ミュージカル 虹色の子どもたち


満足度
公演時期 2015年8月22日
会場 コール田無
脚本・作詩・作曲 米田愼哉
シナリオ原案 かわしま哲子
演出 浅野泰徳
振付 鹿島田織恵

あらすじ
小学4年生のシンとコウが通う小学校。
クラス対抗の「大縄飛び大会」が目前に迫っている。
自閉症を持つコウの順番で、いつもストップしてしまい記録が伸びない。
クラスの子どもたち、シンとコウはどうやって問題を解決していくのか?
発達障害の特性を周囲がどう理解するのか?
発達障害を持つ子供の気持ちはどうなのか?

岩仙人のきまぐれか?
コウとシンの心と体が入れ代わってしまう。
丈夫で健康な体になったコウは嬉しさ全開。
逆に何度も何度も体の変調が起きるようになったシンは、驚きの連続。
今までコウが不思議な行動に出る理由を、シンは理解することになった。
理解はできたが、とにかく元の体に戻りたいシン。
だが、健康な体を手にいれたコウは・・・
(公式サイトより引用)
観劇感想
障がい関係のミュージカルや舞台は、
かつて何回か観劇したことはありますが、かなりうろ覚え。
(手話ミュージカルとか?)
ということで、今回は久々。
プレビュー公演。

まず印象的なのが入れ代わり。
相手の心と体が入れ代わるもの。
映画「転校生」を始めとして、いろいろな物語で使われるアイデア。
この手法を発達障害者と健常者に置き換えるのは斬新。

はためだと、どうしてこういう状況になっているのか、
健常者には理解できない。
それが入れ代わることで、自分の身に起こっている状況がわかり、
なぜ不思議な行動に移るのかも理解できる。
観ている観客にも、凄く伝わりやすかった。
特に心臓の「ドクッ!ドクッ!」とした心音の部分は鬼気せまるものがありました。

この入れ代わりのきっかけとなる岩仙人。
代々街で祀られている岩の神様。
ここのキャラクター付けは、いろいろ変えてもいいと思う。
もっとコメディチックにさせたり、ぬぼ〜っとしたり、演者にゆだねても面白い。
全体としては重い話しの部分もあるので、岩仙人とのからみはホッと一息つける場面。
ボケやツッコミ、いろいろやっていいと思う。

他の子供たち、先生、母親も出てきますが、
基本は、コウとシンの二人がメイン。
私的には、もう少し母親との会話がほしかった。
入れ代わった後に、母親がどういう対応をするのかをもっと見たかった。

ミュージカルナンバーは子供向け。
わかりやすさ優先だと思います。

小さな舞台ですが、少人数なので逆に観やすい。

大縄跳びに固執する気がしないでもないかな?

気になった役者は・・・

佐藤まりあ コウ役
『LITTLE WOMEN 〜若草物語〜』2015年ではベス役を好演。
活発な女の子役はすぐにイメージできるものの、
少年役をここまでできるとは思いませんでした。
中学生・・・は無理としても、高校生が演じていると思われても不思議ではない。
この少年役の演技、
発達障害ということもあり、他の子供たちとは違い、いつもふらふらしている。
落ち着きがない。ただ、コウにはそれが当たり前の行動。
これを演じていると普段もクセになるだろうな〜とつくづく思う。
コウ、シン、どちらにしても佐藤まりあは発達障害の役ですから。
心臓の音のシーン、彼女の瞳が大きいこともあって、観客へも恐怖心が煽られます。
緊張感漂います。

演技もさることながら、彼女のは歌唱力も素晴らしい。
歌がうまい子はいる。山ほど。
オペラ的な歌い方や、高音を出す歌い方等、好き嫌いはありますが。
彼女の歌い方はストレートで素直な歌い方。
気持ちをのっけられる。
現時点では、そんなにクセがないと思う。
ここまでうまくなるとは、葉っぱのフレディ−2006年の時には想像すらできなかった。
エコヒイキ無く、率直に言って素晴らしい。

龍澤幸奈 シン役
私は初めて拝見しましたが、少年役はピッタリでした。
ちょっとサバサバした感じながらも、コウの気持ちを理解し受け止める部分と、
シンの体でコウの心になった時の安心感と嬉しさ。
両方とも発達障害ではない役柄ではあるが、場を和ませる雰囲気が彼女にはある。
女性としては全く未知数だが、少年役のあの笑顔はとても印象的。

「アルゴミュージカル」マニア的に言わせてもらうと、
雰囲気は小高奈月のよう。
コウひとりだと強く怖い部分があるので、健常者のシンがいると安心する。
これは舞台の雰囲気からいって、緩和、柔和される感じかな?
歌は、どちらかというと高音を伸ばすタイプかな?

門田奈菜『LITTLE WOMEN 〜若草物語〜』2015年では主役のジョー役でした。
髪形がショートカットなので、全く別人。
言われないとわからないレベル。
男もそうですが、女性の方がより髪形を変えると印象が変わる。

総括
プレビュー公演なので、
ここからいろいろ膨らませたり改善したりしていくことでしょう。
入れ代わりで、相手の症状がわかるというのはとても良かった。
出演者が実力者揃いということもあり、
小さな舞台だけれど観客も集中して観ることができます。

キャスト
コウ 佐藤まりあ
シン 龍澤幸奈
コウの母親 鎌田亜由美
教師・石神様 朝川優
児童1 森本悠加
児童2 門田 菜
児童3 鈴木莉菜
(敬称略)

トップ 観劇一覧