◆  『GANg』

◆公演時期   1996年5月3日〜5日
◆会場 北沢タウンホール
◆脚本 福田 陽一郎
◆作詩・作曲 玉麻 尚一
◆装置 羽鳥 芳幸
◆照明 大串 博文
◆音響 秦 大介
◆歌唱指導 前野 敦子
◆小道具 中村 エリト
◆衣装 白石 丞
◆メーク 横山 美津恵
◆舞台監督 野村 巧
◆企画・発案・脚色・構成・演出・振付・制作 郡司 行雄

あらすじ

1933年シカゴ。
ギャング同士の争いに巻き込まれて父を失ったビル。
クラブに集まった仲間たちは、なんとかビルを慰めようとします。
『新しく、自分たちの手でクラブを経営しよう!』
みんなの意見が一致します。
しかし、そう考えたのも束の間、
クラブ経営を狙うギャングのボス、ドン・ワルサーが現れ、
仲間たちは落胆の色を隠せません。

そして、ビルたちは大人たちとの対決を決意することになります。

観劇感想

『GANG』がどういう舞台であるかは、
2001年(春)の『GANG』を参考にしてください。

ここでは、ちょっと、歌の話をしたいと思います。

よく舞台では、
『最初の数分間で観客を引き込ませなくてはダメダ』とか言われます。
それだけ導入部分は重要だということだと思います。

この『GANG』では、『ギャングス・オーバーチュアー』にあたりますが、
この曲、好きですね〜!
本当に観客が引き込まれそうになりますよ。
歌だけでなく、ダンスシーンも素晴らしく、最初の導入部分として最適です。

『あいつらには負けない』のナンバーも、
個々のセリフがあっていいですね。
セリフがある役者さんにとっては、重要な場面です。
当然、観ているこちらもそれに注目していますから。

『あなたが見つけてくれたから』
このナンバーは鬼門ですね。
まず、ローズ役の子の歌唱力が問題。
いつもだいたいこの部分でひっかかりますね。

そしてリリーの歌唱力。
まぁ、リリーはある程度歌えれば大丈夫なんですけど・・・
この二つがうまく組み合うことができれば、すばしい曲に変貌します。
本当に心にしみ入る感じ。
ただ、なかなかうまくはいかないんですけどね。

『男の子って、どうして?』
ここは、けっこう年齢の低い女の子が登場する部分であり、
彼女たちにとってはメインでしょう。
けっこう好き。

『ジャイオ!ラオフー』
ど〜しても瀧本瞳さんのイメージが焼きついている(笑)
殺陣のシーンもあるし、動きは重要です。
もちろん、動きながら歌いますから、その時の歌唱力も重要となります。
その動きと、歌唱力をうまくまとめたのが、
瀧本瞳さんのランランだったんですよね〜

『僕たち大人を尊敬したいんだ』

この詩、なかなかいいですね〜
大人の私にもグサッと突き刺さるような感じです。
タバコは吸いませんけどね。
あんな風に歌われたら、大人たちも観念せざるをえないでしょう。
ある意味、正論な解決方法かもしれません。

気になった役者さんは・・・


リリー役の浅川千裕さんは、もう、とてつもなく素晴らしかった!
ルックスは可愛らしいし、くるくる変わる表情の変化も楽しい、
演技もなかなかうまい!
歌はマズマズなんですけど、そんなの気にならないくらいの存在感でした。
彼女を見ているだけで、本当に楽しかったです。

Wキャスト、もうひとりのリリー役の水野奈央子さん。

詳しくはわかりませんが、彼女もアイドルみたいですね。
浅川千裕リリーが、私的には好きなので、
どういう感じになるか楽しみでした。

特に、これといった悪いところはないですね。
ルックスは良いですし、演技的にも安定してました。

ランラン役の大木香枝さん。

普段は縁の下の力持ち的存在なのですが、今回はランラン役です。
さすがに瀧本瞳さんのランランを観てしまってるため、
その後釜というのはかなり厳しいですよね。
やはり、なんと言っても歌唱力の差。これはやもえないですが、
『ジャイオ・ラオフー』の見せ場が、ちょっとね・・・

ワルサー役の郡司行雄さん。

ついに本人登場しました(笑)
やはり、この人が出るだけで舞台がしまりますよね。
ピリリとしたムードが舞台上に残ります。
そして軽やかなタップ、初めて観たのですが、
とってもカッコ良かった〜!

単純に、観ていて爽快でしたね。
問題は、ワルサーもWキャストなので、
郡司さんの回を観ていないとこのタップも観れないんですよね〜

Wキャスト、チータ役の福田奈実さん。

もうひとりのダブルが、近藤花さんですからね〜正直厳しいです。
花さんに負けないようにと、
頑張っているのは観客席からも感じとれました。

ただ、やはり歌は、向こうの方が一枚上手です。歌の表現力も。
演技的には、それほど悪くなかったですよ。
たぶん相当なプレッシャーあったでしょうね。

チェリー役の小野田亜美さん。

可愛らしいルックスですね。
後にアルゴにも合格しますが、この時はイマイチでした。
たしか、喉痛めてたでしょ?
チェリーのソロの部分、聞き取りづらかった印象がありますね。

他にも後にアニー役となるマーガレット役の田畑亜弥ちゃん、
アニーズ、アルゴでも活躍する保科綾子ちゃんが出ています。
この二人ともルックスがいいし、舞台上の存在感もあるため、
この当時から人気者でしたね。



トップ     観劇一覧     キャスト     女優