◆  『GANg』

◆公演時期   1997年7月31日〜8月3日
◆会場 博品館劇場
◆脚本 福田 陽一郎
◆音楽 玉麻 尚一
◆装置 羽鳥 芳幸
◆照明 相良 浩司
◆音響 浦崎 貴
◆衣装 鶴谷 慶二
◆舞台監督 小嶋 次郎
◆脚色・構成・演出・振付 郡司 行雄

あらすじ

1933年シカゴ。
ギャング同士の争いに巻き込まれて父を失ったビル。
クラブに集まった仲間たちは、なんとかビルを慰めようとします。
『新しく、自分たちの手でクラブを経営しよう!』
みんなの意見が一致します。
しかし、そう考えたのも束の間、
クラブ経営を狙うギャングのボス、ドン・ワルサーが現れ、
仲間たちは落胆の色を隠せません。

そして、ビルたちは大人たちとの対決を決意することになります。

観劇感想

『GANG』がどういう舞台であるかは、
2001年(春)の『GANG』を参考にしてください。

気になった役者さんは・・・

リリー役の実田江梨花さん。

美人で、しかも演技がいいですね。
見ていて惚れ惚れするルックス、そして味の演技がプラスされると、
見てる方はほんと集中します(笑)
歌よりも演技が好きかな?

ビル役の近藤花さん。

う〜ん、チータでは絶妙の存在感なんですけど、
正直、ビル役はきびしかったです。
決して悪い演技ではないんですけど、
やはり、今まで演じてきたKaNNaさんの穴を埋めるには、
残念ながら役不足でした。花

舞台上における、華がないんですよね。こればっかりは仕方ないです。
歌はあいかわらずうまいんですけど・・・

ボニー役に服部ジュンさん?
元アニーズですけど・・・全然記憶ないです(爆)
おかしいな〜けっこう注目してたはずなんですけど・・・

ローズ役の前田織里奈ちゃん。

言わずと知れた、元アニーです。
ハッキリ言って、リリーをやってほしかったんですけど・・・

実力的には、実田江梨花さんの方が上だったんでしょうね。
ナンバー『あなたが見つけてくれたから』の、
リリーとのかけあいはいいですね〜!
ローズはキーが高くて、
けっこうたいへんなんですけど織里奈ちゃん頑張ってました!

パンジー役の高瀬友規奈ちゃん。

彼女も元アニーズです。
しかし〜彼女出てたの〜!
まったく気づきませんでした(T_T)



トップ     観劇一覧     キャスト     女優