TBS「小公女セイラ」の感想

   

いきなりインド人が日本語吹替には驚きでしたが、
さて・・・

 

志田未来は子役時代とほとんど変わっていない。
顔つきも、体格的なところも。
影で努力してるでしょ?なんとなくわかります。

 

演技もよくやってる。
引き込まれる演技。私は好きだな。
セリフづかい、ちょっとつらいところもあるが、悪くはないもの。

 

あの生意気な武田真里亜役は小島藤子か・・・
誇張した化粧はあえてだと思うけれど、それはともかく、
ハッキリ言うけど、演技が大根すぎる。どうするのかと。
100歩ゆずって、演技は特徴ある役だからこれからの成長にかけるが、
セリフが聞き取りづらいのは致命的。
セリフ言えてないですし・・・

 

さらなる大根が、父親役の谷中敦。
「東京スカパラダイスオーケストラ」の人ですか。懐かしい。
でも、履歴見ると、けっこう役者をしてるんですね。
ほんとに?でもこれは大人が言わないといけないよ。演技頑張ってほしい。
まっ、初回だけだと思いますが。ゲスト扱い。

 

水島かをり役の忽那汐里はオスカー一押しの女優ですよね。
なるほど、雰囲気的に冷たい演技は面白い。まだちょっとだけですが。

 

三浦カイト役の林遣都が良い演技をする。
すごく好感もてる。

 

亜蘭由紀夫役の田辺誠一は・・・だいたい彼はこんな役ばかり。
テレビ版の「ガラスの仮面」でも、紫のバラの人として、このような雰囲気でしたから。
プロデューサーも、そのイメージでの配役でしょうね。すぐにわかる。
 

東海林まさみ役の岡本杏理は、注目女優。
名前は聞いています。
おいしい役ですね。
ただ、演技はイマイチ・・・
フォークでウインナーをさすところも・・・
成長に期待するしかないか。

 

しっかし、斉藤由貴の出番が多いのには、ちょっとビックリ。
そんなに重要なのでしょうか?
演技うまいので、別にいいのですが、話の流れとして。
これから厳しいシーンが増えるから、
その安らぎの、コメディとしての清涼剤なのかな?

 

学園ドラマということで、舞台系だと、石橋菜津美や、増山加弥乃も。
増山加弥乃は水島かをりの取り巻きメンバーなので、けっこう目立ちます。
学園ドラマが多いのは、出演すれば、女優、俳優の出演履歴に箔がつくということ。
3年B組金八先生からの伝統ですね。
今はかなり事務所がらみ等、いろいろありますが。

 

大和田伸也のあの独特な誇張した演技、
大映テレビを彷彿させる。

 

三村千恵子役の樋口可南子、なかなか怖い先生。
志田未来との演技のぶつかりあいは、見ていてじつに面白い。
平手打ちもガチですね。

 

天井部屋なのに、かなり広いです。
しかも彼氏ととなり同士(笑)
なんだこれ。

 

前述しましたが、完全に昔の大映テレビの誇張したドラマ。
志田未来の演技は良いものをもっているし、
小島藤子との対決はともかくとして、
樋口可南子、大和田伸也、広岡由里子との演技のぶつかりあいは楽しみ。
ちょっと舞台的な雰囲気もいい。
このドラマは見る価値あります。
来週も見たいな。ツッコミ満載ドラマですし。
感想はもう書きませんが。

 

しかし、制服も通販で買えるんですか。
なんというか、そういう大人の戦略。
TBSishop
TBS ドラマ 『 小公女セイラ 』

スポンサードリンク

 - テレビ