◆  『東京メッツ』

◆公演時期   2003年8月27日〜8月31日
◆会場 東京 銀座博品館劇場
◆構成、演出、振付 中村 龍史
◆美術進行 嶋田 和浩
◆振付助手 末政 やすよ/Maya
◆美術 大田 創
◆照明 勝柴 次朗/柏倉 淳一
◆音響 今村 太志
◆舞台監督 村田 明
◆歌唱指導 石塚 まみ/須藤 伸

観劇感想

東京メッツを初めて御覧になる方に一言。
「演劇ミュージカルではなく、レビューに近い舞台です」

2月の東京メッツ公演で免疫力がついているため、
こういう舞台だという心構えがありました。
心に余裕を持って観たせいか、前回よりもはるかに楽しめました!
(マツユキこと松本有希子ちゃんが出演しないの残念なのですが・・・)

今公演では、チームをWEST、EASTの2チームに分けています。
ちなみに私は、WESTを4回、EASTを1回観ました。

正直、2チームに分けたことで、全体的なレベルは下がりました。
実力がある人がやっていた部分を他の人で補うため、
前回観ている人は前のレギュラーの人の印象が強く、
イマイチに思えてしまうのです。
もちろん、今まで控えにいた人や新人さんのレベルアップのためにも、
必要なことは重々承知ですが。

音楽の音が大きく、
マイクで何を歌っているのかわからないところもありました。
ここは改善してほしいです。

『パジャマ・パーティー』はすごく面白かった!
私的には、EASTチームが好き!
浅野さんと西奈さんの『ウェディング・ベル』は、
鳥肌がたつほどすばらし〜い!
ちなみに、マクラ投げですが、
五十嵐りさちゃんのをゲットしました!(爆)
いがりん、最高!

『走れ〜走れ〜』のナンバーは、ちょっとやっぱり意味不明。
客席内をずぅ〜と走り続けるのですが、
思考能力の乏しい私には意味が良くわかりませんでした。
ちなみに、私のサイトでおすすめ某女優は、
これをやりたいらしいです(笑)

『イルカ』のナンバーがありますが、
EASTのメンバー、正直いって無理がありました(笑)
失礼ながら、
大人の女性が無理やりミニモニの格好をしている・・・
そんな感じを受けます(爆)
やはり、若さのWESTの方が(今井、中島、米持)
アイドルアイドルしていて、なおかつ、
ピチピチしていて(←死語)かわいらしかったです。
ちなみにEASTはツインテールの髪形、
WESTはポニーテールでした。

『Star Sisterメドレー』は、EASTの(鈴木、西奈、久保)を聞いてしまうと、
正直、WESTの(良田、今井、難波)は見劣りします。
仕方のないことなんですけどね。

気になった役者さんは・・・

リトルメッツ

107番、富取佑香ちゃん。
センターの場面が多く、リトルメッツの中でもナンバー2か3でしょう。
前よりも可愛くなった気がします。
相変わらず切れのあるダンスは見ていてとても楽しい。
ただ、歌はまだまだかな?これから頑張ってほしいです。

111番、半田杏ちゃん。
とにかく今回のリットルメッツの新人の中では抜群に光ってました!
ルックスがかわいいのは当然のことながら(笑)
ダンスに切れがあるんですよね。
特に「テレパシー」
長谷川桃ちゃんを彷彿させるような切れのある腰つき。
すごいです。桃ちゃんのライバルになる可能性大(笑)
センターで踊ることもたびたび。期待のあらわれでしょう。

歌も落ち着いてしっかりしています。
すっごく上手いというわけではありませんが。
ちなみに彼女、CDデビューをしています。
『Pacifier』(パシフィア)というグループで、
じつはミクロコスモスでおなじみだった石井静ちゃんもいます。
ちょっとビックリしました。

最後に、客席に向けて手を振るのですが、
彼女は一生懸命、左右往復させて手を振るんですよね。
この年齢で、客席全体に向けて手を振る動作をするのは、
珍しいな〜とちょっぴり感心しました。

彼女は表情の変化を観ても楽しいし、
意外に大人びた表情を見せます。
アイドル系ではなく、お姉様系に行く予感(笑)
冗談はともかく、今回の一押しです!

