◆  『ココスマイル2』〜約束の金メダル〜(再々演)

◆公演時期   2001年11月2日〜3日 3回公演
◆会場 ティアラこうとう 大ホール
◆演出・振付 桝川 譲治
◆作曲 水野 良昭
◆脚本・作詞 堀 美千子
◆振付 ウメダ ヒサコ・羽永 共子
◆照明 飯塚 登
◆音響 実吉 英一
◆舞台監督 沢 麗奈
◆舞台美術 斎藤 浩樹

あらすじ

高槻真琴は元長距離の選手。
しかし、トレーニング中、父が自分をかばったために帰らぬ人となってしまう。
それをきっかけに、彼女は陸上から遠ざかっていた。

『駅伝』で県大会出場を目指すために、
春野町と夏川町の選手が合宿を行うことになりました。
春野町チームに所属するはずの高槻真琴。
仲間は参加をうながしますが、彼女はそれを拒み続けます。
そんな時、どこからともなく、可愛らしい小さな少女、ココが現れた・・・・・


観劇感想

前回も大好評だった、ココスマイル2の再々演です。
今回は、場所をティアラこうとうに移し、さらには生バンド使用しました。
で、です・・・

やはり、ひとつ思うのは舞台が広いなぁ〜ということです。
新国立劇場小ホールの一番前と、『ティアラこうとう』の一番前とでは、
まったく違い、舞台との距離が遠く感じました。
広い舞台なので、三人で歌を歌っているところは、
かなり寂しく感じました。

さらにはセットと呼べるようなセットがない・・・本当に寂しいです。

舞台が広いぶん、全員でのダンスは、
まぁ、迫力があって良かったですけどね。

ただ、上手い人とイマイチの人の差が激しすぎて、
けっこうバラバラでした。
オーディションの段階でいろいろあったみたいですから、
仕方ないですけど・・・

生バンドも・・・そんなに必要ではないかな?
バンドの人が間違えてしまい、歌えなくなってしまうこともありましたね。
あれは、ちょっと残念でした。
バンドの音が大きくてセリフが聞きづらいところもありましたし、
難しいですよね、いろいろ。

そして、やはり人が多すぎ。
やっぱり、もう少し人数を絞ってやってほしかったです。
誰が誰だかわかりにくかった。

水浦コーチとマコトとのダンス(?)シーンは、
かなりHっぽかった・・・
これはどうなんでしょう?(;^_^ A

気になった役者さんは・・・

マコト役の須藤温子さんは、なかなか良かったと思います。

演技も上手いし、歌も良いです!
ダンスは・・・これは無しということで(笑)
歌いかたも感情がこもっていて、表情もうまくつけていました。
僕的には満足です。

ハヤセ役の真代さん。

元南青山少女歌劇団の人みたいですけど、
演技、歌、ともにまずまず良かったです。
前にハヤセをやっていた酒井亜沙美ちゃんぽかったです。
ただ、意外に出番が少ないので、
途中でいたのかどうか忘れることもありました(笑)

山木コーチ役の吉川恭子さんは、本当に上手でした!

演技が抜群なのは言うまでもなく、その歌声も素晴らしいです!
坪井美奈子さんに注目していたのですが、
それを吹き飛ばすかのような素晴らしい演技でした。
劇団の実力は『こうなんだっ!』って言ってる感じ!

沢村沙代子役の、坪井美奈子さん。

かなり期待していたのですが、
その予想を裏切ることなく、素晴らしい歌声でした。

ただ、普段の声が僕のイメージしていた声とは違っていたので、
ちょっと違和感ありました。
声質が野太くなった感じ。歌っている時は、違うんですけど・・・
昔のイメージがあるのかな?

ココの川田志織ちゃん。

笑顔全開で、さすがでした!
ただ、今までココの子は、だいたい小さかったので、
ちょっと大きく感じました。

それしても、足長いです!

