◆  『ピーターパン』 

◆公演時期   1996年3月28日〜4月14日
◆会場 青山劇場
◆演出・翻訳・訳詞 加藤 直
◆美術 妹尾 河童
◆音楽監督 八幡 茂
◆衣装 小峰 リリー
◆照明 原田 保
◆振付 室町 あかね
◆声楽指導 泉 忠道
◆レーザーデザイン 安田 公房
◆音響 清水 吉郎
◆舞台監督 北村 雅則

あらすじ

イギリスのロンドンにあるダーリング家の子供部屋。
両親がパーティーに出かけ、寝静まった子供部屋に、
一人の男の子と光の妖精が飛び込んできます。
彼の名はピーターパン、そして妖精はティンカーベル。
ピーターパンは先週もこの部屋に忍び込んでいたのですが、
その時に家の愛犬であるナナに自分の影を捕まえられてしまい、
ダーリング夫人によってタンスの中しまわれてしまったのでした。

それを取り戻そうとやってきたのですが、影を見つけたものの、
自分のところに戻ってきてくれません。
悲しんで泣いているピーターパンを、
目を覚ましたこの家の少女ウエンディが、影を縫い付けてくれました。
騒ぎで、マイケルとジョンを目を覚まします。
影が自分の元に戻り、
喜んだピーターパンは子供たち3人に空を飛ぶ方法を教えてあげました。

ティンカーベルの道案内で、
ピーターと3人の子供たちはネヴァーランドへの旅に出かけます。
(パンフレットより一部抜粋)

観劇感想

ようやくにして初めてピーターパン』を観ました。
休憩が二回あることから、やはり全体的に子供向けですね。
大人の自分としては、ちょっと飽きがくる部分もあります。
なんか舞台に集中できず、他のことを考えたりしちゃったんですよね〜
そこがちょっと残念かな。

レーザー光線を使ったティンカーベル、なかなかいいですね。
本当にいるみたい。
お約束の拍手の場面・・・・子供じみているとわかってはいるものの、
拍手しちゃいます(笑)

ワイヤーを使った動きも、生で見ると迫力満点。
かなり遠くまで飛ぶことにビックリしました。

気になった役者さんは・・・

主役、ピーターパン役の沖本富美代さん。

初めて彼女の舞台を観たのですが、いいですね〜
やはり私的に大好きな俊敏な動き。
彼女はそれができているので、すっごく好感もてました。
殺陣とかもいいですね。とてもカッコいいです。

ただ、その分、歌のイメージがあまりありません。
それだけ印象深い歌が無かったってことかな?

フック船長役の川崎麻世さん。

う〜ん、私的にはイマイチですね。
かっこ良く演じようとする気持ちはわかるんですけど、なんか空回りな感じ。
まったくフック船長という役をつかめてなかった気がする。
ダンスシーンや殺陣のシーンはまずまず頑張っていましたけど・・・・・
かなり違和感ありました。

ウエンディ役の小高恵美ちゃん。

アイドルとしては知ってましたけど、女優さんとして見るのは初めてです。
でも、意外とうまく演じていました。
可憐そうでいて、気の強い部分もあるウエンディ。
その役のイメージを壊すことなく、演じていたと思います。
評価高いですよ。

海賊スミー役のウガンダ・トラさん。

役のイメージそのまんまなんですけど(笑)
フック船長より、断然印象深いです。

ダンスやリズム感があることは前々から知っていましたので、
それほど、『すっごくうまい!という感覚は無かったですね。
『このぐらいはやってくれるだろう』と思っていたので、
ある意味、安心して観ていられました。

タイガーリリー役の八重沢真美さん。

この人の印象も強いですね。
力強いダンスシーンは、迫力ありました。ここは本当に見せ場でしたね。
つんと、いきりたった表情もすてきですし、歌唱力も抜群。
ピーターパン以外では、彼女がこの舞台を引っ張ったともいえます。
見応え満載でした。

総括

とりあえず、観るのは一回でいいかなって思いました。
何回も観るべきシーンがあればいいんですけど、
この舞台には残念ながら見当たりません。
もうお腹いっぱいてっ感じです。

ただ、この作品ではダブルキャストの方もいるので、
そちらを観る事が出来なかったのは残念ですが・・・・・
笹本玲奈ちゃんも今年ぐらいで卒業かな?
一回は彼女のピーターパンみたいと思うんですけど、なかなか予定が・・・



トップ     観劇一覧     キャスト     女優