◆  『ヒロミダンスカンパニー』 (第6回新人公演)

◆公演時期   2003年9月27日〜9月28日
◆会場 グリーンホール 相模大野
◆構成、演出、脚本 牧野 嘉守彦
◆舞踏監督 牧野 博美
◆照明 高久 勝
◆舞台監督 中村 優実子
◆衣装 H・D・C

感想

ヒロミダンスカンパニーの新人公演です。
最近のヒロミダンスは、本当に充実しています。
大人の方はよくわかりませんが、
ジュニアだと、梅澤菜奈子ちゃん、矢部裕貴子ちゃん、仲原舞ちゃんと、
この三巨頭(なのか?!)がすごいです!これは嬉しいでしょうね。
ちなみに、愛絵理ちゃんや愛結花ちゃんも頑張ってます(爆)

名倉ジャズダンスを見て、翌日『ヒロミ』ということで、
自分の中で違いを感じることができました。
『ヒロミ』は、どちからというと、かなり大多数の集団で、
統一感あるダンスをするという感じを受けました。
名倉ジャズダンスの方は、各ナンバーによってユニットを組むという感じです。
ここに違いがあるでしょうね。

『ヒロミ』では、色の統一感もなかなかうまく表現されていました。
赤メインや、黒メイン、ハーレムの服装の色違いなど・・・
ただ、集団のダンスが多すぎで飽きるかもしれません。
もうすこし人数をしぼってダンスする場面もほしいです。

そうそう。初めて見た人はすぐにわかりますが、
お辞儀がすごく丁寧なんですよね。
これだけで、『ヒロミ』の高貴あふれる雰囲気を垣間見ることができます。

1部が7つのナンバー、2部がダンスミュージカルという構成でした。
ちなみにダンスミュージカルは、歌や声は無く、
身振り手振りで演技をしたり、ダンスで表現したりします。
1部ではジュニアは、ちょっとしか登場しません。
2部は意外と出番が多かったと思います。

新人公演ですが、先生が出演するところもあり、
特に2部のダンスミュージカルは、先生方がメインでした。
先生を評価しても仕方ないのですが(笑)
みなさんスタイルが良く、若くて美人でした(汗)
内容の方も凝ったストーリーで楽しめました。

気になったことは二つ。
ひとつは、パンフレット。
フレキシブルのパンフレットでは、
登場する方の名前が書かれていてわかりやすかったのですが、
『ヒロミ』では書かれていません。
そのため、誰が出ているのかさっぱりわからないです。
たしかに観客は『ヒロミ』のダンスの関係者が多いため、
『○○先生だ〜!』とすぐにわかる人もいます。
でも、できたら、一見さんのためにも書いていただけると嬉しいです。
『ヒロミ』では顔写真が載っているので、
それプラス、各ナンバーの出演者の名前が記載されていると助かります。
『あの人うまいな〜』と思っても、誰なのかわからずじまいでは悲しいですから。

もうひとつは、2部のダンスミュージカルの舞台。
舞台のかなり奥で演技することが多かったように思えます。
グリーンホールは舞台上の前と後ろがかなり広いため、
後ろで演技されると、遠くの客席の人は見にくいです。
できたら、舞台の前の方で演じてくれると嬉しいです。

そうそう、ターンですが、首をスッと回転するのも見栄えがいいですが、
柔らかに回転させるのもまたいいですね。
『ヒロミ』は優雅で華麗なダンスだから、そういう感じなのでしょうか?

気になった方は・・・
大人の人はまったく誰が誰だかわからないので、ジュニアばかりです。

梅澤菜奈子ちゃん。
『ライオンキング』の現ヤングナラです。
いやっ、彼女はすごいです。
今回のジュニアメンバーの中では飛び抜けてます。

ルックスはアイドル顔で抜群に可愛いですね。
しかもただ可愛いだけでなく、表情の変化がまた楽しい。
笑顔はピカ1です!
彼女の場合は、ただ表情が豊かなだけではなく、
観客に何かを訴えかけるような感じです。これはかなり異質。
彼女の恐るべきオーラをバシバシ感じました。

彼女はリズム感も抜群。
2部のダンスミュージカルでは、子役としてはほぼメイン。
センターでダンスをすることもありました。
切れのあるダンスに、あの表情・・・彼女に釘付け(笑)

思うに、とりたててここがメチャクチャすごい!!というのは無いのですが、
すべてにおいてバランスが良いように思えます。
そのバランスの良さが非常にきわだっていました。

大人の舞台の中でも、存在感ありありの菜奈子ちゃん。
今でも注目の女の子ではありますが、
これからさらに伸びるでしょう。断言できます。
それほどの迫力を、今回の舞台で感じました。

古庄さくらちゃん。
正直パンフレットの写真は良くないです。
実物の方が100倍可愛いです。
ルックス的には端正な感じで、凛々しく、冷静なイメージがあります。
ダンスにも切れがあり、リズム感もいいです!
表情の変化という点では乏しいのですが、
なかなか素晴らしいものを持っていると思います。
今後の活躍が期待されます。

倉島ひかりちゃん。
この子も可愛らしいルックスです。
笑顔がなかなかかわいいです。
失礼ながら口が大きいのですが、可愛らしいから全然問題ないです。
表情もかなり豊かでした。
うなずくシーンがあるのですが、
他のメンバーとは違った感じをかもし出していて楽しかったです。
ただ、正直、ダンスはまだまだ。これから頑張ってほしいです。
素材としてはとてつもなく素晴らしいものがあるので、
これからの成長がとても楽しみです。

小石川茉莉愛ちゃん。
本人には前に会ったことがありました。
ただ、彼女のダンスを見るのは今回が初めてです。
う〜ん、正直、まだまだかな〜って感じでした。
表情が乏しかったのには残念・・・
普段、すごく明るい子なのに、ちょっとビックリ。
本当は、いろいろと表情変わる女の子なんですよ。

ダンスはまだまだですね。
気になったのは、ちょっと背中が丸く、前かがみなところ。
『ヒロミダンス』だけではありませんが、だいたいダンスやっている方は、
背筋がスッと立っています。
その印象があるので、彼女の前かがみな姿勢は残念でした。
あと、ちょっと化粧が濃かったのも気になりました。
まつげの部分とか・・・
次回、頑張ってほしいです。

先生を評価しても仕方ないのですが(笑)
2部主役の藤森真貴さんは良かったですね!
真面目かつ三枚目役もうまくこなす演技は、見応えありました。
ダンスの方は言うまでもなく、素晴らしいです。
ライバル役の吉行香織先生は、
ルックスが抜群、かつダンスの切れ、さらには存在感。
ひじょ〜に見応えありました。まさに惚れ惚れするという感じです。

総括

私は、やはり演技が好きなので、ダンスナンバーばかりでなく、
ダンスミュージカルがあった方が嬉しいです。
今回のダンスミュージカルは、本当に素直に楽しめました。
喜怒哀楽をうまく組み込んでいたと思います。
コメディタッチの部分も良かったです。

人数が多いので、ひとりひとりを把握するのはかなり困難ですが、
清廉された集団のダンスは見応えありました。
これからの『H・D・C』の動向に、目がはなせません!


トップ     観劇一覧      女優