『ミュージカルアニー』(1993年)


◆会場 青山劇場
◆脚本・演出 篠崎 光正
ミュージカル『アニー』の原作者
◆脚本 トーマス・ミーハン
◆作曲 チャールズ・ストラウス
◆作詞 マーティン・チャーニン

あらすじ

1933年、ニューヨーク。
孤児院で暮らす、赤毛の少女アニー。
孤児院には父親や母親を亡くした子供たちが、たくさんいます。
ただ、アニーの両親だけは、まだわかりません。
『すぐに引き取りにまいります』という、
自分が赤ん坊の頃に書かれた両親の手紙・・・・・
その言葉を信じて、アニーは11年間支えにしてきました。
しかし、いつまでたっても両親は迎えに来てくれません。

ついに、アニーは孤児院を出る決心をします・・・・・

観劇感想

パンフレットは買ったはずなのに、見つからないので、本当に簡単な感想です。

気になった役者さんは・・・

アニーの金井れな 西田彩香
う〜ん、さすがに覚えてないな〜
峰さを理の凛々しいグレイス
金井克子のおっかないハニガンの印象が強いです。

後にアニーの主役となる、富田麻帆は一番小さいモリー役で登場。
なぜすごく覚えているかというと、
観劇した席が、センター後方の通路のすぐ後ろでした。
ここにエンディングでモリーが走ってきて踊るんですよね。
この時の富田麻帆モリーのダンスが、今でも印象に残ってます。
アニーより残ってる(爆)
アニーはアニーで、高いジャンプ力、キックの強さは印象深いですが。

(敬称略)


トップ     観劇一覧