103番、坂越由実子ちゃん。
ほぼ間違いなく、リトルメッツでは彼女がエースでしょう。
不動のエースではないですが、一番バランスがとれていると思います。
ルックスは本当に可愛いし、今回は髪の毛に気を使っていた・・・
ような気がします。
歌、ダンスともに良かったです。
最後の自己紹介の低音は・・・なぜか笑えます(爆)

119番、水野夏海ちゃん。
彼女は癒し系ですね。
ホワッとした笑顔はとってもカワイイです。

106番、青木愛理ちゃん。
表情がまだ固いかな。ちょっと覇気が感じられませんでした。

112番、宮本佳那子ちゃん。
ルックスとはとても可愛らしいです。
歌唱力、いいですね〜!声質がいいのかな?

126番、小南千明ちゃん。
歌は、まずまず頑張っていたと思います。

109番、山本実奈ちゃん。
注目して観ようと思ったのですが、このメンバーからすると、
意外に地味です。
自分の個性を発揮しないとたいへんでしょうね。
歌も、そしてダンスもメンバーの平均以上に上手いと思うので、
あとは自分の個性をどんどん主張していってほしいです。

118番、佐藤絵理香ちゃん。
ダンス、そして歌唱力ともにバランスがとれていて良かったです。
ルックスもとってもかわいいです!

155番、内野明音ちゃん。
私だけかもしれませんが、彼女は観ていて楽しいです。
というか面白いです(笑)
なぜかはわからないんですけど、笑っちゃうんですよね。
真剣にダンスをすればするほど、楽しくなります。
不思議な雰囲気を持った子だと思います。
ちょっと歌唱力は弱いかな?
でも、表情は観ていて楽しいですよ!

101番、本間理紗ちゃん。
今回、意外と地味でした。
出番が少なかったような気がします。
でも、歌唱力もあるし、ダンスもいいし、声のトーンも抜群!
もう少し見たかったですね。

108番、川尻光紀ちゃん。
ルックスは可愛らしく、スタイル抜群です。
歌は、もう少し頑張ってほしいな〜!

122番、村尾真莉ちゃん。
緊張して、強張った表情の時もありましたが、頑張ってました。
歌唱力はあると思います。

104番、志村比芽子ちゃん。
彼女はダンスかな?
遠くから観ていてもすぐにわかります。

117番、安井理絵ちゃん。
目立つんだけど、意外と地味な感じがします。
そんなに自己主張しないタイプなのかな?
全体的にコジンマリしていて、
もうすこし、ゆったりとおおらかに歌ってほしいな〜と思いました。

EAST

10番、浅野実奈子さん。
EASTチームは1回しか観てないので、偉そうなこと言えないのですが、
個人的には、EASTのMVPは彼女にあげたいです。
髪形がロングですが、私的にはこっちの方が好きです!
色っぽさが伝わる感じ。
ただ、前回の髪形の方が良かったという意見もありますので、
やっぱり、人それぞれの好みでしょうね。
印象的なシーンは、『ウェディング・ベル』の部分。
あの歌声と表情には癒されましたぁ〜!
変わって、娼婦の場面。
ここもすっごく色っぽいです!
後ろにいるダンサーには目を向けることなく、
浅野さんに集中していました(笑)

1番、黒田百合さん。
ひとつ思ったことは、彼女は柔軟性が高いですね。
いい意味で、力の抜き方を知っています。
常に全力で力を入れるところはいれ、抜くべきところは抜く。
このバランスがひじょうに上手かったです。
ダンスは言うまでもなく絶品。
女性からの人気は、ものすごいものがあります。
いや、男性人気も多いですけど(汗)

33番、渡辺亜伊子さん。
ルックスはとてもかわいらしいのですが、
自分が観た回はちょっと失敗してしまったのか、
顔から表情が消えました。かなり緊張していた様子。
次回に期待します。

5番、熊沢しずかさん。
表情が、まだまだ固いかな〜と思いました。
次回は歌を頑張ってほしいです。

4番の新田千尋さん。
彼女も表情が固いな〜と思いました。
歌を頑張ってほしいです。

23番、佐達ちはるさん。
私的にけっこう好き(笑)
見た目には大和撫子っぽい印象を受けます・・・
本性はわかりませんけど。
ダンスの部分が特に印象深いです。

16番、玉手みずきちゃん。
アニー、ココスマイル等、数々の舞台で大活躍をしています。
が、自分が彼女の存在に気付いたのは、
エンディング近くなってからでした(涙)
それまで全然気づきませんでした。申し訳ないです。
端正なルックスは印象的……だけど、他は見てなかった!
ごめんなさい!

