docomo「MEDIAS」「Xperia arc」実機を触ってきた感想

   

見に行く時、電車の隣の座席が3回、3人変わったのですが、
3人ともスマートフォンを取りだしたことには驚きました。
完全に今はスマートフォンの時代ですね。
私は来年でいいかな。

 

父の為に実機で確認してきました。
NECの「MEDIAS」は、とにかく薄い。
ありえないぐらい薄い。
そして軽い。圧倒的に軽い。
厚さ7.7mm で、重さが105g
ガラケーとは比べものにならないし、
今あるスマートフォンでもたちうちできない薄さと軽さに驚きます。

 

ただ1点、私が気になったのは下部にある三つのボタン。
これがフラットなんですよね。
携帯端末全体の構造を厚さ7.7mmにした結果、
ほぼデコボコがありません。
完全フラット。
そのために、ボタンが大きいのにもかかわらず押しにくい。
ここは気になりました。
使い勝手よりも、薄さを最優先で考えたのでしょうね。
それはそれでアピールする部分もあるし、アリだと思います。

 

変わって、sonyericssonの「Xperia arc」
こちらも薄い。
「MEDIAS」と比べると厚みがありますが、
他のスマートフォンと比べればかなり薄い。
薄い部分は8.7mmだし、重量も118グラムとかなり軽い部類。

 

「MEDIAS」と違うのは、
下部にある三つのボタンが、凸型として出っ張っています。
そこをクリックする感じで使いやすい。
指の腹で押した、という感触がえられやすかったです。

 

父はもうミッドナイトブルーを予約してしまったのですが、
シルバーもかなりかっこいいです。
私でしたらシルバーを買いますね。
女性の来店者も多く、ピンク目当ての人が多かったです。
デザインは本当にかっこいい。
子供の頃にプレゼントされた、高価なオモチャのような感覚。
宝物のイメージに近いかな?
これは相当売れるでしょう。

 

しかし、年をとった高齢者がこれを電車で使っていたら、
回りの中学生とか高校生とか、ビビリますね。
ガラケーやってる場合じゃない、って感じになるかも。

スポンサーリンク

 - スマートフォン