◆  『フレンズ 〜ガラクタ怪獣のなみだ〜』(Aヴァージョン)

◆公演時期   2003年12月29日〜2004年1月5日
◆会場 新宿 シアターサンモール
◆演出 桝川 譲治
◆脚本/作詩 長田 育恵
◆作曲 水野 良昭
◆振付 紀元 由有
◆舞台美術 南 雅之
◆照明 中山 仁
◆音響 戸田 雄樹、相川 幸恵
◆舞台監督 沢、麗奈、櫻岡 史行
◆制作 加藤 伸子

あらすじ

そらは、お母さんと一緒にこの町にやってきました。
でも、新しい学校になじめず、塾でもイジメにあってしまいます。
そんな時、そらは町外れの工場に迷いこみました。
そこで出会ったのは怖そうなおじさんと、個性あふれる仲間たち。
おじさんは、そらに仕事を与えます。
「この工場のどこかに眠る、オモチャの怪獣を修理してくれ」
そらは怪獣を探し始めます…

怪獣を見つけることによって、今、そらの心の歯車が動き出しました…
(パンフレットより一部抜粋)

観劇感想

ジョーズカンパニーの新作!すっっっごく楽しみにしていました!
ココスマシリーズとは一区切りをつけての新作。
演出等、いろいろな部分でココスマとは変わっています。

気になった役者さんは・・・

アキラ役の石井香澄ちゃん。
もう、すばらしいと言うしかないです。
歌はあいかわらず抜群にうまいです。
昔に比べると透明感は無くなったものの、
詩を理解した歌い方が、じつに丁寧。
聞いていて安心する歌声です。癒し系の歌声。
ずぅ〜と香澄ちゃんの歌を聞いていたい(笑)

声はハッキリしていて、じつに聞きとりやすいし、
セリフ回しも完璧。背筋がピン!と立っているのも印象的。
現時点で、ジュニアを卒業している気がします。
大人の人と舞台をやっても、まったく違和感ないでしょう。
すごく存在感あるし、オーラもあるし、
正直言うと、丹希ちゃんがかすむ(汗)

香澄ちゃんは、か弱い演技だけでなく、気の強い演技もできるんですよね。
本当に演技の幅がひろいです。

私はラッキーなことにミニライブを拝見することができました。
譲治さんも推薦していましたが、
ココスマ2の『素直になりたくて』
これは香澄ちゃんでしょう。譲治さんと意見一緒でした。
なんとなく一体感(笑)
この歌は、本当に泣きます・・・いい歌ですよね〜!
香澄ちゃんが歌うと、その気持ちもさらに倍増。

蛇足ですが、ライブでは香澄ちゃんのボケキャラぶりが発揮されました(爆)
台本に書かれた計算でなく、まったくの地です(笑)
これで香澄ちゃんファンが増えることでしょう・・・
ボケキャラにもかかわらず(失礼!)
舞台上では性格を一変させる香澄ちゃん。
このギャップがまたいいんですよ。
とにかくも、今回の香澄ちゃんは凄かったです!!

そら役の安島丹希ちゃん。
真面目で正統派アイドルという感じですね。
ちょっと声がかすれているところもありました。
歌はうまいと思います。
もえこちゃんと同じように、1幕よりも2幕の方がパワーあります。
歌唱力に関しては、小泉もえこちゃんより上でしょう。
ただ、安藤聖ちゃんと一緒に歌うナンバーでは、
聖ちゃんに対抗しようと、
歌唱力をパワーアップさせているのが感じられました(笑)
安藤聖ちゃんの歌唱力につられて、
「私も負けないぞ〜!」なんて思ったんでしょうか?

