◆  『アニー』(千秋楽)

◆公演時期   2002年4月27日〜5月19日
◆会場 青山劇場
◆演出 ジョエル・ビショッフ
◆演出補 伊藤 明子
◆翻訳・訳詞 瀬戸 千也子
◆振付監修 名倉 加代子
◆振付 橋本 さとみ
◆音楽監督 栗田 信生
◆編曲・歌唱指導 呉 富美
◆訳詞 片桐 和子
◆タップ振付 藤井 真梨子
◆美術デザイン ピーター・ウルフ
◆照明デザイン 沢田 祐二
◆音響 本村 実/益川 幸子/加納 未来
◆舞台監督 古賀 裕治
ミュージカル『アニー』の原作者
◆脚本 トーマス・ミーハン
◆作曲 チャールズ・ストラウス
◆作詞 マーティン・チャーニン

あらすじ

1933年、ニューヨーク。
孤児院で暮らす、赤毛の少女アニー。
孤児院には父親や母親を亡くした子供たちが、たくさんいます。
ただ、アニーの両親だけは、まだわかりません。
『すぐに引き取りにまいります』という、
自分が赤ん坊の頃に書かれた両親の手紙・・・・・
その言葉を信じて、アニーは11年間支えにしてきました。
しかし、いつまでたっても両親は迎えに来てくれません。

ついに、アニーは孤児院を出る決心をします・・・・・


観劇感想

千秋楽の感想です。

アニーの岡田レインちゃん。

初日と比べたら歌唱力は雲泥の差です。
かなり良かったです。
ただ、ゴールデンウイークも観たのですが、
その時の方が声が出ていました。
ちょっとさすがに喉が疲れていたのかもしれません。

演技的には、頑張ってはいますが、まだ荒削りな感じ。
でも、悪い意味ではないです。
すっごく成長性がありますね。
これから地方公演もあるので、さらに良くなることでしょう。

同じくアニーの川綱ゆめちゃん。

演技的には抜群です。
かなり完成されたアニーでしょう。
余裕をもって演じていました。
表情も千変万化してましたね。

ただ、ちょっと私的には悪女のイメージがあります。
ちょっと嫌味な感じがする。トゲがあるっていうのかな?
何か後ろめたさが残ります。
ほんと、演技は上手いんですけど・・・・・

『ミシシッピー』のスペルを話すシーンがありますが、
レインちゃんとゆめちゃんでは、かなり違います。
レインちゃんは、冷静に『ミシシッピー』と発音するのですが、
ゆめちゃんは、いわくありげな感じで『ミシシッピー』と発音します。
ここは、かなり比較できますね。

ちょっと残念なのは、
モリー役の国分鈴可ちゃんが成長しきれなかったこと。
もうちょっと頑張ってほしかったです。

総括

千秋楽、お約束のダブルアニー、アニーズのダンス。
ここは嬉しいですね。
アニーたちを差し置いて、センターにたつ、
ストリートチャイルドがいるし(笑)
めちゃくちゃ嬉しかったです。

演出家が来年もまた同じだと、おそらく今回と同じ構成だと思います。
一昨年の幻影を引きずっているため、なかなかそれを払拭できませんが、
来年ど〜なるか、また楽しみですね。



トップ     観劇一覧     キャスト     女優