◆  『桃のプリンセス』 (朝倉薫演劇団) 

◆公演時期   1996年4月2日〜7日
◆会場 シアターサンモール
◆作・演出 朝倉 薫
◆振付 前田 倫子
◆装置 桜井 俊郎
◆音楽 神津 裕之
◆美術 浅草 カオル
◆照明 西尾 憲一
◆衣装 善夫 ヨウ子
◆舞台監督 犬飼 克彦

あらすじ

横浜を縄張りのコソ泥マモルは、ふらっと豪邸に忍び込んだ。
そこはギャングのボスの屋敷。
ボスの部屋に転がりこんだマモルの目の飛び込んだものは、
一体の少女の人形であった。
その人形には隠された秘密が・・・


観劇感想

声優界では有名な桜井智さんが主役の舞台です。
なんでこの舞台を観に行ったのかは忘れた(笑)
出かけた時の帰り際かな?

漫画『ガラスの仮面』では『石の微笑』という演劇で、
主人公の北島マヤが人形の役を演じますが、
今回は、まさにそれです。
桜井智さんが好演でした。

気になった役者さんは・・・

桃子、桜子役の桜井智さん。

まばたきをせずに人形の役なんてできないので、まばたきはします。
でもそんなに何回もまばたきをしていなかったので、
おそらくそうとう努力したことでしょう。

演技的には、良かったと思います。私は好きですね。
人形というより、出来損ないのロボットにも近いですけれど・・・

人形ではない、桜子役ではハキハキとしたお姉様の役でした。
たしかに人形の役だけでは、もったいないです。
さわやかな演技というのかな?すごく好演でしたね。

歌手ということもあり、歌声も良かったです。
特に印象に残るナンバーは無かったけど、
『桃のプリンセス』や『ひなまつり』は独特の雰囲気がありました。

総括

話的には意外に重いです。
その分、舞台にすごく集中できますね。
アイドル声優が出てるからとか、そんなのものは抜きにして、
すごく楽しめる舞台でした。



トップ     観劇一覧     キャスト     女優