◆  『アニー』

◆公演時期   2002年4月27日〜5月19日
◆会場 青山劇場
◆演出 ジョエル・ビショッフ
◆演出補 伊藤 明子
◆翻訳・訳詞 瀬戸 千也子
◆振付監修 名倉 加代子
◆振付 橋本 さとみ
◆音楽監督 栗田 信生
◆編曲・歌唱指導 呉 富美
◆訳詞 片桐 和子
◆タップ振付 藤井 真梨子
◆美術デザイン ピーター・ウルフ
◆照明デザイン 沢田 祐二
◆音響 本村 実/益川 幸子/加納 未来
◆舞台監督 古賀 裕治
ミュージカル『アニー』の原作者
◆脚本 トーマス・ミーハン
◆作曲 チャールズ・ストラウス
◆作詞 マーティン・チャーニン

あらすじ

1933年、ニューヨーク。
孤児院で暮らす、赤毛の少女アニー。
孤児院には父親や母親を亡くした子供たちが、たくさんいます。
ただ、アニーの両親だけは、まだわかりません。
『すぐに引き取りにまいります』という、
自分が赤ん坊の頃に書かれた両親の手紙・・・・・
その言葉を信じて、アニーは11年間支えにしてきました。
しかし、いつまでたっても両親は迎えに来てくれません。

ついに、アニーは孤児院を出る決心をします・・・・・

観劇感想

5月の上旬に、また観劇をしました。
そこで気付いたことを書きたいと思います。

まず最初に気付いたのは、岡田レインちゃんの歌唱力。
明らかに初日よりもレベルアップしています。
そうとう、ヴォイストレーニングをしたことでしょう。
練習の成果があらわれています。
もちろん、まだまだ成長の途中ですけどね。

そして演技の方も、かなり余裕がでてきました。
最後の方のミス・ハニガンとのかけあいは、地(?)のような性格もでていて、
なかなか新鮮でした。

ただ、演技は頑張ってる時と、う〜んイマイチ・・・・・の時があるんですよね。
そこらへん頑張ってほしいです。
でも、その演技の成長ぶり、吸収性の良さは、なかなか素晴らしいものがあります。

演出も、初日とかなり変わってました。
プレゼント泥棒(?)のところ、以前は、優しいふりして盗むって感じでしたけど、
今回はすぐに盗むって感じになってました。
こっちの方が単純に悪人ってわかりやすいためかな?

気になった役者さんは・・・

モリー役の藤井ゆりあちゃんは、かなりいいです。
表情のつけかたがいいし、ダンスも素晴らしい。
これは正直、いずれアニーになる可能性も秘めてますね。
実力ありますよ。

ケイト役の大崎望絵ちゃんも、すっごくいい!
一番の特徴は大きな口かな?
これはすっごく印象的ですよね。表情の付け方も、これまたうまい。
この子も伸びるでしょうね。

テシー役の中西絵里香ちゃん。
ちょっと舞台途中、目がキョロキョロする場面もありましたが、
全体としては良かったです。
ソロの部分、今回はじっくり聞かせてもらいましたが、すっごく良かったです。

ペパー役の稲川実花ちゃんは、あいかわらず、すばらしい!
表情が本当に『画』になる子です。
ほとんど言うこと無しですね。

でもって、ストリートチャイルド役の清宮愛結花ちゃん。
タップダンス踊ってたんですね。初日は気付かなかった・・・(汗)
今回は、ちゃんと見ました!
おおっ!なかなかやってくれます。
ダンスにかけては、流石に秀でていますよね。

総括

毎日本番をやっているせいか、
アニー、アニーズともにかなり余裕を持って演技をしていました。
千秋楽まで、ぜひ、このまま頑張ってほしいです。



トップ     観劇一覧     キャスト     女優