2番、太田彩乃ちゃん。
たいへん失礼とは思いますが、あえて言わせてもらいます。
かなり痩せました!超ビックリ〜!
努力の賜物であることは、言うまでもありません。
ダンスは言うことありませんが、
やはり特筆すべきは、アイドルの部分!
いいですね〜!超いい!
ほんと爽やかな感じがします。

11番、西奈里紗さん。
いや、今回は、ほんとう素晴らしいの一言。
前回、ちょっといろいろあったのですが(笑)
それは置いといて、もぉ〜彼女の歌声には惚れ惚れします。
特に『ウェディング・ベル』と、その次の曲。
Star Sisterメドレーも最高!
ちょっと後半、のどが、ばて気味になりましたが、
とにかくも今回は彼女にかなりハマリました!

13番、久保紗耶香さん。
彼女の成長ぶりには驚きの連続です!
基本的には「歌」の人なので、
歌だけ頑張ってくれればいいな〜と思ったのですが、
ダンスが驚くべき進歩!凄すぎです!
こんなに踊れるなんて夢にも思いませんでした。
新人も加わるということで、東京メッツ全体にいい緊張感が走り、
各人がパワーアップをはかっていたのでしょうか?
だとしたら、この狙いは当たりましたね(笑)

相変わらず歌唱力は抜群ですが、
それ以上に今回はダンスに注目がいきました。
ほんと良かったです!

36番、古川英利子さん。
おとなしそうで、端正なルックスです。
ただ、今回自分が観た回ではマイクに不備があって残念でした。

9番、鈴木里沙さん。
彼女は個性的で、チームの中でもキーポイントでしょう。
おちゃらけた演技は抜群にうまいし、歌唱力も秀でています。
彼女がダメだとグタグタになってしまうところが多いから、
彼女の存在って、本当に重要だと思います。

51番、桜井美紀ちゃん。
私的にけっこう好きなのですが、
最初は彼女からパワーをあまり感じず、
「ど〜したのかな〜?」と思ったのですが、
後半一気に盛り返しました。
おそらく、前半、のどをセーブしていたように思えます。
私的には全然問題ないですね。とっても楽しかったです!

正直、EASTチームの方に、
歌がうまく、声量のある人が集まった気がします。

WEST

18番、水野江莉花ちゃん。
いやっ、彼女かわいいですよ。だから「ちゃん」付けです(笑)
当たり前で申し訳ないのですが、
やはりWESTでは彼女がMVPでしょう。
相当、体を引き締めましたね。すぐにわかります。
かなり努力したことでしょう。
自分としては、彼女の歌う場面が好きですね。
ちなみに彼女、高音、低音、うまく使いわけていました。
今まで全然気付かなかった・・・うまいはずですね。
声がかすれることもなく、常に大きな声量で観客を魅了してくれました。
十二分にリーダーとしての役目を果たしたと思います。
う〜ん、大満足!

38番、中島由香利ちゃん。
目がクリッとしていて、
なかなかアイドルアイドルしたルックスで、可愛いです!
どちからというと歌かな?
なかなか声量ありました。
『イルカ』のナンバーが特に可愛い!
娼婦の時のバックダンサーも色っぽいです!
これから人気出るでしょうね。

25番、吉野響子さん。
細いスタイルで、ダンスは抜群にうまいです。
東京メッツでは新人なので、
まだ自己主張をするような場面はありませんが、
彼女が前面に出てきたら、何か起こりそうですね!

7番、三田真央ちゃん。
もう、いろいろなところで大活躍していますが、
自分としては、水野さん、鵜沢さんと一緒に、
コーラス(?)をやっているナンバーが好きです。
とりたてて迫力ある歌声ではありませんが、落ち着いた感じ。
長谷川桃ちゃんとのユニットでは高音を担当してました。
出番が多く、真央ちゃんファンは大満足でしょう。
ダンスについては言うことないです。

8番、高倉佳奈子さん。
彼女は新人と言っては失礼でしょう(笑)
新人としては異例の大抜擢で、たくさん出演していました。
とにかくダンスレベルが高いです。
背も高いこともあり、見応えありました。
ある意味、影のMVPかな?
私的には大満足です!!