歌は、イマイチかな〜
感情とかいれてないこともないんだろうけど、
常に笑顔のイメージがあるため、すごく淡々とした歌いかたでした。
『まぁ、上手いね〜』そんな感じで終わっちゃう・・・

なんか主役ってイメージがないみたい。
サラサラ〜と流されていっちゃう感覚。
これからは、笑顔以外にも、複雑な表情を表現してほしいな〜
ただ、ダンスの時の笑顔は最高です!
あれはみんな注目してしまいます、あの笑顔は!

ハドソン・アリアちゃんと高瀬友規奈ちゃんは、
やっぱり!って感じ(笑)

登場と同時に鋭い目つきの友規奈ちゃんには笑いました(;^_^ A
ああいう役をやらせたら天下一です!

ダンスは二人とも迫力あって、最高でした!
歌声も、二人とも客席までよく聞こえます。
これは流石!
惜しむらくは、もっと活躍してほしかった!
これも人が多すぎたせいかも・・・

エル役の保泉沙耶ちゃん。

元アニーズということで期待していたのですが、
僕的にはイマイチでした。
歌はたしかに上手いですけど、
胸に響くような歌い方ではありませんでした。

なにより、前回の勝目雪菜ちゃん、前々回の石井香澄ちゃん。
この二人が、本当にか弱そうなエルを演じたため、
沙耶ちゃんのエルは、正直見劣りします。
もっと弱々しさを見せても良かったと思います。

ダンスを踊っている時の表情もイマイチでした。
これから、もっと頑張ってほしいな。

コバト役の安島丹希ちゃん。

キリンプロ所属なので、かなり人気みたいですね、彼女は。

歌は、まだまだかな?
志織ちゃん、沙耶ちゃん、そして丹希ちゃんの3人で歌うところは、
ちょっと歌唱力の無さが目立っていました。

演技は、まぁまぁかな?
個人的に、コバト役は深谷えりかちゃんの、
気の強いコバトが好きなので(笑)
そのイメージがすごくあります。
だから、まだ丹希ちゃんコバトは弱々しい感じ。
でも、ルックスがいいから、きっと人気出るんでしょうね〜これから。

クルミ役の森谷明日香ちゃん。

けっこう有名らしいです。
ただ、初日はガチガチで表情すごく固かった!
徐々に、慣れてきましたけどね。
ダンスはなかなか良かったですけど、
ダンス中の表情はまだ固かったかな?
でも全体的に、無難にこなしていました。

サコ役の玉手瑞希ちゃん。

真面目そうな、女の子というイメージです。
ダンス中の表情はとても笑顔で、見ていて好印象でした。
ただ、演技の部分ではまだまだかな?
補欠に落ちた落胆、そして気を取り直してみんなのために頑張る・・・
そのメリハリが感じられませんでした。

モトカ役の児玉まりなちゃん。

プニプニしていて、とってもかわいいです!
それでもってダンス上手です!
ポワポワ〜ンとした演技も、なかなか面白かったですね。
本人そのままってのもあるけど・・・(笑)
ひとりぐらいは、こういうタイプ入れてもいいかも!

ウキ役の池田沙耶伽ちゃん。

アンサンプルの中で一番小さい女の子です。
表情も豊かで、ダンスも俊敏で良かったです!
この子がチカ役でも良かったな〜
アンサンブル(?)の中では、一番この子が
目立ってました。

全体的に、一番心に残ったのは、イチコ役の松田実里ちゃん。

演技、本当に上手になりました!
すごく複雑な感情表現とかもこなしていたし、
ダンスも表情豊かに踊っていました。
せつなそうな歌声もまた魅力。
今回の出演者の中でナンバーワンだと、僕は思います。
彼女が最後にまとめ役として発言する理由も、うなづけられますね。

総括

千秋楽最後のフィナーレ、これがグタグタ・・・
あれは見てるこちらが悲しかったです。
ふつうはダブルキャストなので、ダブルのココやハヤセ、マコトが登場して、
一瞬の夢空間を作りあげるところなんですけど、

今回のはダブルじゃないし、意味もなく思い思い勝手にダンスしてるだけ・・・
か・な・り、残念でした。

ココスマ・・・まだ続けるのかな?
非常に不安になってしまいました。


トップ     観劇一覧     キャスト     女優