◆  『ヒロミダンスカンパニー発表会 2004』

◆公演時期   2004年3月21日
◆会場 相模大野 グリーンホール

観劇感想

私はジュニアの部、成人の部、両方とも鑑賞しました。
ダンスメインで、発表会ですので、
素人の私がとやかく言うことはありません。
ただ、少しだけ気付いた点を述べさせていただきます。

前列、中列、後列の3列に並んだダンスがあったのですが、
舞台後方でダンスをしている時に、前列の人がメイン、
徐々に前方へ移動してダンスをするのですが、
この時には、中列の人が前列に移動します。
さらに、最初、後列にいた人が前列に移動してダンスをします。
つまり、舞台後方でダンスをしていた一番最初の前列の人は、
見にくかったということです。ここは残念でした。
(どのプログラムかは忘れました)

全体的には、
腕のなめらさの表現、足を上げる時の美しさ、が印象に残っています。
両腕を8の字のように描く表現方法も印象に残っています。
そうそう、ダンスは腕の筋肉がけっこうつくので、そこも印象深いです。

数人、ダンス表現の秀でる人がいましたが、
名前がわからないのが残念です。

ちょっと話がずれますが、指導者の方の発声がしっかりしていて、
カツゼツが良いことには驚きました。

さて、今回は当サイト掲載女優、
林愛夏ちゃんがタップダンスとパフォーミングアーツに出演しました。
がっ!なんと3日前に左の指を骨折(涙)
誰よりも何よりも、本人が一番悔しいことでしょう。
ルックスはアイドルチックで可愛らしいし、
終始笑顔なのはとっても嬉しいです。
舞台上の存在感はすごくありました!
表情が豊かなこともあり、目立ちますよね。
ただ……ダンス関係は次回に期待します!
でも、足の上げる打点は高いですよ!

さらにパフォーミングアーツでは、当サイト掲載女優、
清宮愛絵理ちゃん、清宮愛結花ちゃんが出演!
愛絵理ちゃんは去年同様、大人のダンスで素晴らしく、特に言うことなし(笑)
今回驚いたのは、愛結花ちゃん。
背も伸びたし、なにより自信に満ちあふれ、風格がありました!
なんとなく色っぽくなった……ような気がします(汗)
去年はまだドギマギしているところがあったのですが、
今回は一切ありません。
ほんと、お姉さんたちと互角にわたりあえるほど、
秀逸なダンスでした。
ただ、舞台を降りた時は、いつもの愛結花ちゃんだった(爆)

さらにさらに、このパフォーミングアーツの出演者がすごいです。
愛絵理ちゃん、愛結花ちゃんは言うに及ばず、
矢部裕貴子ちゃん、梅澤菜奈子ちゃん、最後に御大(笑)と、
眩しいぐらいにオーラが光ってました!!
しかも全員スタイル抜群で細い!!足長い!!ダンス上手い!!
これだけでも観る価値あります!
だいたい上手に集まっていたのですが、その迫力に圧倒されました。
凄すぎです!!

愛絵理ちゃんたちの近くだったので(笑)
梅澤菜奈子ちゃんを観る機会が多かったのですが、
非常に柔軟性があって、柔らかいダンスでした。
ルックスもコケティッシュで可愛らしいです。

以上が感想です。


トップ     観劇一覧     女優