◆  森は生きている〔十二月物語〕 (劇団仲間) 

◆公演時期   1995年12月24日〜27日(東京公演)
◆会場 東京芸術劇場 (中ホール)
◆演出 増見 利清
◆振付 石田 種生
◆効果 秦 和夫
◆音楽 林 光
◆歌唱指導 宮本 貞子
◆美術 松下 朗
◆照明 原 英一・森脇 清治
◆衣装 渡辺 園子
◆舞台監督 高田 潔
◆制作 溝口 信夫

あらすじ

日は12月最後の日、
新しい年がもうそこまできている、夕方のことでした。
雪の降りしきる森の中を、ひとりのみなしごが、
たきぎを積んだ小さなそりをひいて家に帰ってきました。
みなしごが寒さにふるえがら家に辿り着くと、おばさんが言いました。
『もう一度森へ行って、マツユキソウをつんでおいで、
女王様のおふれが出たんだから・・・』
女王様の言葉は絶対・・・
しかもマツユキソウは春に育つもので、
冬にあるはずがありません。
そうとわかっていながらも、
みなしごは、かごを持って森へでかけました。

もう日は暮れて外は吹雪です。
みなしごは激しい寒さでこごえてしまいそうになります。
とその時、森の奥の方にたき火の火が見えました。
それは、12の月の精たちが、
1年に1度の集まりのために、たいていたのです・・・・・


観劇感想

ちょっと時間があったので、
東京芸術劇場で行われていた舞台を見ました。
それが『劇団仲間』の舞台です。

話の内容とかは覚えていましたが、
キャスト陣はほとんど忘れました・・・・・
ただひとつ言えたのは、娘役が厳しかったですね。

何が厳しいかというと、年齢。
娘なんだから子役使えばいいのに〜
と思うのは素人の考えかもしれませんが、
なによりもその娘役があまりにも老けすぎ・・・・・

全然、娘では無かった(>_<
これはまずいですよね。かなりショックでした。

舞台というのは、観客にとって夢を与えてくれる場所ですから、
正直、洗練されたものを見たいです・・・・・

まぁ、気になったのはその娘さんのところだけで、
内容的にはまずまず面白かったです。
民話というか、昔話なんですけどね。

こういう舞台を、たまに見るのはいいです。
ほんと、たまにですけど・・・・・


トップ     観劇一覧     キャスト     女優