◆  『GANg』

◆公演時期   1993年2月4日〜21日
◆会場 博品館劇場
◆脚本 福田 陽一郎
◆構成・演出・振付・脚色 郡司 行雄
◆作詩・作曲・音楽監督 玉麻 尚一
◆美術 朝倉 摂
◆照明 荒川 忠昭
◆音響 成富 永通
◆衣装 山本 皓子
◆舞台監督 粟飯原 和弘

あらすじ

1933年シカゴ。
ギャング同士の争いに巻き込まれて父を失ったビル。
クラブに集まった仲間たちは、なんとかビルを慰めようとします。
『新しく、自分たちの手でクラブを経営しよう!』
みんなの意見が一致します。
しかし、そう考えたのも束の間、
クラブ経営を狙うギャングのボス、ドン・ワルサーが現れ、
仲間たちは落胆の色を隠せません。

そして、ビルたちは大人たちとの対決を決意することになります。


雑談

『GANG』がどういう舞台であるかは、
2001年(春)の『GANG』を参考にしてください。

この舞台は観ていないので、私の雑談となります。

言わずと知れた、伝説の初演。
この舞台を見逃したのは、本当に悔いが残ります。
キャスト表を見ればわかることですが、
そのすじの人が見れば、いかにすごいメンバーであるか、
すぐに判断することができるでしょう。

主役のビル・タイガーが秋山純くん。

小さな頃から舞台にも出ているし、
現在はジャニーズジュニア(まだやってるかな?)
実力は申し分ないです。あの頃はまだ高音でしたから、
その歌声を聞きたかったです。

チータ役の鈴木淳也くん。

アルゴや他の舞台で活躍しています。

レオン役の手塚宏樹くん。

アルゴ等で活躍しています。上海ジョーは、なかなか渋い(笑)
アルゴの『Sing fou You・・・』では、
久積絵夢ちゃん、樋口智恵子ちゃんとも共演してます。
ある意味、うらやましい(笑)

ベアー役の安田麻人くん。

『パワーオブ・ピース』の舞台でも活躍の麻人くん。
ホワホワっとしていて、けっこう好きですね。

リリー役のひとり、秋田桃ちゃん。

う〜ん詳細忘れた。けっこう有名だったはずです。

リリー役のもうひとり、坪井美奈子さん。

もはや、なにも言うまい(笑)
アルゴで大活躍、もちろん、今でも大活躍です。
彼女がリリーをやってるんですよね〜本当、観たかったな〜!

ローズ役のひとり、樋口智恵子ちゃん。

う〜ん、ローズかぁ〜
ヒロインというより、サブヒロインが似合うんですよね、彼女
これまた絶対観たかった・・・

パンジー役の谷井里衣ちゃん。

アニーですね。
パンジーとは・・・もったいない(笑)
当然、その頃はアニーにはなっていませんが、
実力はあったことでしょう・・・

もうひとりのパンジーには、渡辺麻依ちゃん。

またまたアルゴでも大活躍の人です。

チェリー役のひとり、岸あず美さん。

『パワーオブ・ピース』や他の舞台でも活躍されてます。
う〜ん、『チェリー、わからない〜♪』を聞きたかった!

チェリー役のひとり、朝倉ゆかりさん。

92年アニーではペッパー役を演じています。

プラム役の小林登美子さん。

彼女もアルゴや、手話ミュージカル『しあわせ色の青い空』でも熱演!
こういうタイプ好きなんですよね〜
プラムはハマリ役だったことでしょう・・・観たかった(T_T)

アマリス役の斎藤絵里子ちゃん。

彼女もアルゴ等の舞台で活躍しています。
『白雪姫ゲーム』のオーロラ役、すてきだ!(爆)

マーガレット役の斎藤由香里ちゃん。

彼女もまたアルゴ等の舞台で活躍。
『白雪姫ゲーム』でも大活躍でした。

もうひとりのマーガレット、栗原由佳ちゃん。

アルゴ等で活躍していますし、92年のアニーでケイト役でもあります。

テンテン役、テンテン・・・そのままです。

『来々キョンシーズ』で活躍していた、女の子ですね。
この当時、テレビでも意外と拝見する機会がありました。
まぁ、過去の幻影があるんで、それを払拭するのにたいへんみたい。
絶対的に観たい!という感覚はないです。

という感じで、凄いメンバーなんですよね〜初演は!
過去に戻ってこの舞台を観たい・・・何度そう思ったことか・・・



トップ     観劇一覧     キャスト     女優