◆  『アニーのクリスマス・コンサート』

◆公演時期   2002年12月22日〜23日 4回公演
◆会場 青山劇場
◆演出 伊藤 明子
◆音楽監督 栗田 信生
◆振付監修 名倉 加代子
◆振付 橋本 さとみ
◆歌唱指導・編曲 呉 智美
◆タップ振付 藤井 真梨子
◆舞台監督 山本 圭太

あらすじ

サンタさんがまた、アニーの孤児院近くに落ちてきました。
どうやら大事な物を忘れてしまったようです。
さらには、最近の子供たちがサンタがいることを信じてくれないため、
かなり悩んでいる様子。
そこでアニーやアニーズたちが、グレイスさんの従姉妹のクレースさんとともに、
サンタさんを元気づけようとするのですが・・・

観劇感想

毎年行われる、アニーのクリスマス・コンサートです。

あくまでスペシャル企画なので、正式なミュージカルの舞台とは言えません。
よって、具体的な話の内容は、それほど(?)重要ではないので、多少、省きます。
出演は、クレース役に杉村理加さん、サンタクロース役に高橋一平さん、
2001年アニーズ、2002年アニーズ、
そして、最後の登場シーンで2003年アニーズです。

ハッキリ言って、出来じたいは2001年アニーズの方が上でした。
これは間違いないです。

気になった役者さんは・・・

小高奈月ちゃん。

とにかくも、本当に素晴らしい!!
ハッキリ言って、アニー、アニーズの中でナンバー1の出来でしょう。
表情、演技は言うまでもなく素晴らしいのですが、
やはり注目は彼女のダンス。
素人目にも、他の子のダンスとの違いが明白でした。
凄すぎて笑っちゃうほどです(笑)
華があるし、彼女を見ているだけで楽しいですね。
自分の中で今年のナンバー1は、赤毛のアンを演じた小川亜美さんですが、
ナンバー2は、間違いなく彼女ですね。

演技をすること、ダンスをすることが楽しぞ〜!という雰囲気が、
思いっきり伝わってきます。
なにより彼女の場合、力を抜いたり、力を入れすぎたりすることなく、
常に安定した力を発揮できることが魅力だと思います。
オンリーワン、アルゴ、アニークリスマスコンサートと、
2002年トータルの活躍であれば、彼女がナンバー1です。

橋本安奈ちゃん。

アニーの中では、皆本麻帆ちゃんの方が気になるかな〜?
と自分では思ったのですが、そんなことはなく、
4人のアニーの中では、橋本安奈ちゃんが一番印象に残りました。

まずなによりも表情がいい!
アニーとしての自覚というか、本当に自ら楽しんでいる気がします。
ダンスもうまかった!ちょっとビックリ!(汗)

川綱ゆめちゃん。

う〜ん、特に変わったようなところは見受けられませんでした。
普通に良かったと思います。

皆本麻帆ちゃん。

麻帆ちゃんスマイル、なかなかいいです。
自分がイメージしていたよりも、ちょっぴり元気が無いような気がしました。
(ちょっぴりだけど・・・)

加藤結菜ちゃん。

セリフ口調が、まんまアニーでした(笑)
次々回のアニーを狙っているのかな?

児玉まりなちゃん。

またまた痩せてました!
見るたびに痩せていってくれるので、本当に嬉しいです。
観客の人たちと合唱するところでは、
にこやかな笑顔で歌ってくれました。
でも、その表情自体がなんか笑えるんですよね(爆)

名児耶ゆりちゃん。

ココスマ3での歌唱力がとても印象に残っていますが、
今回もいいです!
特に『楽な暮らし』のナンバーが良かった!
ここでは、たしか奈月ちゃんと彩花ちゃん(だったかな?)のメンバーだったので、
3倍以上にパワーアップしてます!
表情の付け方や、ダンスも良かったです。

松田ひかるちゃん。

ココスマ3も良かったですが、
今回もなかなかいいですね〜!
特に『リトルガールズ』のナンバーが良かった!
なぜかわかりませんが、
ひかるちゃんのディナーショーをイメージしました(笑)
それだけ魅惑的ってこと・・・なのかな?

石丸椎菜ちゃん。

いや、このモリーはすごいですね。
久々に観て、その凄さに圧倒されました。
表情の付け方は、天才的!(のよう気がする・・・)
これは冨田麻帆ちゃんクラスになる可能性もあります。
ショートフィルムで、彼女の演技を最近見たのですが、
その時は暗い女の子の役だったので、まったく印象に残りませんでした。
今回は・・・本当に素晴らしかったです!

岡田レインちゃん。

正直、あまり強く言いたくはないのですが、
今回の彼女の演技、ダンス、そして集中力の無さはガッカリでした。
自分は、23日の3時、6時と観劇したのですが、特に3時公演。
彼女のアニーを見ていても、やる気を感じられません。
ダンスも、他の3人とくらべて明らかに手を抜きすぎ。

どうやらこれは彼女の性格、気質が理由らしいです。
気分にムラがあるということ。
実力があることは言うまでもありません。
おそらく、本人も自覚せずにムラが出ているのでしょう。
6時の舞台は、まずまず見られるような感じではありましたが・・・・・
体調は特に問題無いようですし、やはりここは安定感を求めますね。
小高奈月ちゃんを例にあげては本当に申し訳ないのですが、
彼女の取り組む姿勢を勉強してほしいです。次回に期待します。

中西絵里香ちゃん。

けっこう好きなタイプなのですが、
あまり成長していないような・・・(汗)
まだ、落ち着きがないかな?

清宮愛結花ちゃん。

マフラーが顔に巻きつくハプニングもありましたが(笑)
全体的にはとても良かったです。
特に良かったのは、笑顔。
今までは笑顔の作り方がイマイチでした。
しかし、今日の舞台を観て本当に驚きました。
自然な笑顔の作り方ができています。
誰かに教わったものではなく、舞台で自然と身につけたらしいです。
『いろいろな舞台をこなすことによって役者は成長する・・・』
とは良く言いますが、長いアニーの公演によって、
愛結花ちゃんはいろいろと成長したようです。
ダンスの中では、最後のクリスマスのところのトナカイダンス(?)が、
とっても可愛らしかったです。

これだけ愛結花ちゃんが成長すると、
愛絵理ちゃんがどこまで成長しているのか非常に気になります。
自分に近づく妹の足音、聞こえているかな?

他にも、藤井ゆりあちゃん、大崎望絵ちゃん、稲川実花ちゃん、
今井仁美ちゃん、稲川英里ちゃん、清水彩花ちゃん、
保泉沙耶ちゃん、笘篠ひとみちゃん、小此木麻里ちゃんが良かったです。



トップ     観劇一覧    キャスト     女優