演技的には真面目ですね。すごく無難な感じ。
安心して観られるし、言葉づかいもしっかりしています。
ただ、ぜいたくな意見ですが、ちょっと物足りない。
もえこちゃんの方が荒削りで個性的な分、
丹希ちゃんは面白味には欠けます。
もちろん、好みの問題ですが。

またまた蛇足ですが、あのおだんご頭の髪形、
あれは小川亜美ちゃんだけにして!(笑)

ノゾミ役の名塚佳織ちゃん。
う〜ん、ごめんなさい、最初に謝っておきます。
あくまで、私、聖橋流の好みなんですが、
名塚佳織ちゃんの歌い方は合わないんですよ〜
あのちょっと甲高い歌い方は…
自分の友人は彼女の歌が大好きなので、本当に好みの問題です。

少し落ち着いた歌い方もあって、
「あっ!前よりいい感じ〜!」
と思ったのも束の間、違うナンバーではまた甲高い感じになってたり…

演技はなかなかいいんじゃないでしょうか?
もともとは真面目な優等生の性格(?)なので、
意地悪役は合わないのですが、きつい表情とかも頑張ってました。

ミニライブでは、MCが抜群にうまいですね。
やはり声優のトークイベント等でいろいろ経験されていることと思います。
話のふくらませ方とか、ツッコミやボケをうまく多用していました。

イクミ役の松田ひかるちゃん。
当サイトで動画メッセージをいただいたこともあるので、
厳しく書きたくないのですが、
自分に嘘はつけないので、正直に思ったことを書きます。

セリフ回しはうまいし、ダンス、リズム感もあります。
歌もなかなかうまいですよ。声量ありますね。
ただ…正直、少し地味かな〜と思います。
通常、そら、イクミ、ひなの三人でメンバーが構成されますが、
別にイクミじゃなくても、他の工場チームのひとりでもいい感じ。
それだけ、ちょっと印象薄いんですよね。
たぶん、背のバランスや、
ダンスの出来る子を選択したのが最もな理由でしょう。

もう少し、大げさな演技をしてもいいんじゃないかな〜と感じました。
彼女の本当の性格はわかりませんが、
真面目な印象が強いです。
もっともっと前に出て、自分をアピールしてほしいと思います。
まだまだ彼女はこれからですから、頑張ってほしいです。

ひな役、板倉美穂ちゃん。
基本は、やっぱりダンスの女の子ですよね。
慎吾ママ等で活躍していたのは有名です。
演技はまだまだです。
でも、別に悪くはないですよ。
あの甘ったるいセリフ回しはわざとなのかな?
それとも地?
いずれにせよ、今回の役としては、ああいうセリフ回しもOKだと思います。
歌もまだまだかな?でも彼女はこれからどんどん伸びそうです。

ダンス、リズム感はすばらしいの一言。
特にリズム感に関しては抜群でしょう。
ただ、あまりにもリズム感が良すぎて、他の子の流れと合わないこともあります。
そのために独りだけ浮くこともあるので、回りに合わせることも大切だと思います。
まっ、いずれ本人が気付くことでしょう。

りんこ役、堀内夏海ちゃん。
正直、それほど演技はうまくないでしょう(爆)
ただ、彼女の場合、ひじょうに勢いがあります。
やや大げさな感もあり、荒削りです。
しかしながら、彼女の魅力はそこなんですよ。
たぶん、堀内夏海ちゃんと同じキャラの人・・・ってことを考えると、
なかなかすぐには思いつきません。
それだけ個性が確立されているということです。

いずれ、『堀内夏海じゃないと、この役できないよ』
な〜んて舞台が出てくるかもしれません。
彼女も今後が凄く楽しみです!

マキ役の志村理恵ちゃん。
初めて見る女の子ですが、意外にいいです!
特にダンスは秀逸。
腰を使う部分とか、ひじょうに目立ちました。
表情もコロコロ変わるし、演技も頑張っていました。
大きな口が特徴(?)のため
後方の席からでも、けっこう目立ってました。

スモモ役の小林夏実ちゃん。
ルックスはかなり可愛い(笑)
さらには声質も良く、聞き取りやすいです。
ダンスも他のメンバーと大差なく頑張っていたと思います。

カヤ役、中村裕香里ちゃん。
K.ヴァージョンでも述べましたが、カヤ役は美味しいです(笑)
で、こちらは中村裕香里ちゃん。
おおっ!かなりいいです!
雰囲気や、喋り方、ちょっとした上目遣いが、
足助美岐子ちゃんに似てます。

