を使いますから、たいへんな舞台になります。

    最後に私のおすすめなキャストをふたり。
    三原ゆみ子役の佐々茉亜弥は注目してみてください。
    彼女は舞台上でひじょうに存在感があり、歌、演技、ダンスと三拍子そろっています。
    私的に、けっこう好きなタイプなのて、三原役に抜擢しました。
    アニメでは、かませ犬的キャラでしたが、
    舞台ではけっこう重要な役として活躍させますよ。
    そうそう、青いコンタクトレンズが必要となるので、今から慣れる必要があります。
   
    そしてもうひとり、飛垣役の中谷千波。
    アタックナンバーワンのキャラクターとして、飛垣も私的に大好きです。
    和解するキャラクターが多い中、結局和解しなかったのは彼女ぐらいですから。
    ということで、中谷には徹底的に嫌な女を演じてほしいですね。
    後に和解する必要もないので、思う存分暴れることができるはずです(笑)
    私的に彼女の歌は好きなのでソロをいれておきます。

    アタックナンバー1『フレンズ』編』に、ご期待ください!!」
    
(敬称略)


トップ     観劇一覧     空想キャスティング     女優