◆  『FLEXIBLE』 (名倉ジャズダンススタジオ第6回研究発表会)

◆公演時期   2003年9月26日〜9月27日
◆会場 東京 ティアラこうとう
◆構成、演出、振付 名倉加代子、鈴木レイ子、北村ヨシコ、
常藤利恵子、加藤今日子、神田英姫、
古賀明美、坂本冬美子、佐々木史恵、
田中玲子、仲田幸代、橋本さとみ、三村みどり
◆照明 勝柴次朗
◆音響 Planet Wave
◆舞台監督 山地道信
◆衣装 名倉ジャズダンススタジオ衣装部 河西智美

感想

名倉加代子先生振付による、
名倉ジャズダンススタジオの発表会です。
発表会ですので、いろいろな方が出演しています。
自分たちが楽しむことがなによりですよね。
大人メインということで、ジュニアの出番は短いです。

公演内容的には、約21ほどのミュージカルナンバーがあり、
そのナンバーごとに10〜20人の方が出演されるという感じです。
後半はプロの方が出演していました。
プログラムはナンバーごとに出演する方の名前が書かれていて、
ひじょうにわかりやすかったです。これはとてもありがたいですね。
ただ、名前と顔を一致させるのはたいへんですが・・・

メインは大人の方ですので、そちらは割愛させていただきます。
ただ、ジュニアもそれほど知っている人はいません・・・
勉強不足で申し訳ありません。

気になった方は・・・

深谷えりかちゃん。
さすが、ダンスにかけては天下一品。
特に彼女のターンは本当に素晴らしいと思う。
見ていて、『やるな〜!』とアイヅチしてしまう感じ(笑)
すでにベテランの風格さえ漂います(爆)
舞台上では、かなり落ち着いた雰囲気を持っています。

たぶん、ダンスナンバーひとつひとつにテーマがあると思うのですが、
えりかちゃんは、違うナンバーでも同じ表情で踊っていました。
特に目立ったメリハリも無く、やや単調な感じ。
正直、ちょっとここは気になりました。
ダンスするのが楽しい!という気持ちは伝わってきますが、
もう少し変化がほしいところ。
まっ、かなり細かいことなんですけどね。

松田ひかるちゃん。
う〜ん、自分の中で、ひかるちゃんならこのくらいやって当然、
という部分があるのですが、予想通りのすばらしいできでした。
かわいいし、少し大人びた表情もいいですね。
特に問題無しです。

松田実里ちゃん。
ムムッ!かなりいい!
前述したえりかちゃんと比べてしまうのは失礼ですが、
彼女は、表情に変化があるのが楽しいです。
ダンスナンバーによって表情付けが変わります。
自分の印象では、雰囲気も微妙に変化させていたように感じました。

ダンスの部分も軽やかでスピーディーで、見ていて楽しい!
観客として、やはり見ていて楽しい子は飽きないです。

新津つくしちゃん。
第一印象。
『細!!』
かなり痩せていてびっくりです。
ちなみに2002アニーでストリートチャイルド役。
清宮愛結花ちゃんとダブルキャストでした。
そのころに比べて、かなり印象変わりましたね。
蛇足ながら、愛結花ちゃん、外見はあまり変わっていません(笑)

明るい表情、スピーディーなダンスなど、
ジュニアの中でもかなり目立っていました。
これはこれからかなり伸びるでしょうね。

あともうひとり、目がパッチリしていて、耳に特徴がある、
ルックスのいい女の子が印象深かったです。
ただ、名前はわかりません(涙)

それから、元アニーの谷井里衣ちゃん(さん?)出てたの忘れてました(涙)
まったくチェックしてなかったです・・・


トップ     観劇一覧      女優