◆  『GANG』 1995年

◆公演時期   1995年10月11日〜13日
◆会場 北沢タウンホール
◆脚本 福田 陽一郎
◆作詩・作曲 玉麻 尚一
◆作詞 桐生 ユウ子・増田 香織
◆装置 羽鳥 芳幸
◆照明 大串 博文
◆音響 磯村 誠
◆歌唱指導 前野 敦子
◆道具 中村 エリト
◆メーク 横山 美津恵
◆舞台監督 河合 幸里
◆企画・発案・脚色・構成・演出・振付・制作 郡司 行雄

あらすじ

1933年シカゴ。
ギャング同士の争いに巻き込まれて父を失ったビル。
クラブに集まった仲間たちは、なんとかビルを慰めようとします。
『新しく、自分たちの手でクラブを経営しよう!』
みんなの意見が一致します。
しかし、そう考えたのも束の間、
クラブ経営を狙うギャングのボス、ドン・ワルサーが現れ、
仲間たちは落胆の色を隠せません。

そして、ビルたちは大人たちとの対決を決意することになります。

観劇感想

『GANG』がどういう舞台であるかは、
2001年(春)の『GANG』を参考にしてください。

初めて『GANG』を観たのは、この時でした。
正直、こんなに楽しいミュージカルとは、
行く前には思ってもみなかったですね。
本当〜〜に初演を観なかったことに後悔しています(T_T)

場所は北沢タウンホールでしたが、
舞台と観客席との距離が近くていいですね、ここは。

最初の頃は、ローズのイメージが薄かったんでよね。
何回も見るうちにわかってくるけど、最初はつらかった。
年を重ねるごとに、
ローズがチータのことを好きだったというのを、
ピックアップする演出部分が加わって、わかりやすくなりました。

気になった役者さんは・・・

主役のビル役のKaNNaさん。
本業は歌手です。
当然のことながら、歌唱力は本当に素晴らしいです。
キーが高くても、なんのそのって感じ。
聞き惚れますね、彼女歌は。

そして演技。
違和感ないですよ!
なかなか好演だったと思います。

特に『ワルサーさんの仲間にだなんて・・・アハハ・・・』
という苦笑してる場面。うまかったな〜
すごく印象に残ってますね。

リリー役の浅川千裕さん。

詳しくはわかりませんが、アイドルみたいですね。
顔だちが良く、本当にリリーって感じでした。

ヒロインですので、変な言い方ですが、見栄えは重要です。
まさに彼女に釘付けって感じ(笑)
でも、それだけ生き生きとした表情をしていました。

演技は本当にうまいです。特に表情の付け方。
上目づかいとか秀逸ですね。
歌は、まぁ〜厳しい方でしょう。
下手とはいいませんが、印象に残るほどのものではありません。
まぁ、歌えるかな?ぐらいですね。

でも、歴代リリーの中でも、彼女の存在はトップクラスでしょうね。
舞台の中の存在感は圧倒的でした。

ランラン役の瀧本瞳さん。

私の中では、彼女が最高のランラン役だと思っています。

なにしろ声がいい。
ハキハキした声質は、耳に心地良いです。
教育テレビ等では、歌のお姉さんとして登場することもあり、
『みんなの歌』も歌ってますね。

演技も元アニーズということもあり、実力通り発揮してくれました。
(後にグレース役を射止める)
いいですね〜瀧本さん。

とくに『ジャイオ・ラオフー』のところは、アンニュイなルックスも重ねって、
かなり際立って活躍してました。
途中、剣が折れるというハプニングとかもあったりで、
観てるこちらがドキドキしてた思いがあります。
ハッキリ言って、最高ですね!

ローズ役のひとり、郡司美樹さん。

歌はまだまだだな〜と思いました。
でも、演技は良かったですよ。
かわいらしいルックスでもあり、けなげなローズを演じていました。

ダブルキャストのもうひとりのローズ、加藤あすかさん。

ある意味、歌唱力に関しては、
今までのローズ中で最強ではないでしょうか?
なぜかはわかりませんが、
『GANG』の舞台、ローズの声が悪いことが多いんですよね。
喉の使い過ぎだったり、風邪だったり、いつもイマイチなんですよ。

しかし、この回のあすかさんは、抜群でしたね。
清らかな流れに小川のように、澄みきった歌声でした。
マジ良かったです!

チータ役の近藤花(はんな)さん。

チータ役、私が観ているなかでは最高のチーターです。
なんと言っても歌!これ尽きるでしょう。
キーが高いし、しかもいい歌いかたをするんですよね〜

彼女がこんなにうまいせいで、
じつは後々チーター役の人が苦労することになる(笑)
あとタップもいいですね!
軽やかなタップで、大満足です。
演技は、まずまずかな?

チェリー役の折本樹里ちゃん。

わき役ではあったけど、けっこう目立ってましたね。
注目の『チェリー〜わからない・・・』のところもグッドです!

プラム役の扇京子さん。
子供たちをまとめるお姉さん的存在でしたが、
そのパワフルな演技は光ってました。
私的に、けっこう好きな演じ方ですね。

パンジー役の大熊亜里紗ちゃん。

出番的には、かなり少ない(T_T)

でも、後半最初の『男の子って・・・』のナンバーでは活躍!
彼女は表情の付け方がいいですね。
元アニーズということもあり、実力はあるんですけど、
この舞台ではちょっと活かされませんでした。残念。

総括

すごく楽しかったに尽きますね。
こんな楽しい舞台を今まで観てなかったのか〜!って感じです。
ミュージカルのレベルもたいへん高く、
大人も子供も楽しめ、しかも安定した品質を持った舞台だと思います。
ハズレは無いですね。

一応、主役はビルなんですが、なぜかリリーに目が行ってしまう(笑)
ある意味、リリーは重要です!



トップ     観劇一覧     キャスト     女優