ルックスはすごく可愛らしいです。
声は少しハスキーな感じ。それとも風邪かな?
やや甘ったるい声ですが、逆にそれがそそります(笑)
歌唱力は普通でしょう。特に違和感はないです。
演技の方、なかなか頑張ってました。
表情もいろいろと変化していて楽しいです。
友達との友情に心ゆれる難しい役ですが、
その心の動きをうまくとられられていたと思います。
これはこれから、かなり楽しみな逸材ですね!
石井香澄ちゃんの次に印象深かったです。

たまき役の佐々茉亜弥ちゃん。
この子もなかなかヒット!
声質がいいし、セリフが聞き取りやすいです。
演技力もかなりあります。
歌は悪くはないけど、伸びがもう少しあるといいな〜と思いました。
存在感、けっこうあります。舞台上でも映えてました。
不思議と印象に残る女の子です。

ミツル役の山本みのりちゃん。
今回は彼女のマイクが不備でしたね。残念。
でも、歌唱力があることは、そんなのがなくてもわかります。
とても良かったです!
演技も頑張ってました。
ただ、Kヴァージョンの荒居直子ちゃんと比べると、
印象はやや薄いです。
もう少し、自分をアピールするような演技してもいいかな〜と思います。
パンフレットのコメント等を見ると真面目な感じがするので、
少しくらい弾けても大丈夫でしょう!
ルックスは穏やかで優しい感じなので、これから人気が出そうですね。

ユウカ役の中谷千波ちゃん。
彼女は意外に目立ちます。不思議と存在感あるんですよ。
演技はまずまずだけど、歌がいいですね!
聞きごたえありますよ〜!
もう少し声量があると嬉しいな〜!

みなみ役の浅野琴ちゃん。
今まで、けっこう琴ちゃんの舞台は観てきましたが、
今回はかなり成長していてビックリです!
まずは、背が高い(笑)
冗談は置いといて、
なによりも歌唱力が抜群に良くなりました!
これは本当に驚きです。
今まで観劇感想で厳しいことを書いたこともありましたが、
そのイメージは一新されますね。
怖いイジメ役もすごく上手でした。
怖い怖いオーラが出てましたよ〜!
ダンスも昔に比べると本当にうまくなっています。
過去に厳しい評価をした子が良い方向に成長すると、なんだか嬉しいです!
今回の浅野琴ちゃんは本当に素晴らしかったです!

ふうこ役の澤井杏奈ちゃん。
えっと・・・ミドルネームがジャクリーン?ジャクリーヌ?
どちからはわかりませんが、どうやらハーフのようですね。

で、言わずとしれた2004年アニーです。
笑顔が明るく可愛いです。でもイジメ役の時は怖い顔にもなります。
スタイルいいですね〜!かなり細い感じでした。
ちょっと甘ったるい声質ですが、悪くはないです。
ダンスは小さいながらも切れがあります。
アニーに選ばれて当然の実力者でした。
これからアニーの稽古で、さらに成長することは間違いありません。

ワカ役の関谷彩花ちゃん。
名塚佳織ちゃん、石井香澄ちゃんのライブでもこっそり登場しました(笑)
どうやら次回は彼女のライブかもしれません(汗)

ほんと、歌はすごくうまくなりました。
やや低音の感じで聞きごたえあります。
一所懸命努力したんだろうな〜と思ってたのですが、
『特に何もしてない』とのこと(爆)
・・・・・えてして、そういうこともあります。
ダンスは言うに及ばず、ピカ1です。

総括

Aヴァージョン、Kヴァージョン、ひととおり、観終えました。
比べるのはたいへん失礼ですが、
印象として、Aは真面目な優等生、
Kは荒削りな個性派集団…のような感じでしょうか。

ひとつ思ったことは、今回、印象深いナンバーが無いこと。
いつも気軽に口ずさむことのできるナンバーがないんですよ〜!
『こんな気持ち〜初めてだよ〜』
『ずっと前を見つめて〜!』
『真夜中は〜お化けの時間〜!』
と今までのココスマ関係は、すぐに思い出せるのですが、
今回は全く思い出せない・・・記憶に無いです。
そこが少し残念かな。


トップ     観劇一覧     キャスト     女優