◆  『ライオンキング』

◆公演時期   1998年12月20日よりロングラン公演中
◆会場 四季劇場
日本スタッフ
◆企画・制作 浅利 慶太
◆日本語台本・訳詞 浅利 慶太
◆日本語台本協力 藤田 みどり
◆日本版演出 浅利 慶太
◆技術総監督 沢田 祐二
◆副技術監督 滑川 武
◆振付スーパーアドバイザー 古澤 勇
◆衣装スーパーバイザー 福井 ひとみ
◆パペットスーパーバイザー 田中 眞喜
◆照明スーパーバイザー 赤碕 浩二
◆音楽監督助手 鎮守 めぐみ
◆音響 原 英夫
◆舞台監督 古賀 裕治

あらすじ

アフリカの広大なサバンナ。
動物たちの王国、プライドランド。
ライオンの王ムファサと王妃サラビに、王子シンバが誕生した。
このままいけば、王位継承はシンバになる。
だが、ムファサの弟、スカーはそれが気に入らない。
『王になるのは自分だ!』
そう考えた彼は、シンバ抹殺を計画する。

スカーの罠におち、シンバは絶体絶命。
しかし、父ムファサが彼を救いだした。
その間隙をぬって、スカーはムファサを殺すことに成功。
そんなこととも知らないシンバは、父の死が自分のせいであることに悩み、
王国を去って行く・・・・・

そして数年後、大草原の中に、大きく成長したシンバの姿があった。

観劇感想

ほぼ1年ぶりの観劇です。

まず一言。メッチャ面白い!
改めて再確認する舞台でした。
最近、舞台らしい舞台、見ていないもので(笑)
とてつもなく楽しめました。本当に心洗われます。

ティモンとプンバァのからみも、すっごく楽しい。
現実逃避には、うってつけです!

気になった役者さんは・・・

今回、私が観劇した公演では、
ヤングシンバに岡田真彪くん、ヤングナラに川野礼絵ちゃんでした。
二人とも今日で卒業です。

まずは、岡田真彪くん。
とにかく声質がいいです!
どうやら、去年私が見た時は、声の調子が悪かったらしく、
今回は万全とのこと。
彼は本当に、声が聞き取りやすいですね。
歌もうまいですよ〜!かなり声量ありました。
ヤングシンバ独特の、子供らしさが残る、うなり声もいいです!
ルックスは言うまでもなくジャニーズに匹敵。
これから、どの方向に行くかはわかりませんが、
ぜひとも、いろいろなことにチャレンジしてほしいです。

そしてヤングナラには、川野礼絵ちゃん。
彼女を見るのは、2001年8月の『TOKYOアリス』以来です。
まず一言。
めちゃくちゃうまい!超〜ビックリ!
彼女は『TOKYOアリス』で主役をしていましたが、
演技的にはまずまずかな〜という印象が自分の中では強く、
今回の礼絵ちゃんのヤングナラ、どんな感じになっているのか、
とても楽しみにしていました。
それが驚くほどの演技力!恐れいりました。
たしかにヤングナラになってから、1年近くたっているので、
実力があることはわかっていましたが、
これほどまでとは思いませんでした。素晴らしいです。

ところどころ内田莉紗ちゃんを彷彿させるような柔らかな演技力があり、
彼女の恐るべき実力が垣間見えます。
ただ、歌唱力は下手ではないけれど、印象は薄いですね。
正直、弱さを感じました。
しかし、それを補うほどの演技力。
今回の礼絵ちゃんには驚きの連続でした。

スカー役、早川正さん。
低い歌声が凄く印象的。
ほんと、ライオンキングの主役は、スカーですよね(笑)

ラフィキ役の関口三千香さん。
この人の歌声、すごく印象深かったです。

ナラ役の遠藤麻倫さん。
前回は、なぜかわかりませんが、ナラ役は印象に残らずじまいでした。
(内田莉紗ちゃんのヤングナラの印象が強かったせいかな?)
で、今回の奈良ナラですが、すごく印象深いです。
まずなにより、歌がいいです!すごく気持ちのいい歌声でした。
さらには演技力が抜群!シンバ役よりも印象強いです・・・なぜかな?

シェンジ役の高島田薫さん。
歌がとっても良かったです!
ハイエナとしての存在感も抜群!
セリフもとっても聞き取りやすいですね!

総括

とにかく、まだ観ていない人は観るべきです!
一生に一回は観なきゃいけないミュージカルでしょう!
ファミリー向けということもあり、年齢に別け隔てなく楽しめますから。


トップ     観劇一覧    キャスト     女優