◆  『アニー』

◆公演時期   1994年4月29日〜5月22日 
◆会場 青山劇場
◆脚本・演出 篠崎 光正
◆翻訳・訳詞・歌唱指導 片桐 和子
◆振付 名倉 加代子
◆音楽監督 篠崎 正嗣
◆タップ振付 佐々木 隆子
◆美術デザイナー 島川 とおる
◆照明プランナー 沢田 祐二
◆音響プランナー 百々 喜久
◆舞台監督 深見 信生
◆タップ指導 佐藤 昇
ミュージカル『アニー』の原作者
◆脚本 トーマス・ミーハン
◆作曲 チャールズ・ストラウス
◆作詞 マーティン・チャーニン

あらすじ

1933年、ニューヨーク。
孤児院で暮らす、赤毛の少女アニー。
孤児院には父親や母親を亡くした子供たちが、たくさんいます。
ただ、アニーの両親だけは、まだわかりません。
『すぐに引き取りにまいります』という、
自分が赤ん坊の頃に書かれた両親の手紙・・・・・
その言葉を信じて、アニーは11年間支えにしてきました。
しかし、いつまでたっても両親は迎えに来てくれません。

ついに、アニーは孤児院を出る決心をします・・・・・

観劇感想

うおおっ〜かなり忘れてる!
いまごろ感想書くのは、かなりきびしいですね。

気になった役者さんは・・・

グレイス役のヒロコ・グレースさん。

ヒロコ・グレースさんのことは知っていたのですが、
舞台女優としてどんな感じになるのか非常に興味ありましたね。
でも、意外にというか、すごく良かったです!

演技は、まさしくグレイスで、颯爽とした感じがピッタリなんですよね。
あんなに演技が出来るとは思いませんでした。すごくビックリ!
歌もいいですよ!
キリッとした歌声で、とても清々しいです。
このグレイスはハマリ役でした!

リリィ役の高崎絵里子さん。

自分の中では、一番印象の強いリリーです。
華という点で、印象が強いのかな?美人なリリーですからね。
お嬢様系のリリーという感じ。
ダンスもしっかりしていて、とても見応えあります。

ルースター役の岩崎ひろしさん。

どちらかというと悪人というより、小生意気おじさんって感じがしますね。
根っからの悪人ではなく、チンピラみたいでフラフラしてる印象です。

シャーリー役の池田早矢加ちゃん。

アルゴにも出ていたということで、かなり注目していました。
ダンスは、とても見応えありました。
やはり彼女はダンスなんですよね〜本当にいい感じです。
そして表情。
三日月瞳になる笑顔は、とても和みますね。
この舞台、けっこう彼女ばかり観ていたかも・・・・・

ジャネット役の服部ジュンさん。

某特撮系の番組にも出ていたので、どんな感じになるか、かなり注目していました。
このメンバーの中では、かなり背が高いほうなので、
ダンスシーンの俊敏さという部分においては小さな子に負けてしまいますね。
でも、体が大きく見えるぶん、大きなダンスが、まずまずできていたと思います。

他にも、浅野史織ちゃんや、大貫杏里ちゃん、太田彩乃ちゃん、
大熊亜里紗ちゃん、林里紗ちゃん、歌原奈緒子ちゃん他、
多数有名な方が出ています。


トップ     観劇一覧     キャスト     女優