15番、池辺愛さん。
う〜ん、正直、歌唱力が微妙だな〜!
次回は、もっともっと頑張ってほしいです。

頭の回転が早い子なので、アドリブもおまかせOKです!
というのも、五十嵐りさちゃんが『一気呵成』という四字熟語を、
素で間違えて『一気かんせい』と言ってしまいました。
そこにすかさずフォローしたのが池辺さん。流石です。

0番、五十嵐りさちゃん。
超〜ビックリ!
すっごくダンスがうまいです!
たしかに前回はあまり練習する時間が無かったみたいですが、
こんなにできるとは予想だにしていませんでした!
驚きの連続です!!
本人も相当練習したんでしょうね〜!

上でも述べていますが、『一気呵成』を2回ほど、素で間違えてました。
かなり、天然のようです(爆)
でも、楽しいからいいや(笑)
かなりたくさんの場面で登場しますが、
私的には娼婦のバックダンサーが一番良かったです!
ずっと観てた(爆)
すごく色っぽかったですよ!ハマル人はハマルでしょうね。
今回のいがりんは、とてつもなく最高でした!
マクラも飛んできたし(笑)

6番、吉田麻美さん。
EASTでいう、鈴木里沙さんの役を、主に彼女がやっています。
WESTのメンバーの中で、
鈴木さんの役をやるのは彼女しかいませんから。
たいへんだったでしょうね。鈴木さんのイメージを消すのは。
実力的には、歌もダンスもとても素晴らしかったです。

34番、米持 茜ちゃん。
彼女もルックス抜群です!間違いなく人気でるでしょう。
歌唱力は、もう少し頑張ってほしいな〜と思います。

20番、長谷川桃ちゃん。
2チームに分かれたということで、けっこう大抜擢されてました。
三田真央ちゃんとのユニットでは、ハモルために、低音で歌っています。
そのため、「あれ、歌がちょっと・・・」と思いましたが、
低音のためにそう聞こえたみたいです。

ダンスは昔から実力あるので割愛。
今回はソロがありました。
アイドルアイドルした歌です。
毎年、彼女の歌唱力はアップしていきますが、声量は抜群にありますね。
真央ちゃんのユニットでおさえた分、ここでパワーが全開します(笑)
ただ、ここでパワーを使いすぎるためか、
この後の歌唱部分では、声量が落ちたように思えます。
のどを使うバランスは難しいですね。

19番、難波美妃さん。
EASTでいう、浅野実奈子さんが担当する部分を彼女が演じています。
実力的にも、たしかに彼女が妥当でしょう。
ただ、昼公演を観た時、歌唱力があまりないので驚きました。
あれ?おかしいな〜と思ったら、夜公演では全開でした。
おそらく、パワーをセーブしていたのでしょう。
う〜ん、このへんは難しいです。

娼婦のナンバーがありますが、
正直、失礼ながら浅野さんと比べると色気が少ないです(汗)
バックダンサーの方を観てしまうことも、しばしばでした。
演技が抜群にうまいため、
逆にそういった部分で違和感を感じてしまいました。

17番、中野久美子さん。
ルックスの美しさはあいかわらず(汗)
だけど今回は意外と地味な感じでした。
そんなに目立ってなかったような・・・?

37番、今井沙那恵ちゃん。
長谷川桃ちゃん同様、今回は大抜擢な部分が多いです。
『イルカ・・・』のナンバーではセンター。
やっぱり若さがある分、WESTの方がいい(笑)
歌唱力やダンス力は、この3人の中でも一つ上でしょうね。

彼女は『パジャマ・パーティー』でも頑張ります!
演技の実力は当然抜群ですが、やはり歌。
しみじみ〜とした感じがいいですね〜!

娼婦のナンバーで彼女はバックダンサーのひとりですが、
正直、色気はまだかと(笑)
これは、これからですよね。

そうそう、毎回バッターボックスにたつのは、
当てるのがうまいからかな?

最後は24番、鵜沢優子さん。
最近知ったのですが、鵜沢さんが東京メッツの中で一番癒し系らしい(笑)
ダンスが素晴らしいのは当然として、
やっぱり鹿川でしょう(爆)
あれは、みんな大爆笑でした。カッコイイし面白すぎ!
ダンスの派手さからいったら、WESTチームでしょうね。
歌の方もレベルアップしていましたし、私的には大満足でした。

総括

一番思ったことは、全員が全員レベルアップしているということ。
ダンスが弱かった人は、ダンスがうまくなっているし、
歌唱力が弱かった人は、その部分が成長しています。
前回が『動』 だとすると、今回は『静』の感じがします。
奇天烈(?)な感じも無かったし、安心して見られました。
次回も、たいへん楽しみです。


トップ     観劇一覧     キャスト     女優